☆この小説は「未知の星」の赤星直也さんより投稿して頂いたものです。著作権は赤星直也さんが持っておられます。

赤星直也作 地獄の囚人
地獄の囚人




登場人物

    片山桐子:弁護士          小川夏代:千香の妹
    新藤妙子:桐子の偽名        緒方涼子:刑務所所長
    白石沙織:服役囚、刑務所のボス   松坂美香:刑務官
    矢沢洋子: 〃 、檻の名主     岸田知代:刑務官
    高倉美貴: 〃           松井和子: 〃
    石田真理: 〃            斉藤顕子: 〃 
                      斉藤健太:斉藤顕子の弟
    小室浩二:法律事務所、所長     小倉美智:組織の指導者
                      立花幸平:劇場支配人

    



第1話 入所

 東京のとある法律事務所に、女性が訪ねてきた。
「すみません、片山さんにお会いしたいのですが…」事務所に入るなり叫んだ。
すると「私が片山です。すみませんが、どちら様ですか?」

 「急に押し掛け申し訳ありません。私は片山さんが弁護した小川千香の妹で、夏代と
申します」
「ああ、千香さんの妹さんですか。ここでは何ですから奥でお話を」桐子は夏代を応接
室に案内した。

 「夏代さん、お姉さんは元気ですか?」
「それが、刑務所で亡くなりまして…」
「刑務所で亡くなったとは、どういうことなの?」
「これを見て下さい」夏代は新聞の切り抜きを見せたが、それには「栃木の刑務所で服
役囚がまた自殺」と言う見出しが書かれている。

 「そんなバカな。千香さんは1年の服役で出所できるはずよ。それがどうして死なな
くちゃいけないのよ!」
「そうなんです。私も変に思って聞いたんですが、何も答えてくれませんでした…」

 「そうなんだ。それで私を訪ねたのね?」
「はい。姉さんの体にはアザや傷跡が全身に出来ていましたが、いくら尋ねても答えて
くれませんでした…」千香は桐子に全てを打ち明けた。
「そうなんだ。刑務所ではそんな事を言っていたんだ…」呟くように桐子が答えた。

 それから半年後、栃木の女刑務所に1人の女性が移送された。
「ほら、行くのよ!」護送車から引きずるように女性を降ろした。
「痛い、やめて。乱暴にしないで!」そう叫んでいるのは桐子だ。

 「ふざけないで。囚人にはそんな事言う資格がないのよ!」桐子の手が効かないのを
いい事に胸を掴んだ。
「いい乳しているわね。後でタップリ可愛がってあげるわよ」

 「ふざけないで。あんた達は刑務官でしょう?」足で蹴った。
「元気がいいわね、それも今の内よ。あとでわかるから」そう言うと、拳で桐子の腹部
を突いた。

 「うっ!」不意を突かれ、うずくまってしまう。
「知代、それくらいにして。後の楽しみもあるし、程々にしないと」
「わかっているわよ。美香、今回はこれくらいにしておく」知代は桐子の髪の毛を掴み
引いて歩き出し「イヤ、痛いからイヤ~!」悲鳴を上げ、引きずられるように建物の中
に連れ込まれた。

 建物は鉄格子で部屋が区切られている。
「お願い、髪は掴まないで!」桐子が頼み込んだ。
「あんた、口の利き方知らないのね。人に頼むのに、そんな言い方はないでしょう?」
知代は足で尻を蹴った。

 「ヒ~。虐待よ、これは虐待よ…。人権無視で訴えてやる!」泣きながら叫いている。
「ふざけないで。囚人の分際で何が人権よ。ここに来たからにはタップリ教育してやる
わ」美香は髪の毛を振り乱した。

 「やめて下さい。お願いします…」痛みを我慢できなくて、叫ぶ。
「最初からそう言えば、乱暴な真似はしないの。これからは素直になる事ね」蹴った尻
を、和代がが撫でだした。
「知代、それより所長のところよ。一緒に来て!」
「わかっている。行くわよ」うんざりした顔で返事し、3人は所長室へと向かった。

 途中、桐子は入所者と顔を合わせた。
(元気のない顔だわ。それに、暗く沈んでいるし…)気に掛かったが、今はそんな事に
関わる余裕はなく、鉄格子を両脇に見ながら歩いて行く。
そして、鉄格子が無くなると風景が一変し、事務所の感じで、ドアには名札が付けられ
ていた。

 数個のドアを通りすぎると、所長室と名札が付いたドアがある。
美香はドアをノックし「失礼します」と言ってドアを開けた。
桐子も、知代から押されに入ると、まだ40歳前後と思われる女性がいた。

 「所長、新しい服役囚を連れてきました」と2人が敬礼する。
「ご苦労さん。私は所長の緒方涼子よ。ところであなたの名前は何というの?」
「新藤妙子と言います。それより所長、この2人に私は暴力を振るわれました!」涼子
を見るなり言いだす。

