☆この小説はイネの十四郎さんより投稿して頂いたものです。著作権はイネの十四郎さんが持っておられます。

イネの十四郎作 先輩とのお話
niji-rezu0423img-01


長い夜(1)

今日は亜紀先輩にお呼ばれしました。ランチ一緒にして、夜は飲みに行こうって♪

しばらく会っていなかったんですよ。
お酒はいると人が変わる先輩ですからチョット心配なんですけど、今日はバイトの人も来るそうですから、大丈夫かな。

それで、今は先輩とランチ済ませて一休みしているところです。
先輩はお買い物に、私は疲れたのでお茶しています。

今日は、例によって白ハイソとホットパンツです。上はTシャツ。少しきつめだけど、まっいいかっと。
髪はポニーテールにまとめてみました。先輩と一緒にいると、お姉さんと幼い妹って感じになります。
歩いていても、男性の視線を感じちゃいます。

この後カラオケいったりするのかな。飲みに行くのは夕方からですから。

*---

今、先輩からメール来ました。まだ時間あるから、マッサージに行こうって。
なんか、おばちゃんみたいですね(笑)
前にも一度行ったことがあるんです。お風呂もあって、なかなかいいところなんですよ。

*---

現在、マッサージに来ています。
ゆっくりリラクゼーションしてます。

この後は先輩のお家に行くことになりました(汗
ちょっとドキドキです。

先輩からは、今日も幼い格好ねって言われるし。。泣
いつもの格好でおいでって言われたのに。。

*---

で、先輩のお家でのお話です。ランチしたところからは、電車で二駅なんです。
お家に行く途中でも、先輩に言われてしまいました。

「ひとみって本当にロリ顔だよね。格好も体型も。
 どうせなら、その微妙に膨らんでいるように見える胸もとっちゃって、子供になっちゃったら?
 あそこの毛もないんだし、そうしたら?」
ですって。。
そんなの嫌ですと答えて、苦笑いしながらお家に行きました。

だらだら時間を過ごして、そろそろ飲み会に行く時間になってきた頃、先輩が言い出したんです。

「そうだ、ひとみ、今日はブラ禁止だからね。ここに置いて行ってね」

ワタシはビックリして、言い返してしまいました。

「でも、まいさんや英恵(はなえ)さんもくるし。。」
英恵さんと言うのは、やっぱりバイトのお友達です。ワタシと同い年なんですけど、もう主婦なんです。

でも全く聞く耳なしなんです。
「何恥ずかしがっているの?
 どうせ胸なんかないんだから、ブラなんかなくたって、誰も気が付かないわよ!」
ですって。ヒッド~イ(泣

渋々、ブラを外して先輩に渡しました。

そしたら先輩は、
「こんな小さいサイズどこで買うの?
 これA以下でしょ?
 AAかな。やっぱりこんなんじゃ、ブラいらないわよ」
って追い打ち言葉イジメ。。(涙)

「あと、ちょっと目を瞑って。。」と言う先輩にしたがって目を瞑ったら、腰の辺りをもぞもぞ何かしている感じが。。

「目開けてもいいわよ」って言われて目を開けると、チェーンベルトが私のホットパンツのベルト穴に通っていました。

「ひとみ、前言っていたよね。飲み会でおしっこ我慢をこれでやっていたって。今日もちょっとだけ挑戦してみてね。」
そう言いながら、ベルトに小さい南京錠をかけられてしまいました。

「大丈夫。安心して。鍵はちゃんと持っていくから。何ならひとみに預けてもいいわよ。その代わり、ぎりぎりまで我慢するのよ」

小さな鍵を渡されて、二人で待ち合わせ場所に向かいました。
南京錠はベルトの裏側で止めているので、外からはまったくわかりません。。

でも、みんなの前で我慢する事が、とってもワタシの緊張感を高めていました。

*---

みんなと合流して飲み屋に向かっているときも、ドキドキしていました。

一つ上のまいさんは、バイトの時とは違ってとっても綺麗で、大人っぽい格好でした。
ワタシだけが中学生みたいな格好。。
さすがにその時ばかりは、浮いている感が満点でした(泣)

