第43夜 変身
変身
 不登校で5年も引きこもっているシンイチは、ある朝念願の触手に変身してしまう。女性のエクスタシーをエネルギーに変えて存続するシンイチは、自分に冷たい父親に復讐しようと母親の熟れ切った肉体に絡み付き、父親の目の前で母を犯して極めさせる。だが、続いてただ一人自分に好意的な妹のさくらの部屋でかくまわれたシンイチは、いつの間にか女らしく成長したさくらを犯したいと言う触手の本能と、かわいい妹を汚してはならないと言う人間らしい良心との葛藤に苦しむ事に。だが、あまりに無防備なさくらにシンイチは遂に襲い掛かってしまうのだった。これは自信作。 (約2万4千字)


6.妹の処女血で人間に復帰

 糸こんにゃく触手が小さな感覚の塊にキュウッと巻き付いてブルブル振動し、他の触手がやはり慄えながら括り出された露頭に這うと、さくらはあっと言う間に弾けていた。「イク」と言うのは女の子が本能的に知っている言葉なのだろうか。バージンにはさすがに刺激が強過ぎたかと反省した俺はバイブはやめたが、剥かれてしまった淫豆を直に触手巻きにされたさくらはもう夢見心地だろう。キュッと絞り出されてかわいそうに真っ赤に充血しツンと勃った部分をちょっと弄ろうものなら、すぐに又天国に昇ってしまうのではないか。だが、俺にはまださくらと結合を果たす前に是が非でも触れておきたい部分があった。

ーーお兄ちゃんっ! ソコ、違う……
ーーあれえ、えっちしてくれるんじゃなかったの?

 俺は妹のお尻の狭間に触手を這わせてすっとぼけたことを言う。

ーーソコは汚い、ウンチをする穴だよ
ーーそうなの? でも、さくらはオシリの穴までかわいいね
ーーダメだったらあ!

 俺がしつこく糸こんにゃく触手で固くとざそうとする尻穴をツンツンとノックすると、さくらは引きつった悲鳴を上げた。だが、嫌がるカワイコちゃんを無理矢理感じさせて体を開かせることこそ、俺の触手が生き甲斐とする本領発揮の場面なのだ。ツンツンと突っついていた触手が1本ヌルッと呆気ないほど簡単にアナルの入り口を突破してしまうと、さくらは悲鳴を上げる。ガードを固めて太い物なら拒めても、ヌルヌルの粘液に塗れ細くとも強靭な芯の通った嫌らしい触手の浸入は防げないのである。そして1本受け入れてしまった妹のおちょぼ口のような尻穴には、次々と他の触手も束になって姿を消していった。 

ーーイヤッ! イヤあっっ!!
ーー嫌がってばかりいないで、素直に味わってごらん。 ふふ、もう良くなって来たみたいじゃないか、えっちなヘンタイのさくら
ーーヘンタイじゃないもん! ……あ、あ、あふうんっ!
 
 媚薬に冒され、乳首とクリトリスを触手巻きにされて天にも昇る心地良さに浸っているさくらが、隠れされた強烈な性感帯であるアナルを滑らかに触手に出入りされては耐えられるわけがない。一旦強烈な刺激を中断された触手巻きの幼い体がわなわなと激しく慄え出して、処女であるにも関わらず男を求めるかのごとく女唇からダラダラと淫汁が滴り内桃を伝い落ち始めていた。

ーーおしっこ洩らしちゃったのかい、さくら。そんなイケない子には、えっちなお仕置きが必要だな
ーーあん、お兄ちゃんのイジワル……ううんっ、オシリは、オシリは許して、もうやめてえっっ!!

 俺にとっても意外なほど、さくらはアナルが良く感じてしまうようだった。ああ、もう我慢出来ない。俺はいよいよビクビクと慄えおののく俺の粗チンに変身した触手の本体を、盛大にえっち汁を拭きこぼして男を迎え入れる準備の整った妹の女の部分に当てがっていった。

ーーさくら、入れるぞ
ーー……うん
ーーさくらあっっ!!
ーー痛いいっっ!!

