第89夜 なごり雪

なごり雪


 幼い頃母と離別し、父と2人暮らしの浩平。ところが、ツーリングが趣味の父は、バイクで事故死。孤独になった浩平は、高校を中退。母の妹にあたるおばを頼り、上京して自動車工の見習いとして働くことに。対照的に美里は、地元九州の大病院の1人娘で、何不自由なく暮らすお嬢様。小学校の頃、いじめにあっている所を、1級下の浩平に救われてから、仲良く付き合って来たが、浩平が上京する時に告白し、彼女になる。東京の大学に進学した美里は、浩平を訪れて同棲を始めるが。



【登場人物】

♂佐々木浩平・・・22歳。幼い頃母親と離別し父子家庭だったが、父親もバイクで事故死。東京にいるおばを頼り、自動車工見習いとして、住み込みで働いている。

♀桑原美里・・・23歳。九州にある大病院の1人娘。小学校時代、学年は下の浩平に助けてもらい、親しい友達になる。浩平が東京に引っ越す時、告白して彼女になり、東京の大学に進学した。

♀田中真理・・・42歳。浩平の母の妹で、父のツーリング仲間だった正志と結婚した。正志とはSMプレイに興じる、好色な女性。

♂田中正志・・・47歳。浩平の父とは、ツーリングとSMと言う共通の趣味を持ち、親しく付き合っていた。自動車整備工場を自営している。





5.SM調教セックスを見せ付ける変態夫婦(2)(5165字)


 春もたけなわ。ここ東京神田で、俺が居候している田中さん宅では、仲の良いおしどり夫婦の寝室が、異様な熱気に包まれていた。それは男の劣情を煽って止まない、淫靡な光景のせいで、俺は腹の皮を突き上げる勢いで、ドクドク脈動する包茎チンポを宥めようと必死だった。何しろ、スケスケセーラーと言うセックスに特化したようなエロ衣装を着用し、手錠で「ぶら下がり健康器」に拘束された美女は、俺と血のつながったおばさんなのだから。お世話になってるおばさんに欲情し、人の道を外れるような事は、絶対に許されない。


なのに、この「ぶら下がり健康器」を活用した、夫婦の秘め箏を、鑑賞するよう、頼まれてしまったのだ。お世話になってる身で、断るなんてあり得ない。俺は、目の前で責められてる、スケスケセーラーの美女を、本物の女子高生であると妄想しようとした。でも難しい。こんな巨乳巨尻で、男に犯されるのを心の底から願ってるような、エッチな女子高生なんて、いる筈ないじゃないか。


 さて、せっかくの趣向だったが、正志さんは責めるのに苦労していた。何しろ宙吊りにしたのは良いが、おばさんに手が届かないのだ。仕方なく、踏み台に上がり、背後から手を伸ばして、おばさんの乳房を摑み、俺に見せている。彼の両手が、愛する妻の大きくて、奮い着きたくなるような肉塊を、優しく包み込むと、先端の乳首をクリっと摘んだ。そして、おばさんの耳元に息を吹きかけながら、俺に向かって言う。


「真理のやつ、浩平君に見られてるから、メチャクチャ興奮してるな。ほらほら、何だこの乳首は? ビンビンにさせやがって、恥かしくないのか!」
「ごめんなさい。ああ……」


 乱暴な口調とは裏腹に、正志さんの手指は優しく蠢いて、乳首を摘まれたおばさんは、尾を引く悩ましい声を洩らす。俺は本物の性行為が始まる迫力に、目を奪われていたが、無論ただの傍観者じゃいられなかった。


