第87夜 淫紋ハーレム家族
淫紋ハーレム家族

剣道師範の母の血を受け継いだ、目高家の長女明日香は、剣道で大学の特待生入学が決まった、文武両道の優等生。ところが、長男の弟秀一は、工業高校で留年する落ちこぼれで、姉に対して強い劣等感を抱いている。だが、ある日悪友と一緒に召喚した魔王は、見るもおぞましい淫魔で、秀一に憑依して淫紋を刻み、彼に人間離れした精力と、淫紋を刻んだ3人の女性を、性の歓びで支配する力を授ける。彼女いない歴、イコール年齢を更新中の彼は、同居の姉妹と母親に狙いを定め……

【登場人物】
♂目高秀一・・・工業高校1年生。アニメやゲームが趣味の根暗なオタク。悪友の松下とつるんで、サボっていたら、要領の悪い彼だけ、留年してしまった。が、相変わらず松下と付き合っている。背は低いが肥満体で、女家族からは距離を置かれている。
    ♂松下徹・・・高校2年生。オカルトマニアで、オタク仲間の秀一をそそのかして、魔王? を召喚するが……見た目はごく普通だが、秀一を堕落させた元凶だと、母親や姉には忌み嫌われている。
    ♀目高明日香・・・私立女子高校3年生。母親譲りの美少女剣士で、剣道で系列の女子大に、特待生として入学が内定している。学業も優秀な、文句なしの優等生。幼い頃から、弟の秀一に勉強を教えたりして来たが、工業高校で留年する秀一に呆れ、もう匙を投げている。真面目に交際している彼氏がおり、堂々と家に連れて来る事もある。
♀目高真美・・・中学3年生。小学生でも通りそうな、幼い外見で、甘えん坊。秀一や松下にも懐いていたが、母や姉に忠告されて、距離を置くようになっている。生真面目で潔癖な少女だが、実はオナニー常習で、人一倍好色。
♀目高千鶴・・・母親。夫と離婚し、女手一つで、3人の子を育てて来た。剣道高段者で、経営している道場の師範。子供は厳しく躾てきたが、長男なのにオタクでボンクラな秀一は持て甘し気味。夫不在でも孤閨を守り、人目を惹く美女だが、再婚する気はない。夫の暴力で離婚したため、もう男はこりごりだと装っているが、実は……


16.異常な情欲に憑りつかれ、カラダの異変に煩悶する母(4125字)

 3人の子供達が使った後、湯舟の中で私は、自分を慰めてしまわぬよう、必死でした。あり得ない欲情で、24時間常に固く尖ってしまっている、3つの嫌らしい突起が、私を貶めようとスタンバイしてるのです。この後就寝前に、自慰に耽ってしまう、はしたない私ですが、カラダを清めるための入浴での自涜行為は、母親として、絶対にあってはならぬ事でした。

 今、わが家には、悪魔がついています。妄想ではありません。3人の子供達が、事もあろうに、いかがわしい性行為に手を染めているのですから。私の後継ぎとして、剣の道を歩もうとしている、長女の明日香。彼女には、前途有望な彼氏がいます。2人を結び付けてやろうと、いらぬお節介を焼いてしまったのも、良くなかったかも知れません。あれも、私のカラダの異変が招いた事だったとすれば、私が入浴中の自慰を我慢するのは、母として最低限の節度です。

 長男の秀一は、何でも出来る明日香と違い、出来の良くない男の子でした。幸い姉弟の仲は良かったので、幼い頃から明日香が面倒を見てくれたのですが、持って生まれた素質が違ったのでしょう。一応習わせた剣道もすぐに投げ出し、勉強の方も、小学校で落ちこぼれる始末。明日香が手取り足取り教えてくれたのに、普通科の高校には受からず、工業高校に行く羽目になってしまいました。

 秀一は、人付き合いも苦手で、家にこもって、アニメやゲームが趣味と言う、いわゆるオタクです。運動嫌いで、不健康、体重ばかり増えて、友達も出来ませんでした。引きこもりの不登校になる心配までしましたが、工業高校で気の合う友達を作り、一安心していました。ところが、松下君と言うこの友達が、決して秀一に良い影響は与えてくれなかったのです。

