第87夜 淫紋ハーレム家族
淫紋ハーレム家族

剣道師範の母の血を受け継いだ、目高家の長女明日香は、剣道で大学の特待生入学が決まった、文武両道の優等生。ところが、長男の弟秀一は、工業高校で留年する落ちこぼれで、姉に対して強い劣等感を抱いている。だが、ある日悪友と一緒に召喚した魔王は、見るもおぞましい淫魔で、秀一に憑依して淫紋を刻み、彼に人間離れした精力と、淫紋を刻んだ3人の女性を、性の歓びで支配する力を授ける。彼女いない歴、イコール年齢を更新中の彼は、同居の姉妹と母親に狙いを定め……

【登場人物】
♂目高秀一・・・工業高校1年生。アニメやゲームが趣味の根暗なオタク。悪友の松下とつるんで、サボっていたら、要領の悪い彼だけ、留年してしまった。が、相変わらず松下と付き合っている。背は低いが肥満体で、女家族からは距離を置かれている。
    ♂松下徹・・・高校2年生。オカルトマニアで、オタク仲間の秀一をそそのかして、魔王? を召喚するが……見た目はごく普通だが、秀一を堕落させた元凶だと、母親や姉には忌み嫌われている。
    ♀目高明日香・・・私立女子高校3年生。母親譲りの美少女剣士で、剣道で系列の女子大に、特待生として入学が内定している。学業も優秀な、文句なしの優等生。幼い頃から、弟の秀一に勉強を教えたりして来たが、工業高校で留年する秀一に呆れ、もう匙を投げている。真面目に交際している彼氏がおり、堂々と家に連れて来る事もある。
♀目高真美・・・中学3年生。小学生でも通りそうな、幼い外見で、甘えん坊。秀一や松下にも懐いていたが、母や姉に忠告されて、距離を置くようになっている。生真面目で潔癖な少女だが、実はオナニー常習で、人一倍好色。
♀目高千鶴・・・母親。夫と離婚し、女手一つで、3人の子を育てて来た。剣道高段者で、経営している道場の師範。子供は厳しく躾てきたが、長男なのにオタクでボンクラな秀一は持て甘し気味。夫不在でも孤閨を守り、人目を惹く美女だが、再婚する気はない。夫の暴力で離婚したため、もう男はこりごりだと装っているが、実は……


8.Wで寝取って姉を観念させる焦らし責め(5572字)

「しゅうんちの女子は、休みでも制服なんだな」
「確かに。私服あんまり買ってくれないの」

 ここは、松下の自宅兼、いかがわしい古本屋。まだ開店前の時間に、やって来た真美と俺を見た松下の感想だ。そう言えば、真美も明日香姉ちゃんも、休日でも外出着は、基本学校の制服である。母さんの躾と思うんだけど、基本家に引きこもってる俺も、外出着は持っていない。松下もだが、今はくすんだ暗色のジャージの上下である。

「俺、前に翔太から聞かれた事があるんだよな。お前んちに行くんだけど、服装どうしようか、って。学校の制服でいいんじゃね、と言っといたよ」
「うん、それがいいと思うよ。翔太君、いい学校だしね。アン! ごめん、イッチャッタ」

 24時間、二穴ディルド付き貞操帯パンツと、乳首とクリを責めるローターを着用している真美が、気をやってしまい、ペロリと舌を出して謝った。ミニスカセーラー服に包まれた、乏しいムネとオシリをクナクナよじらせ、危険なフェロモンを発散しているコイツを見ていると、制服がロリコンを挑発するエロ衣装に見えてくる。

「お姉さんも、背が高くて、ブレザーの制服が、バッチリはまってるんだよな。くそ、しゅうが、羨ましいぜ」

 ロリロリな真美と違い、長身でスタイルも良い明日香姉ちゃんは、誰もが認める抜群の美人だ。おまけに、実はかなりの巨乳なのだ。松下が羨むのも無理はない。今から犯罪行為に手を染めるだけの価値は十分にあった。

「だけどお母さんもひどいよね。お姉ちゃんを彼氏と二人切りにしてやりたいから、お兄ちゃんと私に家を空けろって。私ら、邪魔者?」
「明日香姉ちゃんは優秀なのに、俺達は落ちこぼれだからな」
「いいもん。お姉ちゃんだって、エッチな女の子だって、わからせてあげるんだから」
「お姉ちゃん、寝る前にオナってたか?」
「もちろん。凄かったよ。私も二段ベッド、ギシギシ揺らしてるから、バレないと思ってるんだろうけど、あれは、完璧に一人エッチ。お姉ちゃん、もうエッチしたくて、したくて我慢出来ないんだよ、きっと。翔太君に抱いてもらうつもりなんだ、あー、ヤラシー」
「お前が言うなよ」

