第87夜 淫紋ハーレム家族
淫紋ハーレム家族

剣道師範の母の血を受け継いだ、目高家の長女明日香は、剣道で大学の特待生入学が決まった、文武両道の優等生。ところが、長男の弟秀一は、工業高校で留年する落ちこぼれで、姉に対して強い劣等感を抱いている。だが、ある日悪友と一緒に召喚した魔王は、見るもおぞましい淫魔で、秀一に憑依して淫紋を刻み、彼に人間離れした精力と、淫紋を刻んだ3人の女性を、性の歓びで支配する力を授ける。彼女いない歴、イコール年齢を更新中の彼は、同居の姉妹と母親に狙いを定め……

【登場人物】
♂目高秀一・・・工業高校1年生。アニメやゲームが趣味の根暗なオタク。悪友の松下とつるんで、サボっていたら、要領の悪い彼だけ、留年してしまった。が、相変わらず松下と付き合っている。背は低いが肥満体で、女家族からは距離を置かれている。
    ♂松下徹・・・高校2年生。オカルトマニアで、オタク仲間の秀一をそそのかして、魔王? を召喚するが……見た目はごく普通だが、秀一を堕落させた元凶だと、母親や姉には忌み嫌われている。
    ♀目高明日香・・・私立女子高校3年生。母親譲りの美少女剣士で、剣道で系列の女子大に、特待生として入学が内定している。学業も優秀な、文句なしの優等生。幼い頃から、弟の秀一に勉強を教えたりして来たが、工業高校で留年する秀一に呆れ、もう匙を投げている。真面目に交際している彼氏がおり、堂々と家に連れて来る事もある。
♀目高真美・・・中学3年生。小学生でも通りそうな、幼い外見で、甘えん坊。秀一や松下にも懐いていたが、母や姉に忠告されて、距離を置くようになっている。生真面目で潔癖な少女だが、実はオナニー常習で、人一倍好色。
♀目高千鶴・・・母親。夫と離婚し、女手一つで、3人の子を育てて来た。剣道高段者で、経営している道場の師範。子供は厳しく躾てきたが、長男なのにオタクでボンクラな秀一は持て甘し気味。夫不在でも孤閨を守り、人目を惹く美女だが、再婚する気はない。夫の暴力で離婚したため、もう男はこりごりだと装っているが、実は……


17.拘束した母に見せ付ける乱交中出し(4026字)

 ベッドの上に拘束された母さんの、予想以上に瑞々しい全裸に、俺はゴクリと唾を飲み込んでいた。真美と明日香姉ちゃんも、美の化身みたいな母さんに、賛辞を惜しまない。

「母さん、すごーい。とってもキレイ」

 ただ一人、家族でないのに参加してる松下は、感激で言葉を失っている。

「やっぱ松下誘って良かったよ。な?」

 俺は恩着せがましく言うが、巨乳熟女と言うヤツの好みに、母さんはド真ん中のストライクだ。大の字で拘束された母さんの乳房は、全く崩れない釣鐘型で、先端の乳首がツンと立って、フルフル慄えている。だがその膨らみは、いかにも柔らかそうであり、全体が油を塗ったように妖しくヌメ光っているのだ。「おっぱい星人」松下ならずとも、理想的な乳房であった。

「触りてえ」
「ワリイ、松下。後で好きなだけ揉ましてやるから、姉ちゃんで辛抱してくれ」

 もちろん松下に異論がある筈もない。母さんに似て、巨乳で色白美形な姉ちゃんと、最初にセックスする権利を譲ってやるのだから。俺はお子様ビッチな妹の真美が相手だ。まあ、どうせ交替するつもりだから関係ない。俺達4人は、拘束された母さんに、乱交セックスを見せ付ける計画だった。俺達は皆全裸で、ヤル気満々である。

「(母さんは、本当に、俺とヤル事を承知してくれるのでしょうか?)」
「(貴様もくどい奴じゃの。淫紋が効く事は間違いないのじゃ。すぐにチンポをぶち込んでやれば、良かろうに)」

 すぐにテレパシーで交信した淫魔様は、俺の気持ちが不可解で、呆れてるようだった。俺達は、朝早くからやって来た松下と4人で、母さんの寝起きを襲撃した。母さんが、スケスケのセクシーなネグリジェを着ていたのは驚きだったが、4人掛かりで襲われて、大いに戸惑った事だろう。だけど、こちらには、目には見えないが、淫魔様の触手と言う強い味方まである。さほど暴れる事もなく、母さんは全裸に剥かれ、大の字で寝かされてしまった。手首足首には、頑丈な触手縄が巻き付き、大きく開脚して股間を晒し、身動きの取れない母さんは、パニックに陥ったのではなかろうか。何しろ触手縄は一切見えないのに、世にも恥ずかしいおっぴろげの恰好で、動けなくなったのだから。