   同じようなオタクである松下君と付き合い始めて、秀一は学校をさぼるようになりました。中学までは、一級上に明日香がいたので、別々の学校になって、羽を伸ばし始めたのでしょう。でもやはり、一番の原因は松下君だと思います。一緒になって学校をさぼり、学校に呼び出された事も何度かありました。あまり悪く言いたくはありませんが、松下君は父子家庭で、お父さんが呼び出しに応じない事があり、家庭の教育環境にも問題があるようでした。

ーーど、どうして、こんな事に……

    秀一と、松下君の事を考えてると、はしたなく変わってしまった私のカラダが、エッチな主張を始めてしまいます。コリコリになって、ジーンと疼いて止まない乳首と、クリトリス。触りたい、と言う悪魔の誘惑が、心の底から込み上げ、最早抑え切れないのです。私は情けなさに臍を嚙むながら、風呂を上がるより、ありませんでした。そして、子供達が集まり、部屋で淫行に耽っていると知りながら、母親自身が肉欲に身を任せるべく、寝室に向かいます。

 そうです。悪魔に魅入られたこの家で、3人の子供達は、毎日1つの部屋に集まり、遊んでいます。それが、不健全な淫行である事にも、気付いてしまいました。ここ数日、姉妹は一緒に入浴し、とうとう正一まで、それに加わっているのです。おぞましい近親での淫行に違いありません。なのに、何も言えない私は、母親失格でした。

ーーああ…こんなのダメよ、絶対にダメ!…だけど、うふうんっっ!!

 風呂場では何とか自制したものの、スケスケのネグリジェで自室のベッドに転がった私は、とうとうジンジンと疼き上がる乳首に、指を触れてしまいます。途端にビインと強烈な快楽の電流に撃たれた私は、もう母親である事など忘れて、はしたない、ふしだらな女として、もう片方の乳首も摘み上げ、続いて豊満な乳房を夢中で揉みしだきました。甘く切ない、ゾクゾクするような淫らな快感が、次々に込み上げて、絶対にイケないと念じていたはずなのに、私の指が股間の尖りに触れてしまうのに、さほど時間は掛かりませんでした。

「ヒイッッ!!」

 嫌らしい声が出てしまい、もう駄目でした。この所24時間一瞬も収まらず、ツンと強烈に勃ってしまってるクリトリス。少し触れただけで、ズンと圧倒的な快感に襲われて、私は狂ってしまいます。すぐに2本指を女性器に入れてしまい、クチュクチュと掻き混ぜると、素晴らしい心地良さで、私は母である事など忘れ、淫らな自慰行為に没頭。ところが、恐ろしい事に、もっと過激な刺激を求めて、カラダが暴走するのです。とうとう、私はおぞましい器具に、手を伸ばしていました。

61DE8TqgXuL._AC_SL1500_

 それは、別れた夫が隠し持っていた、男性器を模したバイブレーター。酒乱の夫でしたが、普段は小心者でしたから、これを使おうと言い出せなかったのでしょう。そんな事をもし夫が口に出していたら、もちろん私は拒絶し、ますます夫を軽蔑したに違いありません。そんな嫌らしいセックス玩具を使うのは、女性を冒瀆するものだと、考えていましたから。捨てるのもはばかられ、押し入れに入れて放置していたのですが。まさか、こんな物に頼る事になろうとは、思ってもいませんでした。そして悪魔のささやきに耳を貸してしまった私は、2人の男の子の事を思い浮かべていたのです。

 それは、人付き合いが苦手な秀一が、初めて家に連れて来た松下君。頻繁に秀一の部屋に入り浸るようになり、茶菓子を持って行こうとしても、中から鍵を掛けて、入れてくれません。ある時、合鍵を使って強引に入ってみたら、2人が慌てて隠そうとしたのが、大量の、いわゆる「大人のオモチャ」でした。どうやら松下君の家は、そういういかがわしい店をやっているらしく、エッチな本やアニメはもとより、見るもおぞましいそんな商品まで持ち込んで、2人は楽しんでいたのでした。

 男の子ですから、多少エッチな事に興味を持っても仕方ありません。ですが、そんなアダルトグッズまで堂々と持ち込むのは許せないと思い、私は2人を厳しく𠮟りつけました。でも、罰の悪そうな顔をしていた正一に対し、松下君はヘラヘラ笑い、私に好色そうな視線を向けて来たのでした。剣道で鍛えた私のカラダですが、40を超えてさすがに緩んで来ています。でも乳房やお尻は、大きくて柔らかく、若い頃より男性にとって魅力的かも知れません。もちろん、私自身はそんなだらしなく熟れたカラダをうとましく感じているのですが。

