第48夜 アタシのかわいい○ンコちゃん
アタシのかわいい○ンコちゃん


 唯一のTSもの。ある朝目覚めると、女子高生ヒナのカラダは、ケダモノのような彼氏のものと入れ替わっており、何とアタシのかわいいマンコちゃんは、彼氏のものに。大喜びでカラダを弄くり回す彼氏と、元気が良過ぎる股間をしょっちゅうせんずってやらねばならないアタシは、元通りになろうと激しく交わるのだが……(約1万9千字)


8.オトコの体になって闘志を燃やす女子高生

「へっへっへ。ビンビンにしやがって、はしたない子だな」
「うんっ!」

 ケースケの指がこの1週間勃起が治まることのほとんどなかったチクビをピンと弾くと、アタシは悩ましい声を洩らしていた。

「くせになっただろ? このブルブル……」
「ケースケ! だ、ダメ……うふうんっ!」

 ケースケが例の青いダブルローターを両手に持って、振動を耳の後ろにチョンと当てて来ると、アタシはいきなりズキンと感じてしまい顔を反対側に背けたが、そこにはもう1本のブルブルが待っていて逃げ場がないのだった。そして顔の左右の側面を素晴らしい振動が滑るように移動すると、アタシはウッと目を閉じ意識が桃色にかすんでしまうのを感じていた。

「くせになった」とケースケが言ったのには理由がある。アタシはサルみたいなケースケの○ンコの浅ましさと同時に、四六時中ジーンと甘い感触でピンと勃ち戻らないチクビにも悩まされていたのだが、リモコンローターと言うえっちな道具をケースケに渡され、時々それを勃起チクビに張って慰めていたのだ。

「ほう~ら、えっちなヒナはこんなトコも感じるのか? ホラホラ、ココはどうだ? 気持ちいいんだろう……」

 ケースケはアタシがもう全開でアンアンとえっちなよがり声を出して身悶えているのに、カンジンなバストには触れずうなじから肩口、そして脇の下だの脇腹なんぞにブルブルを当てて、アタシがハッと感じてしまうとソコをしつこく責めると言うえっちテクを発揮して来た。あの盛りの付いたイヌのように、せっかちですぐに挿入したがるケースケからは信じられないような進歩である。やっぱり「アタシのかわいい○ンコちゃん」を身に着けたおかげで、女の子の気持ちがわかるようになったのだろう。

「あん、ケースケ、いくううっっ!!」

 ようやくケースケがローターを両チクビに押し当てて来ると、アタシはいきなりイッテしまった。あまりにも羞ずかしいビンカンぶりだけど、こんなに入念に愛してくれたらケースケのアイブに慣らされたアタシのオッパイはひとたまりもない。次にローターなどと言う小道具は使わず、オテテでもみもみと膨らみを揉み、チクビをくりくりと弄り回し、チューッと唇で吸われると、アタシは乱れまくって二度も三度も絶頂を味わっていた。

ーーえっちって、こんなに気持ちいいんだ。アタシ、もうダメ、どうなったっていい……

 それから覆い被さって来たケースケは合体して来るかと思いきや、体を百八十度回転しアタシの股間に生えた自分の○ンコを口にくわえて来た。反対にアタシの目の前には、かわいそうに真っ赤に発情してダラダラとオツユを滴らせている「アタシのかわいい○ンコちゃん」が……アタシはもうたまらず、ケースケの口の中に二度三度と大量のザーメンを放出したが、その度にケースケも体をガクガクと慄わせたので気をやっていたんだろう。

 ケースケの○ンコは三連発と言う酷使にもまるで疲れを見せず、避妊具を被せてからアタシの○ンコと結合すると、とうとう夢のように素晴らしい快楽が弾けて、さらに何度も達してしまった挙げ句、アタシは気を失ってしまったのだった。

「ヒョエ~ッッ!!」

 次の日の朝、体が元通りになってることを期待して目覚めたアタシは、予想外の事態にマヌケな悲鳴を上げてしまった。今度は股間のモッコリはそのままでムネもペッタンコの筋肉モリモリと言う、完全なオトコの体に変わってしまってたのだ! が、アタシはもう動じなかった。

ーーくっそー、ケースケめ、いい加減なこと言いやがって! ふっ、まあいいわ。今度はアンタをヒイヒイ泣かせて、思いっきりドバドバとえっち汁を吹かせてやるんだかんね!

 アタシは変身前のチクビに貼ってたローターを引っぺがすと、昨日ケースケに教えられて目覚めた男女兼用の性感帯であるアナルに突っ込んだ。そして、ますます狂ったようにビンビンになった朝勃ちの○ンコにやけくそみたいに高速の手コキを味わわせながら、今度の週末のリターンマッチに向けて激しい闘志を燃やしていたのである。

~おしまい~


戻る→アタシのかわいい○ンコちゃん 7.女体に慣れた彼氏のえっちテク

アタシのかわいい○ンコちゃん目次

プチSM千夜一夜ものがたり 第3期 目次