 開店前の店舗のシャッターを開け、アダルトコーナーに積んである、商品の山を物色する。強力な睡眠薬だけの約束だったけど、楽しそうにはしゃぐ真美の希望で、結局バイブや電マ、ペニスバンド等大量に拝借する事になった。

「そんなに沢山いらないだろ」
「後でアタシが使うから。お願い」

 お前のオナニー用かよ、と思ったが、エロエロな真美に抱き着かれ、頬にチュッとされては、男は逆らえない。松下と2人で、持ってやる事になった。そして、荷物持ちの男2人を従え、真美は朝早くから開いている、パン屋に向かう。お目当ては、パンでなく、ショートケーキだ。そんな商品を置いているのを知ってるのは、さすがにスイーツ好きな女子である。

「公園に行って、試してみよ」
 翔太が来る時刻を予想して、近所の児童公園に向かったが、もう何人かの子供が遊んでいる。汚い公衆便所に入って、男女共用の個室で、エッチグッズの試運転をする事になった。真美は所構わず、バイブや電マを使い、気持ち良さそうにイキ潮を巻き散らしていた。最後にペニバンを装着して、出た頃には、翔太が来ても良い時刻になっていた。急いでわが家に向かう。案の上、翔太が来て、二段ベッドの置いてある女子部屋にいるようだった。中から鍵を掛けていたが、真美がいるから平気だ。

 万事控えめな翔太だから、朝っぱらから、ヤッてるとは思えなかったが、異常に発情してる姉ちゃんだ。ひょっとして、と思ったら、気が急いたが、逸る気を押さえて、まずは俺の部屋で、ケーキの仕込み。睡眠薬と、媚薬、強精剤をタップリ盛ったケーキと、缶ジュースを持った真美が、女子部屋に向かった。強くドアをノックした真美の声が聞こえる。

「お姉ちゃーん。差し入れー。入るよー」

 すぐに帰って来た真美に、様子を聞くと、やはりヤバかった様子だ。

「2人で、お姉ちゃんのベッドにいたよ」
「何い!」
「チューくらい、してたかもね。制服着てたし、まだエッチは、してないんじゃないかな。ケーキ買って来たよ、って言ったら、お姉ちゃん慌てて、小テーブル出して来たの。2人で食べてくれると思うよ」
「翔太のヤツ、律儀だからな」
「真美、もうちょっとしたら、もっぺん見て来てくれ」
「わかった」

 10分後、大成功! とないムネを張る真美と一緒に、俺達はエログッズを持ち、部屋に向かった。見ると、制服姿の姉ちゃんと翔太は、食べ掛けのケーキを残し、テーブルに突っ伏して、昏睡していた。俺は心中でガッツポーズを取ると、松下や真美と協力して、2人をベッドに運んだ。真美がテーブルを片付ける間、俺は姉ちゃん、松下は申し訳ないが、翔太を全裸に剥いていく。

「うわ、コイツ、ビンビンにおっ勃ててやがる」
「姉ちゃんも、ションベンもらしたみたいに、ビチョビチョだよ」
「やっぱ、ヤリ始める所だったんだね。翔太君のオチンチン、凄いなあ」

 3人が感想を述べた所で、俺は淫魔様に依頼した。

「あのう、このオスとメス2匹とも、ギチギチに縛って貰えますか?」
「心得た。何でも望みを言うが良い」
「えー、ベッドの両端に離して……」

 ベッドに上がって来た真美とも協力し、俺達は、結ばれる筈だった高校生カップルを、引き離し、凄まじく恥辱的な体勢で、向かい合わせる事にした。後方にでんぐり返って、大きく脚を開く、「まんぐり返し」と「ちんぐり返し」だ。そして、互いの痴態が良く見えるよう、枕で頭を上げてやる。目覚めたら、恋しい相手の股間が、尻穴までバッチリ見える筈だ。だが、2人が結ばれる事はない。淫魔様の不可視な触手が伸びて、その体勢で身じろぎも出来ぬくらい、きつく縛りあげてしまう。