「浩平君。早くリモコンで、真理をイカせてやってくれ」
「は、はいっ! すみません」


 すっかり忘れてたリモコン嬲り。改めて振動レベルを上げていくと、おばさんの股間にピッチリ貼り付いた黒パンツの中から、ブブブとモーター音がはっきり聞こえ始め、おばさんは、宙ぶらりんの両脚を、必死でねじり合わせようと、苦悶する。おばさんは、よほど気持ち良いのか、ウットリと目をつむり、腰を突き出すようにして、悩ましくグラインド。と、黒パンツの脇から液体が溢れ、ツーと太腿を伝い落ちる。正志さんは、乳房を弄る手を黒パンツへと伸ばした。


「オシッコお洩らしか? 全くオマタの緩い女だぜ」
「アン! イジワルう……」


 正志さんは酷い言葉を掛けるが、おばさんは甘く拗ねて見せ、その色っぽさに、胡坐をかいてた俺は、思わず股間に手をやり、チンポをしごきたくなっていた。


「浩平君。遠慮はいらんから、思い切りしごいて、精液出してやってくれ」
「おばさん見て出してくれたら、嬉しいわ……ア、ア、アア……」


 歳を感じさせない美しさのおばさんが、黒パンツから淫汁を滴らせながら、ハッキリ振動音の聞こえる股間の快楽を訴え、アヘ声と共に、宙吊りの両脚を切なくよじり合わせるのは、余りにも魅力的だった。俺がとうとうシコシコしごき始めると、正志さんは黒パンツをずらし、さらに衝撃的な光景が、目に飛び込んで来た。それは本物ソックリのチンポ型。振動するからバイブというやつか。


「真理のやつ、コレをマンコにくわえ込んで、楽しんでたんだ。実はこれには秘密があってな」


 パッと見て、そんなに大きくないな、と失礼な事を思ったのだが、何とこのバイブ、正志さんのチンポで型を取り作った特製品らしい。そういうキットがあるんだと言う。


「ずっと食べさせてるから、すっかり馴染んじまってな。ホラ真理、浩平君に教えてやれよ。お前のマンコは何なんだ?」
「……真理のオマンコは、正志様のおチンポ専用でございます……うああ、イク! イキますう!」

「ははは、クリローターも付いて、天国だろう」


 よく見ると、女性器の隅に貼られた性具がブイーンと振動し、おばさんを喜ばせているようだった。俺の知識では、女性にとって、最も鋭敏な性感帯のクリトリスに違いない。これじゃ、到底ガマン出来るわけはない。ところが、もっとイヤらしい仕込みまで、あったのだ。正志さんは、何ともう1本のチンポ型を引きずりだして、俺に見せる。


「真理はこちらのチンポにもメロメロなんだ。これはどこに入ってたんだ? 浩平君に教えてやれよ」
「……オシリノアナよ」
「どこが一番気持ちいいんだ? 正直に言え」
「……オシリノアナ」
「ははは、このど変態!」


 尻穴の感じ易さを、恥ずかしそうに打ち明けたおばさんは、めちゃくちゃに色っぽく、俺は射精しないよう、手の動きをセーブせねばならなかった。なのに正志さんは、2本のチンポ型バイブを再び前後ホールにくわえさせると、黒パンツもピッチリはかせてしまう。まるでオシッコみたいに淫汁を垂れ流しながら、妙齢の美女が見えない性具に責められて悶絶し、泣きながら「イキます!」と何度も絶頂を晒すのは、破壊力抜群の眺め。正志さんもおばさんをからかい、「この変態!」と嘲りながら、パンパンとお尻を叩く。すると一段と強烈な尻穴アクメで、「イキますううっっ!!」と絶叫するのだ。俺はもう我慢を放棄し、シコシコとチンポをしごいていた。程なく、大量のザーメンがビューッ! と噴出。余りにも気持ち良くて、おばさんをおかずに射精してしまう罪悪感は吹き飛んでしまってた。


「浩平君、たっぷり出せたみたいだな。良かったよ。真理も、お礼を言いなさい」
「おばさん見て射精してくれたのね。ありがとうございました」
「ついでに、真理を下ろすの、手伝ってくれないか。これじゃ、ヤル所を見せてあげられないからな」