そのまいさんに、真っ先にノーブラを指摘され、言い訳が思いつきませんでした。

「急いで出てきたから忘れちゃって。。まずいなぁ、目立ちます?」と苦しい言い訳。

そうしたら「後ろから見ると分かるよ。ブラのラインないから」ですって。

あれ?
それって前からは、小さいから分からないってことじゃん!
若干ブルーに。

*---

飲み会を始めましたが、ワタシはなるべく水分をとらないようにと、飲むのを控えていたんです。
アルコールが入るとおトイレ近くなりますからね。。

そうしたら、事もあろうか亜紀先輩、みんなの前で言い出したんです。

「ねぇ、今日のひとみ、飲みが少ないと思わない?
 なんか控えているみたいで、いまいち~
 さあ、じゃんじゃん飲ませちゃおう!
 きっと色んな意味で楽しめると思うよ!」

なんか、とっても思わせぶりな言い方なんですよ。
そしたら、みんなは「なになに? じゃ、まぁ飲んで、飲んで。。」とワタシに色んなカクテルを頼んでよこします。。

ワタシは「こんなに飲めないよ~」と拒否しようとしました。
すると、亜紀先輩が「飲まないと、これから起こる楽しい事象をみんなに説明しちゃうよ!」と。

知りたがっているみんなの質問をかわしつつ、並べられたお酒を一杯づつ飲んでいきました。
二人は先輩にしきりに秘密を尋ねていますが、先輩は素知らぬふり。

「まぁ時間が経てばわかるわよ。ヒントを言うと、ひとみにちょっとした悪戯をしたの。。」
「ふーん、それじゃ時間が経つのを待ちましょ。」と二人。

それから一時間後。。
ワタシは脚をぴたっと閉じて太股をもじもじさせながら、高まる尿意と必死に戦っていました。

ワタシは我慢を悟られないように平静を装って話をしていると、前の席に座っている先輩、テーブルの下で足を伸ばしてワタシの下腹部をぎゅーっと押したんです!!
ワタシは思わずあそこに手を当てて、決壊を防ぎました。

しかし、それを見た英恵さんが察したようなんです。

「ひとみ、おトイレ行きたいの?
 あ、まさか先輩がやった悪戯って、このこと?」

先輩はニヤニヤしながらうなずきました。
そしてみんなに、ワタシがぼーっとしている間にチェーンベルトしたって説明し、南京錠も披露されてしまいました。

ワタシはみんなにこんな事をされている状態を知られただけでも、恥ずかしくて大変でした。
まぁ、そこは先輩が「悪戯でさ」とぼかしてくれた優しさはありますが。。(そんなの優しさじゃない!)

「ひとみ、そろそろ限界? それじゃ、そろそろおトイレ行ってもいいわよ。」と先輩。

みんなは酔いもあるせいか「えー、まだ我慢できるはずだよ。後一杯飲んだらね」と言って、ワタシにカルピスサワーの大ジョッキを頼みました。

その間も、ワタシは膝をぴったり閉じてもじもじ我慢していました。
そうしたら「何だか、そういう姿って可愛いよね」とまいさんまで。。

大ジョッキのお酒を必死に飲みほすワタシ。でも、もうお腹はたぽたぽ。。
これ以上は飲めません。

「お願い! もう漏れちゃう! おトイレ行ってもいい?」

ワタシが必死になって先輩に聞くと、ダメと言う二人をよそに、意外にもにも「いいわよ」の返事。

ワタシは急いで、おトイレに向かおうと立ち上がりました。

その時、先輩が「ちゃんと鍵待ってきた?」と質問するので、「うん!」と答えてトイレに駆け込みました。
その時の先輩の顔は何かを企んでいるような表情でしたが、ワタシには気に掛けている余裕などありません。

女性用トイレは、例によって満室。さらに5分くらい、必死の我慢が続いたのです。
そしてやっと空いた個室に入り、財布に入れておいた小さい鍵を出して、南京錠の鍵穴に差し込み、鍵をひねろうとしました。

