第89夜 なごり雪

なごり雪


 幼い頃母と離別し、父と2人暮らしの浩平。ところが、ツーリングが趣味の父は、バイクで事故死。孤独になった浩平は、高校を中退。母の妹にあたるおばを頼り、上京して自動車工の見習いとして働くことに。対照的に美里は、地元九州の大病院の1人娘で、何不自由なく暮らすお嬢様。小学校の頃、いじめにあっている所を、1級下の浩平に救われてから、仲良く付き合って来たが、浩平が上京する時に告白し、彼女になる。東京の大学に進学した美里は、浩平を訪れて同棲を始めるが。



【登場人物】

♂佐々木浩平・・・22歳。幼い頃母親と離別し父子家庭だったが、父親もバイクで事故死。東京にいるおばを頼り、自動車工見習いとして、住み込みで働いている。

♀桑原美里・・・23歳。九州にある大病院の1人娘。小学校時代、学年は下の浩平に助けてもらい、親しい友達になる。浩平が東京に引っ越す時、告白して彼女になり、東京の大学に進学した。

♀田中真理・・・42歳。浩平の母の妹で、父のツーリング仲間だった正志と結婚した。正志とはSMプレイに興じる、好色な女性。

♂田中正志・・・47歳。浩平の父とは、ツーリングとSMと言う共通の趣味を持ち、親しく付き合っていた。自動車整備工場を自営している。





17.プチ野外露出調教デート(2)(3672字)


 今俺は。繁盛してるファミリーレストラン「サンデーサン」の店内で、露出過多な衣装の美里と、スリル満点な露出調教デートを楽しんでいる。性感帯に仕込まれた、リモコン調教具の快感が募り、中座してトイレに逃げようとした美里。俺は彼女を逃がさず、トイレに同行すると、強引に男子トイレに連れ込んだ。勃起チンポを見せると、美里は嬉しそうにむしゃぶりついて、口で射精処理。お返しに、リモコンでアクメに導いてやった。

 更にセックスをせがむ美里をなだめ、席に戻ると、注文していた日替わりランチは届いていた。同席の男子高校生4人組は、食事を済ませたようだが、見せたがりの痴女に見えるだろう美里に期待して、まだ席を立つ気配がない。ならば、その期待に応えて、美里の恥ずかしいリモコンアクメを、楽しませてやろうじゃないか。

 ガッツリ抜いたおかげで、異常な興奮が治まり、余裕の出来た俺は、高校生達に話しかけてみた。

「君たち、受験生かい?」
「は、はい」
「駿台予備校に通ってます」

 どうやら、俺の見立て通りだったらしい。

「コイツ、俺の彼女なんだけど」

 美里は、突然知らない高校生に話しかけた俺に戸惑い、料理にも手を付けず、固まっていた。普段の俺は内向的だが、美里を辱めるため、頑張って話し掛けてるのである。俺の話は、更に過激な内容に暴走する。美里にとっては悪夢かも知れないが。

「君たちと歳は同じくらいだよ。見て、どう思う?」
「と、とてもキレイだと、思います!」

 お調子者らしい、ひょろっとした男子が、慌てて言う。

「お世辞は言わなくていいよ。コイツ見せたがりの変態なんだ。露出狂って言うのかな」

 美里は真っ赤になって俯き、今さら胸を抱き、ミニスカの乏しい裾を抑えている。

「コラ! 隠しちゃ駄目だ。頑張ってる受験生さんに、見せてあげなさい」

 俺がわざとらしく、日替わりランチを食べ始めると、美里も観念し、隠すのを放棄して、料理に手を付けた。高校生達は、美里の豊満な乳房が揺れるのに、目を奪われてるようだ。俺は、リモコンを取り出し、説明を始める。

「乳首に何か着けてるのが、透けて見えてるだろう? 実は、股間にも仕込んであるんだ。このリモコンで、ブルブルと振動させれば、イチコロさ。おい美里、お前がイクところを、よく見てもらうんだぞ。イッタら、ちゃんと報告しなさい」

 こうして、固唾をのんだ男子高校生4人組が凝視する中、美里は公開アクメプレイに挑む。とにかく、セーラー服の胸元が透けて、ノーブラでほとんど丸わかりの乳房が圧巻だった。先端の乳首がローターの振動に責められ、快感が募った美里が、ワナワナと揺さぶる巨乳は、迫力満点。おまけに、貞操帯の内部では、彼女のもっと弱い性感帯である、クリちゃんと、お尻の穴にローターが仕込んであるのだ。美里がオシッコを我慢するように、切なく腰を揉み、悶絶してるのも、しっかり観察されてる。美里は時折、箸を休め、迫り来るアクメの予感に、ハアハアと熱く淫らな吐息を吐くのだ。

「ンン!!」

 そして、悶絶していた美里の我慢が限界を超え、一瞬固く目を閉じると、ナイフとフォークを置く。ウッと呻くと、ピンと背筋を反らして天を仰ぎ、カラダがワナワナと激しく震えおののいた。美里が恥ずかしいアクメを迎えてしまったのは、誰の目にも明らかだったが。俺はリモコンを一旦切って、美里を咎める。

「コラ! みんなにちゃんと報告する決まりだぞ」
「……イッチャイました」
「次はもっと大きな声で言うんだぞ」
「……そんな、ひどい。アア……」

 恨み言を口にした美里だが、リモコン嬲りを再開すると、すぐに悩ましい鼻声を洩らし始め、揺らしてしまう胸と、モジモジ揉む腰が恐ろしく卑猥であった。高校生達は皆無言で、熱い視線を露出過剰な美里に送り、座り心地が悪そうだ。恐らくチンポが強烈に勃起して、せんずりたいのに違いない。そして美里が次のアクメを迎える。その宣言はずっと大声で、聞いてる方が恥ずかしくなるくらいだった。ヨシヨシ、調教は順調だな。