 いつの間にか狂乱の時は過ぎ、平静な口調の夫婦に、大量射精を見られていたと思うと、メチャクチャに気恥しい。いよいよ性交場面を見せてやろうとは、とんでもない変態夫婦だったが、射精してしまった以上、手伝わないわけにはいかなかった。俺より背が低い正志さんと協力し、おばさんを下ろすと、押し入れから敷布団を出す。それが習慣なのか、おばさんの両腕を背中に回すと、ガチャリと手錠を掛けてから、仰向けで布団に寝かせた。


「パンツを脱がせるから手伝ってくれ。ヤルわけじゃないから、いいだろう?」


 さっき夢中で射精してしまった時点で、覚悟は出来ていた。正志さんが黒パンツを脱がし、おまんこを占拠しているバイブを抜くよう言われたので、俺は手に持った。


「女は入れる時より感じるらしいから、ゆっくり抜いて、楽しませてやってくれ」
「そうよ。お尻にもチンチン入ってるから、ズリズリ擦れて、最高に気持ちいいの。そうそう、ゆっくり抜いてね、気持ちいいわあ! アッ! アッ!……すっごく上手よ、おばさん、イッチャッタ」
「やるじゃないか。浩平君、良かったら、真理の口を使って構わないぞ。こいつ、精液が大好物なんだ」
「いや、それは、さすがにマズイでしょう」
「おばさんじゃ出ない? 飲ませてくれたら、嬉しいわ」


 出ないどころか、バイブ抜き取りでおばさんをイカせてしまい、俺のチンポは、さっき大量射精したのがウソみたいに、猛烈な勃起を見せていた。体の奥から込み上げて来る射精欲求も強烈で、ついおばさんの口で抜いてもらう誘惑に負けそうになっていた。だが俺は本能に抗い、ここで踏み止まった。口で抜いてもらったら、後はなし崩しに、禁断の近親相姦まで一直線に決まってる。


「なあ、浩平君。夜の営みを見せ付けるなんて、とんでもない変態夫婦だと、思ってるだろう?」
「でもね、こんなの見せるのは、浩平君だからなの」
「は、はあ、そうですか」


 いよいよ性交を始めようと言う時になって、思いも寄らない事を言われ、俺はマヌケな言葉を返していた。一体この人達は何を言いたいのだ? 俺は彼らの真意が読めず、予想も付かなかった。


「俺達は結婚してもう長い。なのに子供が出来ないんだ。避妊してるわけでもないのに」
「正志さんの精液を調べて貰った事があるの。そしたら正常だった。私が悪いのかも知れない」


 それはお気の毒と思ったが、俺には何も言えない。そして、セックスを始める前に、2人の話は予想外の方向へ向かう。


「だからこの話を聞いて、2人で決断したんだ。浩平君をわが家で引き取ろうと」
「おばさんにとって、あなたは息子みたいなものなのよ。とっても、かわいいの」
「俺もだ。浩平君が来てくれて、凄く感謝している。子供が出来ない真理の夢を、叶えてやってくれないか」
「おばさんを母さんだと思って、甘えて頂戴。だから、あなたに見せてアゲルの、私たちのセックスを」
「子供のいない変態夫婦の、精一杯なおもてなしだと思ってくれ」


 もうとんでもない理屈で、見せたがりな変態夫婦の言い訳に過ぎない気もした。だが俺も、しっかり見るしかない、と覚悟を決める。エッチビデオじゃ見慣れているが、何を隠そう、本物のセックスを見るのは、生まれて初めてなのだ。期待でウズウズと勃起し、猛烈に出したがってるチンポの欲求も、遠慮なく果たさせてもらう。それが、彼らの希望でもあるのだから。


