第87夜 淫紋ハーレム家族
淫紋ハーレム家族

剣道師範の母の血を受け継いだ、目高家の長女明日香は、剣道で大学の特待生入学が決まった、文武両道の優等生。ところが、長男の弟秀一は、工業高校で留年する落ちこぼれで、姉に対して強い劣等感を抱いている。だが、ある日悪友と一緒に召喚した魔王は、見るもおぞましい淫魔で、秀一に憑依して淫紋を刻み、彼に人間離れした精力と、淫紋を刻んだ3人の女性を、性の歓びで支配する力を授ける。彼女いない歴、イコール年齢を更新中の彼は、同居の姉妹と母親に狙いを定め……

【登場人物】
♂目高秀一・・・工業高校1年生。アニメやゲームが趣味の根暗なオタク。悪友の松下とつるんで、サボっていたら、要領の悪い彼だけ、留年してしまった。が、相変わらず松下と付き合っている。背は低いが肥満体で、女家族からは距離を置かれている。
    ♂松下徹・・・高校2年生。オカルトマニアで、オタク仲間の秀一をそそのかして、魔王? を召喚するが……見た目はごく普通だが、秀一を堕落させた元凶だと、母親や姉には忌み嫌われている。
    ♀目高明日香・・・私立女子高校3年生。母親譲りの美少女剣士で、剣道で系列の女子大に、特待生として入学が内定している。学業も優秀な、文句なしの優等生。幼い頃から、弟の秀一に勉強を教えたりして来たが、工業高校で留年する秀一に呆れ、もう匙を投げている。真面目に交際している彼氏がおり、堂々と家に連れて来る事もある。
♀目高真美・・・中学3年生。小学生でも通りそうな、幼い外見で、甘えん坊。秀一や松下にも懐いていたが、母や姉に忠告されて、距離を置くようになっている。生真面目で潔癖な少女だが、実はオナニー常習で、人一倍好色。
♀目高千鶴・・・母親。夫と離婚し、女手一つで、3人の子を育てて来た。剣道高段者で、経営している道場の師範。子供は厳しく躾てきたが、長男なのにオタクでボンクラな秀一は持て甘し気味。夫不在でも孤閨を守り、人目を惹く美女だが、再婚する気はない。夫の暴力で離婚したため、もう男はこりごりだと装っているが、実は……


18.母の尻穴を開発し、二穴セックスで狂乱させる(3264字)

 暴力夫と離婚してから、男を寄せ付けぬ気丈さを見せて来た母さん。だが、淫紋を刻まれて、熟れたカラダは、やはりどうしようもなくチンポを求め、狂おしく疼き上がっていたのだ。そのため夜な夜な、チンポ型バイブで自分を慰めていた母さん。俺達の乱交を見せ付けられて、バイブを強烈に食い締め、放そうとしない痴態を見て、母さんが息子の俺とのセックスを望んでいると確信した。

 さっそく目隠しと口枷を外すと、再度確認する。

「俺とエッチしてくれるんだね?」
「いいわよ。だから、早くして、お願い」
 
 とうとう、はしたないおねだりまで口にしてしまい、少女のように真っ赤になって恥ずかしがる母さんに、俺は強い愛情を覚えていた。もう我慢出来ない。さっそく巨体を預け、チンポを挿入すると、鳥もちみたいに強烈な締め付けが来た。苦労しながら抜き差しすると、すっかり素直な女の子になった母さんが、「もっと」と更なるおねだりを口にする。俺はもう必要ないと判断し、淫魔様に連絡して、触手拘束も外してもらった。

「(わしはもう、用なしかの)」
「(いえ、もう一つ協力をお願いしたいのですが)」

 今、俺は巨体で押し潰すように、母さんを犯している。真美と姉ちゃんは、左右から母さんの巨乳を愛撫して俺に協力。松下は疲れ切って休んでいるが、これは仕方ない。全然元気で、まだまだ射精するつもりの俺が、異常なのだ。さて、俺が淫魔様に協力を頼んだのは、母さんの未開の地。ずばりアナルを開発する事だった。

 拘束を解かれた母さんは、両手を回して俺にしがみ付き、もう離さないわとばかりに、マンコがグイグイ俺のチンポを締め付ける。すぐにでもドバッと中出しすれば、母さんが天国を迎えるのは間違いない。だが俺はあえて動くのを我慢し、もどかしい母さんが、万力のような凄まじい力を発揮して、俺の射精を欲しがるのに耐える。

「母さん、最高の感激を味合わせてあげよう」
「正一! 出していいのよ」
「お兄ちゃん、早く種付けしてあげようよ」
「焦らしたら、母さんが、かわいそうだわ」

 あの謹厳な母さんが、ろくでなしで百貫デブな息子である、俺のチンポに屈して、あろう事か膣内射精を懇願して来る。左右から、たわわな乳房を揉みほぐし、乳首を吸ったりして、母さんの気分を盛り上げる、真美や姉ちゃんも、中に射精されるのを、最高の感激だと思ってるようだった。だが、俺は知っている。本当に最高の感激を味合うためには、まだ足りない物がある事を。

「松下! お前のセリフ、覚えてるか?」
「アナルバージン、貰ってあげますよ、か?」
「それだ! 母さん、ゲスで鬼畜な松下君に、クスリ塗られちゃったよね」
「あ、イヤッ! 行かないで」