 さて、強力な緊縛が完成した所で、俺と松下は、明日香姉ちゃんの、真美は翔太の、遮る物のないモロ出しな股間を覗き込んで、ガン見してやった。姉ちゃんは、今からヤルつもりだったと見えて、臨戦態勢が完了した女性器が、ジュクジュクと淫ら汁を吹きこぼし、生生しくて、迫力満点。これから、俺のチンポを入れてやるんだと思うと、全身が総毛立つような、凄まじい興奮を覚えていた。「すっごい立派ー」「ビーンビンだよお」と真美も感嘆しており、翔太の方も、いよいよヤル気MAXだったと見える。姉ちゃんのような超美人に、ベッドに誘われ、恐らく唇を合わせたのだ。真美が邪魔に入らなければ、慎重な翔太もセックスしていたに違いなかった。俺達の介入は、ギリギリのタイミングだったのだ。

ーー残念だったな、翔太。そこでお預けだ。明日香姉ちゃんが、弟の俺に犯されてイキまくる、最低のビッチである事を、よく見て確かめな

 俺はまだ、気付いていなかった。翔太の勃起チンポを、肉食獣みたいな劣情を隠さず、爛々と目を輝かせて、ガン見している真美が、コイツとヤルつもりである事に。つまり、親も公認なこのカップルを、俺達兄妹はWで寝取ってしまうわけだ。そして、寝取られる屈辱にも関わらず、肉欲に支配され溺れてしまう、互いの痴態を見せ付けられるのだ。

 さて、見えない触手による緊縛が完了した所で、俺と松下は、姉ちゃんに、そして真美は、翔太に近寄った。俺は正面から、松下は背後から、股間を覗き込み、真美は翔太のチンポを舌なめずりして眺めている。さて、こんな狼藉を働かれても、まるで我関せずとばかりに、ぐっすり昏睡している2人をどうやって起こそうか。試しに姉ちゃんの頬を、俺のチンポでビンタしてみたが、全く起きる気配がなく、口元に持って行って、無理矢理含ませても駄目。よっぽど強力な睡眠薬らしい。だが、淫魔様に相談すると、アッサリ解決した。

「そうゆう場合は、コチラの穴を弄ってやれば一発じゃ」

 淫魔の触手が、姉ちゃんも翔太も持ち合わせてる、排泄口の尻穴に入り込むと、案の上2人は、目を覚ます。だが、お互いの恥ずかしい股間を、見せ合っている、あり得ない光景に、一瞬でパニックに陥ったのだろう。姉ちゃんも翔太も、言葉を失っていた。しかも、見えない触手で縛られて、その体勢を崩す事も出来ないのだ。そして、2人のパニックに拍車を掛けるように、そこに居る筈のない、俺達が声を掛けた。

「明日香姉ちゃん、目が覚めましたか」
「秀一! 何でアンタがいるのよ!」
「松下です。いや、お姉さん、素晴らしいカラダですね。感激ですよ」
「翔太君も起きたね。妹の真美です」
「真美ちゃん? え、そんな……」

 気の強さを発揮した姉ちゃんは、怒りを露わにし、気の弱い翔太はオドオドと戸惑うばかりだ。だが、2人の運命は同じ。互いに、別の相手とのセックスを強要され、肉欲に支配される、情けない痴態を見せ付けられるのである。

「翔太君。せっかくお姉ちゃんと、エッチするところだったのに、ごめんねー。真美が出させてアゲル」
「真美っ! バカなマネは止めなさい!」

 秘めていた、淫乱な本性を剥き出しにした真美が、バキバキな勃起チンポを手で摑み、シコシコとしごき始めていた。俺と松下は、真っ赤な顔で耐えようとする翔太を、はやし立てた。

「翔太! お姉さんの前だぞ。まさか出したりしないよな」
「お前が出したら、俺も遠慮なく、姉ちゃんを頂くからな」

 だが、この勝負は初めから見えていた。何しろ淫魔様の不可視な触手が蠢き、尻穴が微妙に開いたり閉じたりしてるのだ。こんな状態でチンポをしごかれては、数分も保つわけはない。真美もリズミカルにシコシコとしごき上げ、5分と経たず、翔太は勢い良く、ビュッと射精していた。

「翔太……」
「明日香さん。ごめんなさい」

 事もあろうに、未成熟な妹の手コキにあっさり土俵を割った翔太。姉ちゃんの責めるような呟きに、謝罪していたが、一発出してもチンポの方は全然平気のようだった。

「今度は、オクチで抜いたゲル」
「……真美、もう止めてあげて」
「止めないよーだ」

 意外に泣き虫の姉ちゃんは、ショックからか、涙声だったが、真美は容赦がなかった。翔太のシンボルを、バクっと口に頬張り、さっき出したザーメンの残滓を舐め取り始めた。俺達も行動を開始する。