 そして、おばさん夫婦の緊縛セックスが、いよいよ始まった。おばさんの上になり、唇を合わせた正志さんが、雄大な両乳房を摑んで体をずらし、おばさんの股間に顔を埋めると、たちまちおばさんは、大音量で歓びを訴え始める。クリトリスを吸われたおばさんが、イク! とアッサリ気をやると、正志さんはチンポを挿入して、リズミカルに出し入れを始めていた。おばさんの歓びようは手放しで、初めゆっくりとした出し入れが、10数回を数えただけで、いきますう! と絶頂を告げる。これが何度も繰り返され、絶頂するおばさんの愛らしさに、俺は射精し、ザーメンをまき散らしていた。


 おばさんが5回目のアクメを迎えた頃だったろうか。出し入れのスピードが速まり、より激しい獣のようなセックスに、変っていった。力を振り絞った正志さんが、ズンズンと腰を打ち付け、おばさんは「イク!」と叫んでは、ブシャッと潮を吹き上げまき散らす。正真正銘の大人のセックスで、その迫力に俺もさらなる射精を果たしていた。


 それにしても、二人の耐久力は凄かった。一体何度アクメすれば終わるんだろう、俺は常識を書き換えられるような、長時間セックスに、ただ茫然と眺めるばかりになっていた。そんな時、夫婦に呼ばれて、俺はぎくりとした。


「浩平君。そろそろ終わるから、こっちに来てくれないか」
「ねえ、まだ出せる? 良かったら、おばさんの顔に掛けてよ、お願い!」


 せっかくのおばさんの願いだったが、明らかに無理だった。仕方なく、だらしなく萎れたチンポを手に持って、俺は夫婦の元へ向かう。長時間セックスを果たした中年夫婦に、笑われそうで情けなかったが。何しろこの二人より、俺は親子ほど年下なのだから。


「やっぱり、もう出すのは無理かい?」
「すみません、だらしなくて」
「大丈夫よ。おばさんの口に入れて。元気にしてあげる」


 この二人よりはるかに若いのに、射精出来ない事に罪悪感を覚えていた俺は、とうとう禁断の領域に足を踏み入れてしまう。正志さんに「皮は剥いた方がいいぞ」と実用的アドバイスをもらい、包茎チンポを、真理おばさんの、真っ赤なルージュを引いた唇にそっと含ませた。


「うおっ!」


ーー何だコレは?! おばさんの唇が猛烈に吸い付いてきて、舌が軟体動物みたいに、チンポに這い回って来る!


 初めて経験したフェラチオは、ビックリするくらい心地良い感触で、俺は思わず声を出して呻いていた。これが大人の女性のテクニックなのか、おばさんの舌が、包茎を剥いたチンポを這い回り、胴体と亀頭の継ぎ目のミゾまで舐められると、ゾクゾクする快感が背筋を走った。全くのフニャチンだったのに、回復するのが感じられる。おばさんは両手を縛られてるにも関わらず、器用にも玉袋を口に含み、さらに荒業を繰り出して来た。玉袋を口に含んだまま、伸びて来た舌が、ニュルンと尻穴に侵入して来た時、覚えてしまったアブない快感を、俺は一生忘れられないだろう。


「女の子も、男の子も、オシリノアナが一番感じるのよ。ほう~ら、元気一杯になっちゃった」
「どうだ? 真理は上手だろう? コイツにしゃぶられて、勃たない男はいないな」
「さあ、セックスを続けるわ。浩平君も気持ち良く射精して、おばさんの顔に掛けてね」


 ここまで御膳立てしてもらい、逃げるわけにはいかなかった。俺は覚悟を決めて、二人のセックスを見物しながら、懸命にチンポをしごき、ごく少量だったが、精液をおばさんの顔に浴びせる事に成功したのだった。


続く→なごり雪 6.変態おばの近親相姦逆レイプ筆おろし


戻る→なごり雪 4.SM調教セックスを見せ付ける変態夫婦(1)


なごり雪 目次


プチSM千夜一夜ものがたり第5期