 それには、美香と知代は顔を見合わせ、苦笑いをしている。
「暴力とは穏やかじゃないわね。美香さんに知代さん、やったの?」
「所長、暴力だなんてしていません。服役囚が勝手に言っているだけです」

 「嘘よ。私を蹴ったり、髪の毛を掴んで引きずったじゃないのよ!」桐子は訴えるが
「困ったもんだわ、入所からこんな嘘を並べるなんて。確か、服役は半年だけど長くな
るわね」ギラリと目を輝かせて桐子を見た。

 (脅している。この私に嘘だったと言えと…)だが、桐子は怯まずに「本当です、こ
の人にお尻も蹴られました」と知代を指さす。
涼子は暫く間をおいて「美香さん、連れって。知代さんには聞きたい事があるから残っ
て」
「わかりました。所長!」美香は苦虫を潰したような顔で、桐子と所長室から出た。

 廊下に出るなり「やってくれたわね。今すぐ思い知って貰うからね!」睨みながら桐
子の顎を掴んだ。
「当然の事を言った迄よ。私は嘘は言わない主義だからね!」

 「そこまで言うなら仕方ないわね。こっちへ来るのよ!」美香は鉄格子で区切られた
雑居房を通り過ぎてドアを開けた。
「入るのよ!」背中を押して桐子を入れる。

 「何よ、この部屋は。まさか、私をリンチに…」怯えて後ずさりしる。
「リンチだなんてとんでもない。ここでは虐待は禁止されているの」そう言いながら不
自由な美香の両手首をロープで縛り上げる。

 「イヤ。やめて、お願いです!」怯えて首を振るが、縛り終えるとロープを引いた。
ロープは桐子の体を浮かせ「やめて。イヤ~!」悲鳴を上げても、なおも引かれ爪先で
やっと立っている。

 美香はロープを固定すると、獲物を狙う鷹のように胸のボタンを外しだす。
「何するのよ。やめてよ!」不安で叫んだ。
「何もしないわ。ただ、入所記念に、気持ちいい事してあげるだけよ」ボタンを外し終
えると前を広げた。

 桐子はピンクのブラジャーで乳房を包んでいた。
「囚人には、これは不要なの。直に着るから」背中のホックを外した。
「やめて。いや~!」首を振ると桐子の乳房が揺れている。

 「あなたの大きいわね。Cカップかしら」独り言を言いながら両手で掴み揉み出す。
「やめて。レズじゃないのよ~!」叫んでも美香の手は乳房を揉み、乳首も摘んだ。
「変態よ。あなたは変態よ!」
「そうかしら。あなたに気持ちいい思いをして貰うだけよ」乳首も吸いだす。

 「ん、ん~!」桐子は乳首が敏感で、その急所を吸われ背中が反っていく。
「ダメ。吸わないで、オッパイを吸わないで…」途切れ途切れに言う。
「オッパイを吸われるのはイヤなんだ。だったら、ここはどうなの?」乳房を揉んでい
た手がズボンを引き下げていく。

 「イヤ。それはイヤ。やめて~!」狂ったように声を出し、体を揺り抵抗していく。
だが、ズボンが膝まで引き下げられ、ブラジャーと揃いのパンティが露わになり、薄い
布地からは、黒い絨毛がうっすらと透けている。

 美香はなおも引き下げ、ズボンを脱がすとパンティの黒ずんだ部分を撫でだした。
「やめて、触らないで~!」桐子が叫んでも、美香は容赦なくパンティの中に手を入れ
た。
桐子は淫裂を美香に触られて「う、う、う!」悔しさに泣きだした。

 「どうして泣いているの。もっといい事してあげるわよ」両手で腰のゴムを掴み引き
下げた。
今まで布で隠されていた股間が美香に見られている。
「イヤ、イヤです!」気丈な桐子も、下半身を剥き出しにされ、涙を流している。

 「何がイヤよ。やって欲しいくせに…」なおもパンティを引き下げ、足から脱がせた。
美香はパンティを脱がすと、股間を撫でだす。
「お願いやめて。もう触らないで…」泣きながら言う。

 「まだ始まったばかりよ。これからが本番なの」指が淫裂の中に入って、ピンクの突
起を撫でだした。
「ダメ、そこはダメ…!」クリトリスを撫でられ太股が震え、体も後ろに反っている。

 「気持ちいいでしょう。でも、今日だけよ。オナニーは禁止されているから」指先が
円を描いて突起を撫でている。
それにはたまらず「あ、あ、あ~!」と声をあげてしまった。