「松下、オッパイを揉んでやってくれ」
「松下君、や、やめて」
「口も使っていいぞ」
「ああ……ダメえ……」

 松下も女慣れしてるとは思えないが、強く扱って痛がらせないよう、ソフトな乳揉みを試みていた。アナルで蠢く触手の快感も援護射撃となり、異常に欲情していた、明日香姉ちゃんは、果たしてソフトに弄られて、しっかり感じ、尾を引く甘いアヘ声を上擦らせ始める。乳首をクリクリ弄ってた松下が、唇を寄せてチューッと吸い上げると、ダメと口にした姉ちゃんは、早くも降参。ウッと目を閉じ、おこりに掛かったように、ワナワナとカラダをふるわせた。

「松下、やったぞ。姉ちゃん、イッタみたいだ」
「マジか!」
「ち、ちがう……」
「姉ちゃん、意地っぱりだなあ。素直になれるよう、松下続けてやって」

 真美は、アッサリ翔太を抜いてしまった様子で、エヘヘと笑いながら、唾液混じりの白濁した精液を、手に吐き出して見せている。俺も遅れてはならじと、爆発しそうな、ドクドクと強烈に脈動している、勃起チンポを、いよいよ姉ちゃんのモロ出しマンコに、当てがった。

「姉ちゃん、入れて欲しかったら、そう言うんだよ」
「秀一! いい加減にしなさい! 松下君、お願い、もう止めて…」
「お姉ちゃんが意地張ってる間に、私翔太君とエッチしちゃうよ」

「オッパイ星人」の松下に優しく乳房を愛撫されて、絶頂した姉ちゃんはしかし、強情だった。イッテしまった事を認めず、欲しくてたまらない筈のチンポで、クリを押すように刺激してやっても、なお俺を叱り付ける。だが、松下が熱心に乳揉みを続け、乳首も吸ってやると、又萌して来たのか、抵抗力は弱くなる。俺がクリトリスを愚直にクリクリしてやると、その鋭敏な尖りがヒクヒクおののき、愛液ダダ洩れ状態になって来た。

「私、翔太君、好きだったの。カッコイイし、頭もいいし、お兄ちゃんより、ずっといいよ」
「それは、俺も同感だな」
「お姉ちゃん、お先に。いただきマース!」

 手と口で抜いてやってなお、食べ頃の勃起を維持している、翔太のペニスにご執心な真美は、とうとうスカートをバッとめくり上げると、性器を合わせて交合を始めていた。身動きの取れない翔太は、逆レイプされたわけだが、無理矢理犯されただけと、言い訳は出来ない。手と口で、アッサリ精を搾り取られた挙句、一段と硬度を増して、真美を喜ばせているのだから。真美は「キモチイイ!」「さいこお!」などと、姉ちゃんの前でも、翔太に犯される快感を叫んで、遠慮がない。

「翔太は、真美とエッチを始めましたよ。姉ちゃんも意地張ってないで、俺とエッチしようよ」
「そんな事……出来るわけ…ない」
「松下、乳を揉むの、休んでくれ」

 翔太が真美に寝取られたのを機に、俺も姉ちゃんを誘ったが、やはりウンとは言わなかった。だが、俺のチンポに、鞘から弾けたクリを、ネチネチ擦られて、発情してる姉ちゃんは陥落寸前。俺は一計を案じ、松下の乳揉みを一旦休止してもらう。淫魔様にもアナルから触手を引き上げてもらい、俺のチンポと姉ちゃんのマンコは、邪魔を除いて、一対一の真剣勝負だ。俺はじっくりと、愚直なクリ擦りを続けた。

「アンッ! ま、又よ、又いっちゃうう!! 出して出して、いっぱい出してね!」

 真美が、翔太に中出しされて極め、快楽を恥ずかし気もなく、叫んだ頃、ついに姉ちゃんが、口を開く。

「……入れて」
「エッ、何? 聞こえないよ」
「私の中に入れるのよ、早く!」

 こうして、とうとう俺は、憧れの姉ちゃんに、懇願されて、セックスに突入したのである。


続く→淫紋ハーレム家族 9.寝取られて、処女喪失種付けセックスの快楽にイキ狂う姉
戻る→淫紋ハーレム家族 7.淫乱過ぎる妹にお仕置き3P中出し調教(2)
淫紋ハーレム家族 目次


プチSM千夜一夜ものがたり第5期