 松下君は、あろう事か、友人の母親である私を、無遠慮になめ回すように、見つめて来たのです。好色な男性の嫌らしい視線には慣れている私です。松下君が、性的対象として、私を凝視し、豊満な乳房やお尻を視姦していたのは間違いありません。彼が興奮し、股間をたくましくしてるのも、ハッキリ確認してしまいました。自意識過剰かも知れませんが、身の危険を感じた私は、松下君にわが家への立ち入り禁止を言い渡し、正一にも強く言い聞かせたのです。

 もともと引っ込み思案で、友達の出来なかった正一が、こんな嫌らしい男の子と友達になったのが、全ての始まりかも知れません。真面目だった明日香と真美が、正一と淫行を働き、母親である私まで、バイブと言うこの嫌らしいセックス玩具に、身を捧げようとしているのですから。禁断症状で、ワナワナ慄える私の手が、スイッチを入れると、ウィーンと小刻みに振動が始まります。中でも激しく振動してる支柱が、私を淫らに狂わせるポイントなんです。見てるだけで喉の渇きを覚えた私は、ペロリと舌を出して唇をなめると、その支柱の振動を、乳首に押し当てました。

ーーああんっっ!! キモチいいのお!!

 途端に響き渡る快感は、指弄りの比ではありませんでした。私はイキそうになるのを我慢し、夢中でもう反対側にも、チョンと触れさせます。ガクンと強く弓なりに、カラダを反らせた私は、とうとう本来の用途である、股間で疼くクリ豆を刺激。触れた瞬間にアッサリ弾けてしまった私は、「イク!」と声を出してしまいました。今か今かと待ち焦がれていたクリトリスに、その一撃は余りにも甘美。バイブにこんな機能を付けた人は反則です。絶大な快美の矢にズンと貫かれて、こんなの絶対我慢出来るわけがありません。
 
 だけど異常に欲情した、浅ましい私のカラダは、もっときつい刺激を欲して止みません。私はついに、たくましい幹をズブズブと蜜壺に沈めていきました。抉られるような強烈な刺激が、素晴らしい快楽へと変化し、私のカラダははしたない反応を見せてしまいます。歓びにざわめく膣壁が、「おちんちん」を歓迎して、ギュッと絡み付き、グイグイ締め上げるのです。自分では制御不能の、勝手なカラダの反応でしたが、生身の男性なら、すぐに保たなくなってしまうでしょう。そして私はそんなカラダを恥ずかしく思いながら、あろう事か、息子の正一を思い浮かべていたのでした。

 松下君はごく普通の容姿でしたが、彼には猛烈な嫌悪感を覚える私が、息子の正一には、そうでないのは不思議なくらいでした。正一は運動不足の肥満体で、年中汗をダラダラかいてるような、女性に好かれる要素が皆無の男の子。しかも、何をやらせても満足に出来ない、駄目な子なんですが、やっぱり母親として、愛情はあります。出来の悪い子ほどかわいい、とよく言うではありませんか。無機質なバイブに犯されながら、駄目な息子に犯されてると妄想してしまう私は、呆れ果てた親馬鹿でした。

 このバイブは高機能で、幹に埋め込まれた、無数のソフトのボールが、グルグル回転するんです。クリトリスを責める支柱の振動と相まって、膣内粘膜をボールにズリズリ擦り上げられる快感は、凄まじく、クリ快感で一度極めたより、はるかに強烈な絶頂へ向けて、私のカラダは芯から燃え上がりました。

ーーしょ、正一! 母さん、イクわ!!

「イクイクイク! イックウウ!!」

 日付が変わり、寝静まった家の中。自室で、誰はばかる事もなく声を出して、次々に訪れる連続絶頂を叫んだ私。でも私は、母として、出来の悪い息子に犯される妄想で、狂ったように絶頂を覚え、確かに満足を覚えていました。気怠い気分で、沢山出してしまった体液の始末をしながら、愚かで罪深い母親の私は、束の間の幸福に浸っていたのです。


続く→淫紋ハーレム家族 17.拘束した母に見せ付ける乱交中出し
戻る→淫紋ハーレム家族 15.淫乱姉妹が狂喜する痴漢中出しプレイ
淫紋ハーレム家族 目次


プチSM千夜一夜ものがたり第5期