 こんな状態だから、母さんをレイプするのは朝飯前。俺に犯されてイキまくる母さんが、種付けをせがむのも、目に見えている。だから淫魔様は、余計な手順を踏もうとする俺が、理解できないのだろう。それでも俺は乱交見せ付け計画を遂行する。焦らされた母さんが、屈服して俺に頭を下げたら、初めてセックスしてやるのだ。それが、ろくでなしで、母さんに迷惑を掛け続けた俺の、初めての親孝行のつもりなのだ。

「アレえ、何か落ちてるよお」
「んんっ!」
「母さん、こんなの使ってちゃ、いけません」

 さっきベッドに寝かせた時に落ちたのだろう。真美が目敏く拾い上げ、姉ちゃんに見せる。タオルを口に噛ませた猿轡から、母さんが何やら呻いたが、娘2人はニヤニヤ笑っていた。それは、男性器の形を模したバイブレーター。母さんはやはり、我慢出来ず、自分を慰めていたのである。

 俺は、そのバイブを真美たちから受け取り、お客さんの松下に手渡した。出入り禁止な筈のコイツまで、参加してる事を教えるためにも、目の見えない母さんに聞かせる。

「オイ松下、これどうやって使うんだ? 試しに、母さんに使ってみてくれ」
「……失礼します」

 鬼畜のように忌まわしい男と嫌ってる、松下に嬲られて、母さんは感じまいと、ガードを固めるに違いない。だが手慣れた松下がスイッチを入れると、ウィーンと淫靡なモーター音が聞こえ、全体が振動しながら、クネクネ首振り運動を始めた。母さんは使ってたのだから、これの威力は良くわかってるだろう。俺が耳打ちすると、松下はイカない程度に試してくれる事になり、母さんに馬鹿丁寧な挨拶をした。そして、一際激しく振動してる、クリ責め支柱を、チョン、チョンと両乳首に触れさせた。

「フンッ!」
「あれえ、母さん、それだけで、感じちゃうの?」
「まあ、イヤラシイ」

 コリコリの乳首に触れられて、言葉にならない悲鳴を洩らし、グンと背筋を反らす、鋭敏な反応を見せた母さんを、淫乱姉妹が囃し立ててからかう。イカせるな、と言う俺の注意を守るべく、松下は慎重に、その強烈な振動を、本来使うべき、股間の淫豆に向かわせた。

「ンンンッッッ!!!」
「こりゃ、ヤベエ。イカせちまったかも知れねえ」
「聞いてみよう。母さん、イッチャッタの? 教えてくれよ」

 まだ正気だと見えて、俺の問い掛けに、首を振って(違う)とアピールする母さん。

「イッテないってよ」
「ウソばっか」
「もう1回試してみましょう」

 どう見ても弾けてしまった母さんを、淫乱姉妹はなおも責めようとする。だが俺は、そんな簡単にイカせるつもりはなかった。焦らし責めをするんだから。

「どうやら、母さんはまだエッチする気分じゃないらしい。松下、いいクスリがあるんだろ?」
「『尼殺し』って、媚薬ローションを、タップリ持って来てやったぜ。どんなお堅い女でも、男のチンポが欲しいと、ヒイヒイ泣き出すらしい。みんなで塗ってやろう」
「(又、余計な事をするんじゃのう)」

 淫魔様が、呆れていたが、俺達は1人1本配られた、媚薬ボトルを手に、母さんのカラダに集まった。真美と姉ちゃんは、雄大な左右の乳房に、じっくりと丁寧に塗り込め、もちろん乳頭にもタップリ塗ってやっていた。俺は女性器の奥まで、指を突っ込んで隅々まで塗ってしまうと、最後にクリトリスの包皮を剥き、本体はもちろん、包皮の裏まで忘れずに媚薬をまぶした。

