☆この小説は「愛と官能の美学」のShyrockさんより投稿して頂いたものです。著作権はShyrockさんが持っておられます。

shyrock作 もえもえ 担任
もえもえ 担任


<登場人物>

若葉もえもえ…20才(回想時17才)大きな瞳とショートボブが特徴。在学時は女子高生(現在は大学生)。

車野俊介…30才(回想時27才)高校時代の担任教諭。放送部顧問。

吉田周平…35才(回想時32才) 俊介の同僚教諭。

雪村大智…24才 現在のもえもえの彼氏。











第4話「愛撫でイかされて」

先生は股間の前と後の両方から指を挿し込んで擦って来たんです。
 だから私は前後どちらにも身体をよじることができず、先生のするがままになりました。

 クチュクチュ、クチュクチュ……

「はぁ~ん……せんせい~、そんなぁ……」

「さあ、もえもえ、今からお仕置きをするので覚悟しろよ」

 先生はそうつぶやくと予め準備していたらしき麻のロープを出して来て、私の両手を硬く縛ってしまいました。

「えっ!? SMするんですかぁ……」

 私は少しおびえながら先生にたずねました。

「ははははは、もえもえ、恐れなくていいよ。別に痛いことなんかしないから」
「先生、今日はいつもと違う感じがする……やっぱりちょっと怖いな……」
「心配しなくていいよ」

 先生はそういうと、縛ったロープの端を天井の梁にくくり付けてしまいました。
 脚が床に着いていたから、宙づりってことはなかったけど、両手がピンと真上に張詰めて、脇が少し痛かったでしゅ。

「じゃあ、初めに目隠しをしようか」

 先生はそう告げると私にアイマスクをつけました。

(やだぁ……何にも見えないよぅ……

 突然暗闇に包まれました。

(何か不安だなぁ……)

 その後先生はお尻にチュッとキスをするとやさしく撫でました。

「もえもえはお尻もかわいいね」

 お尻に頬ずりをしながらそっとささやきました。

「もえもえ、お尻をもっとうしろに突き出してごらん」
「恥ずかしいな……」

 視覚を奪われることで、何か大胆になっていく気がします。
 口では恥ずかしいとつぶやきながら、先生の指示どおりお尻をうしろに突き出しました。
 先生はお尻の割れ目に両手を副えました。

(いやだぁ……覗かれてるのかな……?)

 そしてお尻の割れ目を拡げてきたんです。

「やだぁ、恥ずかしいです。先生、覗かないでぇ…」

 私からは見えないけど、きっと恥ずかしい箇所をじっと覗いていたんだと思います。
 大陰唇のふっくらと盛り上がったお肉を撫でてきました。
 突然だったのでギクッとしました。

「陰唇の膨らみ具合がすごくいいね」
「やん、そんなに観察しちゃダメですよ」

 そんなことをささやきながら大陰唇の膨らみを愛でるように撫でています。
 私、いじられるだけで感じてしまって、あっという間に蜜が溢れちゃいました。
 濡れた花びらに指が入ってきて、グチュグチュと音を立ててかき回されています。
 トロトロになるまでかき回されると、今度は小陰唇を拡げてきました。
 それも両手を使って…。

(やだぁ……中を調べているんだ……きっと……)

 ピラピラを指で摘まんだりして、なにか玩んでいるみたいでした。

「あふ~ん、せんせい……ダメだよぅ……」

 私、もう感じちゃって……
 蜜が先程よりたくさん溢れていたと思います。
 もしかしたら太腿まで滴っていたかも。
 あんのじょう……

「もえもえ、蜜がたくさん溢れて来たよ。ちょっと飲みたくなった」

 チュッ……

「いや~ん……」

 唇が割れ目にピッタリとくっつきました。
 最初は軽く吸う程度でしたが、しばらくすると舌で割れ目をこそぐように舐めて来たんです。

「ああん……せんせい、ダメですぅ……はふ~ん……」

 ピチョピチョピチョ……

 猫がミルクを飲むときのような音が聞こえて来ます。
 そうなんです。あの大好きな先生に私のあそこが舐められているんです。

(ああ、しあわせ……先生、私をもっとめちゃめちゃにしてぇ……)

 と言おうとしたのですが、声になりません。
 私、気持ちが昂ぶってしまって……
 その昂ぶりがさらに上昇していきました。

「先生、もうだめ! 私、イキそう……、もういっていい? いっていい……?」
「うん、いつでもイって」

 一言そういうと、先生はまた同じ動作に戻りました。

「ああっ! いやん! イクぅ~、いっちゃう~! ああ、ダメぇ~~~~~!」

 イッたあと、私はその心地よさに酔いしれていました。
 ところがいつの間にか、先生がどこかに行ってしまったようで全く気配がないんです。

(何をしに行ったのかな?)

 少しして戻ってくるとすぐに何か作業を始めました。
 背中をこちらに向けていて、何をしているのかよく分かりません。

(何をしているんだろう?)

 かすかに水をかき混ぜるような音が聞こえてきました。

「もえもえ、お待たせ。準備ができたよ」
「え? 準備って……?」
「うふふ、先程よりもっといい気持ちにしてあげるよ」
「え……? 何それ!? や~ん、冷たいっ!」

 突然あそこに冷たいものを塗られて、驚いた私は思わず大声を出してしまいました。
 なおも先生はあそこを懸命に擦っています。ああ……何かへんな感じ……

「先生、何を塗ったの?」
「ローションだよ。原液は濃いので5倍に薄めてみた。これをもえもえの感じる場所に塗ってマッサージをしてあげるよ。すごく気持ちがいいんだよ」


続く→

戻る→もえもえ 担任(2) 第3話「先生のおうち」

もえもえ 担任 目次


投稿小説一覧