 出したいのを我慢した俺が、凄まじい締め付けを振り解き、チンポを抜いて引き上げる。俺の意図を察知したギャラリーも、現金なもので、口々に母さんを辱めた。

「お母さん、お預けですよお」
「母さん、恥ずかしいわ」
「ボクの塗ったクスリ、効いて来ましたか?」

   ほぼ真反対な事を言い出す淫乱姉妹に失笑しながら、俺は松下の言葉に便乗した。

「母さん、お尻の穴がムズムズして、我慢出来ないんでしょ。うつ伏せで、お尻を突き出してよ」

 すっかり従順になった母さんは、言われるままに、豊満なお尻を高く上げる。調子に乗った俺は、世にも恥ずかしい行為を要求した。

「お尻の穴を、ビローンと、指でくつろげてよ」
「ああ、こんな……恥ずかしいわ」

 下品なAV女優も顔負けの行為に、恥じらいながら、言いなりになってしまう母さん。俺は痺れるような征服感に浸りながら、その部分をしっかりガン見した。すると、中の粘膜が真っ赤に爛れ、猛烈に疼き上がっているようではないか。

「じゃあ、これからみんなで慰めてやるよ」
「ああっっ!! あ、あ、ああ……」

 トップバッターの俺が、さあどうぞと、母さんが指でくつろげた尻穴に、舌をニュルンと挿入すると、悲鳴が上がった。だが、俺が愛情を込めて、優しくスルスルと出し入れすると、疼きが癒される絶大な快感に、母さんは尾を引く悩ましい淫声を、洩らすばかりになった。続いて、松下、真美、明日香姉ちゃんと、4人の舌に舐められて、母さんは恥ずかしいアナル快感に、ドップリと浸かってしまう。恥じらいながら、感じてしまって、どうしようもなくすすり泣きを上擦らせる母さんに、俺はドキリとした。まるで処女みたいに、可憐なのだ。いや、確かに母さんの尻穴は処女なのだけど。

「じゃ今度は、前も弄って、イカせてあげるよ」

 続いて姉ちゃんと交代した俺は、尻穴を舐めながら、クリを摘み、クチュクチュ指マンのサービス。呆気なく絶頂した母さんがヒクヒク痙攣を示すと、松下に交代。真美と姉ちゃんにもイカされて、もう母さんはアナル快感の虜だった。さてここで、俺は淫魔様に交信した。

「(淫魔様、俺のチンポを痛がらぬよう、母さんの尻穴に、触手を入れて、広げてやってくれませんか? 母さんは、バージンなのです。まだイカさないでくれたら、助かります)」
「(わしは前座か)」
「な、何? 変なものが、入って来るう!………あ、あ、ああっ!」
「母さん、気持ち良いから、安心して。俺のチンポが入るんだから、良く味わって、慣らしてよ」

 淫魔様はぼやきながらも、触手を変形させ、アナルに最適化すると、母さんを犯し始めた。やっぱり淫魔様は、気のいい、どすけべオヤジであった。だが女を喜ばせる能力は天下一品で、見えない触手の侵入で取り乱した母さんは、すぐにむずかるようなアヘ声を、洩らすばかりとなった。イク寸前で焦らすテクニックは、さすが淫魔様。神業である。俺は感謝の意を述べると、交代する事にした。

「(ありがとうございました。これで母も、心置きなく、アナルでいける事でしょう)」
「(貴様、わしが見込んだ通り、筋金入りの変態じゃのう。母御の不浄の穴にも、精液を出してやるが良かろう)」
「さあ母さん、俺とエッチしよう。向こうを向いて、俺の上になるんだよ」

 仰向けに寝そべった俺は、バキバキの勃起チンポを、天に向かってそそり立てる。背面騎乗位と言う、不自然な体位に戸惑いを見せながら、母さんは巨大なお尻を下ろして来た。尻穴を広げていた手で、女性器を広げて、チンポをくわえようとした母さんを、俺は制止する。

「母さん、待って! そこじゃないんだ」
「えっ!?」

 俺しか見えない、淫魔様の触手が、占拠していた母さんのアナルから、ゾロゾロと引き上げていく。残されたのは、絶頂寸止めで、酷い欲求不満に疼き上がる、不浄の穴だ。

「イキたいんでしょ。お尻の穴でエッチしようよ」
「何をバカな……ほおっっ!!」

 口でそんな事を言っても、母さんは素直にアナルでチンポを受け入れる。それどころか、お尻がゆっくり、上下運動まで始めてしまい、余りの浅ましさに、淫乱姉妹はゲラゲラ笑って、囃し立てた。

「お母さんったら、恥ずかしいよ。そんなに、お尻エッチしたかったんだね」
「いぐううっっ!!」
「母さん、はしたな過ぎます」

 バージンアナルにも関わらず、強烈な絶頂を迎えた母さんは、腹の底から重々しくアクメを告げる。ほとんど半狂乱だったが、まだボタボタと淫汁を吹きこぼす、前穴も喜ばせねばならない。何と、母さんは無意識に女性器を弄っていたのだ。俺はその手を摑んで、自慰行動を止めさせた。

「母さん、自分でしなくてもいいんだよ。オイ、松下! 頼む」
「ごめん、俺無理」
「じゃあ、私たちがシテあげます」
「はあい、バイブ入りマース」
「うあああっっっ!!!」
 理想の巨乳熟女である母さんだが、一般人である松下にこれ以上の乱交は望めない。セックスに限界のない女は、こんな時に強い味方だ。姉ちゃんはチンポ型バイブを持って来て、真美に手渡しけしかける。アナルセックスの歓びに溺れて、せっせと腰の上下運動をしていた母さんは、マンコにまでバイブを使われて、あえなく撃沈。絶叫して、ビクンビクンと痙攣したかと思うと、白目を剥き、涎を吹きこぼして、完全に失神してしまった。


続く→淫紋ハーレム家族19.淫紋が消え、日常を取り戻す
戻る→淫紋ハーレム家族17.拘束した母に見せ付ける乱交中出し
淫紋ハーレム家族 目次


プチSM千夜一夜ものがたり第5期