 とうとう俺はかわいい妹のイチゴパンツの中で、ジクジクと甘い蜜を吐き続けている小さなワレメに突撃し、ブチッと何が切れる音を聞くと、さくらの苦痛を訴える悲鳴と同時に大量の処女の鮮血を触手全体に浴びた。すると、何と奇跡が起こったのだ。俺の触手としての意識がもわーんと薄れていき、体が不思議な感覚と共にメタモルフォーゼを起こして、世界が一変した。

「きゃあっ! お兄ちゃんのえっち! ヘンターイ! 出てって、レディーのお着替え中だよお!」

 気が付くと俺はさくらのピンク色の部屋の中で、なぜか全裸に靴下をはいただけと言うマヌケな格好で、セーラー服を着た妹に抱きついていた。これではまるきり変質者である。バシイッとさくらの精一杯の平手打ちが頬で炸裂し、俺はほうほうの体で部屋からおっぽり出された。

「あーん、パンツがビチョビチョで気持ち悪いよお! でも遅刻しちゃう!」
 
 おいおいパンツくらいはき替えていけよ、とおバカなことを考えて呆然としている俺の目の前を、ドタバタと支度をすませたらしいさくらが、走り去って行く。何が起こったのかすぐには頭の整理がつかず、妹の部屋の前で立ちすくんでいる俺を発見したのは又しても、偶然通り掛かったばあちゃんだった。

「シンイチ! 何をしようるんじゃ、お前……」
「ば、ばあちゃん、これには深いわけが……」
「イソギンチャクになったり、ヘンタイになったり……早う自分の部屋に戻って服を着てこんか、この大バカモンが!」

 それから1か月後。

「お兄ちゃん、待ってー」

 俺は高校までの通学路をわざと早足で歩き、息せき切って必死に小走りで追いかけて来るセーラー服のさくらが追い着くと、ふうーと大きなため息を付き、よしよしと頭を撫でてやった。

「お前相変わらず足が遅いな。こんなことでハアハア息を切らせて、運動不足なんじゃねえの」
「お兄ちゃんが早過ぎるんだよ!」
「ちょっと太ったんじゃないか、さくら」
「そんなことないよ! お兄ちゃんのバカ」

 プーッと膨れてみせるさくらは相変わらず小学生みたいでとてもかわいい。だが小柄でやせぎすで男の子みたいに見えても、スカートの下には女の子らしい柔らかい成熟が見られることを俺は知っている。心なしか胸もお尻もますます丸みを帯びて来たようで、だから俺も太ったんじゃないかとからかったのだ。

 あのおぞましい触手に変身し、さくらの処女血で又ヒトに戻った日以来、俺は悪い憑き物でも落ちたように気持ちが前向きになり、さくらの通う高校に編入学して妹と一緒に楽しく通学している。以前通っていたバリバリの進学校とは全然違う、どちらかと言えば偏差値の低い普通の高校だが、長い病気に伏せていて回復してからここに来たと言って通っている俺も充実した毎日を送っている。もちろん違うクラスだが同じ1年生のさくらは、困ったことに俺にベッタリ付いて回って来る。この学校でも劣等生のさくらが落第しないように勉強を教えてやるのは、自分の勉学よりはるかに大変だ。

 5年間と言う長期の引きこもりを脱した俺は、家族の中での地位もしっかり回復した。とりわけ冷たく突き放されていた父さんともすっかり和解し、本当に仕事で家にいる時間が少ない父さんに、お前が母さんやさくらやばあちゃんを守ってやれ、と言われて男としての自覚も付いて来た。もっとも父さんも、俺が母さんの性的欲求不満を時々満たしてやっているとは夢想だにしていないだろうが。

 さくらとはあれ以来、もちろん仲の良い兄妹以上の関係を持つなんてことは一切ない。本当にアイツのバージンを破ってやったのかどうかもハッキリしないのだ。さくらは笑ってごまかし教えてくれないし、天使のように清らかなさくらの心を知った今、コイツに手を出して汚すなんてことは俺には絶対出来ない。

 今張り切って幸せな生活を送っている俺の数少ない悩みのタネと言えば、ばあちゃんがあれ以来めっきりボケてしまって、それが俺のせいではないかと思われることだ。でもすっかりボケてしまっても、出来る限りの世話はしてやりたいと思っている。イソギンチャクに変身したり、全裸で徘徊したりはしないだろうから。

 それから、俺に嬉しそうに付いて回るさくらに、ちゃんとボーイフレンドが出来るかどうかも大きな心配ごとだ。いや、本当に心配なのはそうではない。さくらのボーイフレンドを知らされた時、俺が血迷ってその男をぶちのめしたりしないかどうか。俺にはまだ自信がない。

~おしまい~


戻る→変身 5.緊縛セックスで初めて絶頂する妹
変身目次

プチSM千夜一夜ものがたり 第3期 目次