 「どう、もっとやって欲しいでしょう?」
「欲しくない。こんなの欲しくない…」首を振って否定しても、心地よい感触に膣の中
が濡れだす。

 「また嘘を並べるのね。これならどうなの?」クリトリスを撫でている指が、遂に膣
の中に入り、ゆっくりと動き出した。
「抜いて。お願い入れないで…」桐子は目を閉じ、息を荒くしている。

 「言いなさいよ、気持ちいいんでしょう?」指の動きが早まった。
それに、美香は乳首も吸いだし、それにはたまらず「あ、あ、あ~!」喘ぐ声をあげて
いる。

 「ダメ、指を、抜いて…。オッパイ、吸わないで…」恍惚とした顔で途切れ途切れに
になっている。
(このままされたら、行ってしまう…)桐子は膣の中の濡れ具合が気になっている。

 そこに「美香、やっているわね。私にもやらせて!」息を弾ませ知代が現れた。
「いいわよ。でも、指で濡らしているわよ」
「私は違うやり方よ。さっきは、恥を掻かせてくれたわね。おかげでタップリ説教され
たわよ」知代は所長に説教されたようで、怒りを桐子にぶつけ、両乳房を握りしめた。

「い、痛い…」息が詰まり話す事が出来ない。
それでも指に力を入れ「何か、言ったの?」と問いただす。
「離して、手を離して…」苦痛に顔も歪んでいる。

 「ふざけないで。これくらいで、私が収まるとでも思っているの?」今度は乳首を潰
しに掛かった。
それには「ギャー!」体を震わせ悲鳴を上げた。

 「痛いでしょう。ここは女性の急所だもんね」なおも力を入れて潰すと、丸い乳首が
平べったくなっている。
「許して。お願いですから、許して下さい…」哀れにも、大粒の涙を流している。

 「やっとしゃべり方がわかったようね。でも、まだまだよ」知代は乳首から淫裂に狙
いを変えた。
「ここも痛いはずよね?」指を膣に入れて広げていく。

 「やめて、お願いやめて!」首を振って叫ぶが、指は膣の中を露わにしていく。
「あんた、あまり使っていないわね、こんなに綺麗な色出し…」ピンクの肉襞や突起に
目が輝いている。

 「知代、これから楽しめそうね。ここもピンクだし…」美香もクリトリスを掴み、撫
でていく。
「ダメ、お願いやめて~!」逃れようと腰を動かしている。

 「そう言われても、まだ気分が悪いの。もう少しやったら収まるけど…」知代は指を
膣の中に入れて、動かしていく。
指はピンクの皮膚を擦り「だめ。やめて…あ、あ、あ~!」指の動きに声をあげてしま
った。

 「あんたもやっぱり女ね。ここが弱いし」知代はなおも指を動かしていく。
(濡れていく、膣が濡れていく…)首を振るが、膣の中がヌルヌルに濡れている。
「知代、もう濡らしているわ。行ったら困るじゃないのよ!」

 「わかったわ、美香が言うならこれくらいにする。いい事、これからは逆らわないの
よ」膣から指を抜き桐子の口に入れた。
それを舌で押し返すが「なめるのよ、あなたのオ○ンコ汁を…」鼻を掴み押し込む。

 「ウグ、ウグ」指が入れられ、声が出せない。
「今度逆らったら、これじゃあ済まないからね」指が舌に絡まっていく。
(やめて。膣に入れた指なんて、なめたくない…)そう思っても「なめるのよ、自分の
オ○ンコ汁を自分で!」美香も乳房を握りしめる。

 (痛い。オッパイが痛い…)やむなく舌でなめていく。
「そうよ、それでいいの。後は反省して貰わないとね」満足そうに知代は指を抜いてロ
ープを解いた。

 やっと、桐子は自由になるが、まだ両手には手錠が掛けられている。
「知代、あれでやるの?」
「そうよ、だからお願いするわ」
「仕方ないわね。知代の頼みなら」美香は手錠の鍵を外し、桐子の手から外す。

 (どういうつもりかしら、手錠を外すなんて…)不審に思っていると服が脱がされる。
「やめて、何するのよ。裸になってしまうでしょう!」
「そうよ。ここからは、裸になって刑務所を案内するの」知代と美香は桐子を文字通り
の生まれたままにした。

 「やめて、ヌードなんてイヤ。お願いだから服を返して!」服を奪い返そうとしても、
2人にはかなわず、反対に後ろ手に手錠をかけられ何も出来なくなった。
「いい体ね。このヘアもいずれは手入れしてあげるからね」妖しい目をして絨毛を撫で
ていく。

 「知代。それよりここの説明よ。行くわよ」桐子を外に出そうとする。
「イヤです。他人に裸を見られたくありません!」泣き声で叫ぶが、桐子は部屋から出
され「イヤ、行くのはイヤ~!」首を振って叫んだ。


続く→地獄の囚人 第2話 洗礼

地獄の囚人 目次

投稿小説一覧