やっとこの苦しみから逃れられる!!
その時はとっても幸せな気分になりました。
一刻も早くこの感覚から解放されたい。

・・・
・・・

しかし、鍵は回ってくれません。
え!
何で!?
早くしないと。。

ワタシはトイレを出ると、内股でやっとのこと先輩の横にたどり着きました。

「先輩、鍵があかないの!」

ワタシがそういうと、そこにいた二人は事情を説明されたのか、フフって笑っていました。

先輩は、「そりゃそうでしょ。だって、それはその鍵じゃないもの」
それを聞いた瞬間は、一気に地獄に落とされたような絶望感でした。

先輩は続けて、「もうすぐ悪戯の成果が見られるわよ。お店の人に迷惑かけるといけないから出るわよ」って。

会計は既に済ませていたようでした。
ワタシは先輩達に連れられて外に。
まいさんと英恵さんの二人は「ワタシ、おもらし間近で見るの、はじめて~」って興味津々。

先輩はワタシの手を引いて無理矢理ワタシを歩かせます。。
片手を取られていたので、残る片手であそこを押さえながら、ヨタヨタと歩くことになりました。

ワタシの我慢は、もう限界ギリギリでした。
前屈みの内股で歩く感じ。
その時は恥ずかしいとかいう感情は、もはやありません。
ただただ我慢することだけで必死でした。

近くにあった公園に、ワタシは連れ込まれました。外灯もまばらで、暗くて、まったく人気がありません。
そこで三人に取り囲まれるように立たされたワタシ。ワタシは両手であそこを押さえたまま、もう声も出せずに、ブルブルと震えていたのです。

先輩は「あんまり我慢すると、体によくないわよ」と言いながら、あそこを押さえている手をどけようとします。
ワタシが必死に抵抗すると「しょうがない子ね」って言って、まいさんと英恵さんにウィンクしたみたいでした。
二人は両側からワタシの手を取って、お腹から無理やりどけてしまいます。
そして亜紀先輩は、無防備になったワタシのパンパンに張っている下腹部を、ぐいぐいと押し出しました!

すでに限界ぎりぎりまで耐えていたワタシは、外部の圧力にはかないません。
一気にダムは決壊して、おしっこが流れだしました!

みんなは「キャーっ!」て言いながら、ワタシの恥ずかしい姿を見ています。。
ワタシはもう立っていることができず、地面に座りこんだ状態で、豪快にオモラシをしてしまいました。

全部出したところで、恥ずかしさのあまり泣きだしてしまいました。

*---

先輩はそっと鍵を私に渡してくれました。

「私が鍵持っていないなんて言っていないわよ。さぁ、そんなんじゃ電車乗れないでしょ。」

そう言って、カバンから超短いスカートを出して、ワタシに渡してくれました。
「あそこで着替えておいで」と公園のトイレを指差すのです。

びしょびしょのホットパンツを履いているわけもいかないので、とりあえず着替えるために、個室に入りました。
薄暗くてとっても不気味でしたが、いそいでパンツを脱いで、その短いスカートにはきかえました。

体を拭いたハンカチとパンツ、ホットパンツはごみ箱に捨てました。
座ってオモラシをしたおかげで、ハイソックスと靴は無傷でした!

先輩が渡してくれたのはグレーのマイクロミニ。股下5センチもないくらいの本当に短いものでした。
しかもパンツはくれないのです。こんな短いスカートなのに、ノーパンのままなんです!

戻ると、みんなは「よく頑張ったわね」とか、「まぁまぁ」とか慰めてくれましたが、みんなの前でオモラシをしたことが非常に恥ずかしかったです。

*---

そこから、気分を取り直して、二次会でのみなおすか、先輩の家で飲むかと話しましたが、夜も遅かったので、とりあえず解散。

結局ワタシは先輩の家に行くことになりました。
まいさんと英恵さんは遅れてくるとの事で、一度家に戻られました。

この後も、まだまだ先輩の苛めは続いたのですが……そのお話は、またいつかさせていただきますね。


続く→先輩とのお話 長い夜(2)

戻る→先輩とのお話 晒しもの

先輩とのお話目次

投稿小説一覧