「松下。ゲスで鬼畜なお前には、アナルを残してやったぜ」
「お母さん。お尻の穴でエッチした事ないでしょ? 僕たちが優しく開発して、バージンを貰ってあげますからね」

 ノリの良い松下は、ゲスで鬼畜なチャラ男のように、セリフをしゃべってくれた。松下は続いて、尻穴にローションをまぶした指を突き入れ、タップリ塗り込めてしまった。胸と女性器に媚薬を塗られた母さんは、尻穴が緩んでしまい、抵抗も見せず、易々とされるがままだ。前も同時に塗ってやれば、すぐアナルの良さに目覚めて、いきなりイッテしまったかも知れない。だが無論、そんなサービスはしてやらない。これは、母さんを焦らし責めで、俺とのセックスを承諾させるプレイなのだから。母さんの熟れたカラダに、媚薬ローション塗り付けが完了すると、さっそく乱交に入る。母さんのために、実況も欠かさず教えてやるつもりだ。

「じゃあ真美、チンポをしゃぶってくれ」
「はーい」
「お姉さんも、お願いします」
「わかりました」

 俺の前に真美が、松下の前には姉ちゃんが、正座で膝間づき、チンポを口に頬張った。2人は全然嫌がってはいないが、頭を摑んでイラマチオの体勢を取る。恐らくツインテールを左右から摑まれて、興奮したんだろう。真美はいつもより一層、積極的に口を動かし、ジュバジュバと卑猥な水音を響かせていた。姉ちゃんも同様で、母さんの頭には、俺達の行動が、ありありと浮かんだのではないだろうか。どんどん良くなって来た俺は、射精欲求を解放し、真美の口内にザーメンをぶちまけた。松下は先に出してしまい「すみません」と頭を下げている。

「松下、心配いらないぞ。コイツら、喜んで飲んじまうからな。一発出してスッキリしただろ? 遠慮なく、マンコの中にも、出してやってくれ。真美も姉ちゃんも、いいよな?」
「うん、いいよ」
「お願いします」
「じゃあ、始めるから、精一杯声を出して、よがってくれ」

 本当かどうか怪しいが、真美と姉ちゃんは、俺専用で、俺の出した精子でしか、妊娠しない筈である。いかにも噓くさい俺得設定だけど、セックスを始めると、2人は演技でないかと疑うほど、赤らさまに大声で、快楽を叫び始めていた。よほど気持ちが良いらしく、淫紋の効果は抜群である。俺はもう一人淫紋を刻まれた母さんに、呼び掛けるよう、2人をそそのかす。

「よし、母さんに聞かせてやってくれ」
「お母さーん! 気持ちいい、気持ちいいよおっっ!!」
「母さん! さ、最高の気分だわ!」

 俺と松下は仰向けで横になり、真美と姉ちゃんがまたがって、チンポをくわえ込む、騎乗位の体位である。俺と松下の両手は、乳房を愛撫して、淫乱姉妹を喜ばせ、2人は腰をグライドさせて、上下運動がせわしない。松下は、ユサユサ揺れる姉ちゃんの巨乳を摑んで、まるで極楽にいるようなエビス顔だった。2人が徐々に余裕を失い、快楽を告げる声が切羽詰まった頃合いを、見計らうと、中出しを敢行した。

「松下、出すぞ」
「あ、ああ」

 タイミングを計った甲斐があり、精液を子壺に注ぎ込まれる感激で、激しく絶頂した2人は、大声でアクメを張り上げる。ほとんど間を置かず、場所を交代した2人は、新しいチンポをくわえ込んで、セックスを再開。やはり盛大によがり泣いて、中出しで極めるまで、タップリと母さんに聞かせてやった。

 もう十分だろう。セックスを切り上げた俺は、パートナーの姉ちゃんと、仲良く手を繋いで、大の字で縛られた母さんに向かう。松下と真美もやって来たところで、俺は例のバイブを手にした。目と口を塞がれたままの母さんだが、バイブを無造作に女性器に挿入して、母さんに問い掛ける。

「母さん、俺とエッチしよう。いいだろ?」

 元より、母さんの口で懇願させるような、残酷な仕打ちを考えてはいない。母さんが、ウンウンと首をうなずかせただけでも、OKである事はわかった。だが、女性の本心を物語るのは、上の口でなく、下の口である。実にスムーズに、バイブをくわえ込んだ母さんの、下の口は、ネットリと膣内粘膜を絡み付かせ、抜こうとすると、「行かないで」と言わんばかりに、猛烈な締め付けでバイブを離そうとしないのだ。俺達は皆で、母さんのカラダの反応を確認し、乱交仲間に入れてあげる事にしたのだった。


続く→淫紋ハーレム家族18.母の尻穴を開発し、二穴セックスで狂乱させる
戻る→淫紋ハーレム家族16.異常な情欲に憑りつかれ、カラダの異変に煩悶する母
淫紋ハーレム家族 目次


プチSM千夜一夜ものがたり第5期