「イキますう!!」
「恥ずかしい女だな」
「イジワルう」

 美里の絶頂宣言を機に、高校たちも、腰を上げる。

「すみません。講義が始まるので」
「レシート置いてきなよ。観客代だ」
「ありがとうございます!!」
「美里。見てくれたお礼を言いなさい」
「……ありがとうございました」

 美里はまだ食べ終わってないが、俺達も店員の好奇な目線を無視して、「サンデーサン」を後にした。次に向かったのは、映画館。「セーラー服と機関銃」と言う、大ヒット映画が掛かっている。別に俺達がセーラー服で露出プレイしてるからではないが。
title-752


 映画館まで、俺は美里と手を繋いで歩いたが、嬉しそうに身を寄せて来るので、繋いだ手を放してお尻を触る。

「ココにもローター入ってるんだな。映画館でタップリ楽しませてやるよ」

 リモコンのスイッチは切っていたが、性感帯に密着して離れないローターが、十分彼女をアクメに導く能力がある事は、ファミレスプレイで実証済みだ。今度は誰かに見てもらう事は期待出来ない。俺は映画館の真っ暗な場内を生かしたプレイを考えていた。

 この映画が封切られたのはずいぶん前で、ロングラン上映中。今は結構空いてるらしいと言う情報を、おばさんや正志さんから聞いていた。今から試みる刺激的なプレイも、やった事がある、と2人から勧められたのだ。さすがSM好きな変態夫婦。俺も先輩に習って挑戦する。

 恋人のお尻を触りながらエスコート。周りからジロジロ見られても、もう俺は気にしない。何しろ美里自身が、ちっとも嫌がってないんだから。それどころか、身をピッタリすり寄せ、大きな乳房や股間まで触って欲しそうな勢いである。あいにく俺には、白昼堂々痴漢行為を働く勇気はない。

「ちょうど良い時間に着いたな。入ろうぜ」

 もちろん予め、そうなる予定で動いている。前回の客が一斉に出て、客の入れ替え時間に、俺達は急いで入場した。200席くらいの場内は、どこに座っても良い状態だったが、俺は最後列の一番端に美里と並んで席を取る。恐らく他の客も離れて座ってくれるだろう。暗がりで美里に仕掛けるプレイも、堂々と出来るに違いない。

「この映画、見た事あるのか?」
「ないけど。薬師丸ひろ子だよね」

 上映を待つ間、つまらない話をする。薬師丸ひろ子と言えば、おばさん夫婦に美里はどんな子かと聞かれ、似た芸能人はいないかと考えた候補の1人である。改めてマジマジと見つめると、俺の彼女の方がずっと魅力的だと思った。何より胸と尻が、美里はデカイのだ。

 いよいよ場内が暗くなり、俺は行動を始める。

「両手を背中に回せ」

 そう耳元で囁くと、大人しく従う美里に手錠を掛ける。さらに、首輪を嵌めて、リードを座席に繋ぐと、美里は不安でカラダをおののかせたようだ。何しろ真っ暗だから、わずかな非常灯の明かりで判断するよりないが。

ーーこれ、さすがに変な事してちゃ、バレるよな。やっぱ、目隠しもしてやろう

 完全な真っ暗闇じゃないので、美里の目にタオルを巻いて、視覚を奪う。目隠しが性感を高めるのは、SMプレイの常識だ。それから、おもむろにリモコンを取り出し、気持ち良いローターの振動を味合わせてやる。十分に感じるけど、イケない程度に調節した。

「トイレに行って来る。いくらイッテもいいぞ」
「……イヤ! 行かないで」

 もちろん、上映中にトイレに立つような、マナーの悪い事をするつもりはない。美里の懇願を無視して席を立つと、少し離れた所から観察する。ところが真っ暗なので、結局妄想をたくましくするよりない。性感の研ぎ澄まされた美里は、どうしようもない快感が募り、イキそうになって悶々としている ー 俺はもう我慢出来ず、マヌケな自覚はあったが、ズボンに手を入れてシコシコとせんずっていた。

 出してしまうと処理が出来ない。何とか理性の働いた俺は、自慰行為を中断し、美里の様子を窺った。そして30分が経過した頃、俺は歩く音を立てぬよう、密かに席へ戻り、美里の背後に立った。後ろから手を伸ばし、ノーブラの乳房に触れると、ビクンと大袈裟な反応を見せる美里。中途半端なローターの振動が伝わる乳首を指股に挟みつつ、両乳房をヤワヤワと揉むと、美里は呆気なく昇り詰め「イク」と小声を発していた。

「知らない男だったら、どうするんだ」
「ごめんなさい」
「まあいい。イカせてやるから、ここで抜いてくれ」

 トイレでのプレイと同じだったが、上映中の映画館と言うスリルは格別だった。座席に深々と腰かけた美里が、貞操帯内部のローターに責められ、腰を突き上げるようにアクメすると、アーンと口を大きく開く。俺はギンギンのチンポをねじ込むと、遠慮なくブシャッと射精。俺に頭を抱えられた美里は、射精の後始末にいそしむと、喉を鳴らしてゴクリと飲み下す。

 まだ上映中だったが、手早く美里の拘束を解くと、映画館を出た。ピタリと寄り添った美里のお尻に触れつつエスコート。周囲の目を気にしない俺達は、幸せなカップルそのものであった。


続く→なごり雪 18.プチ野外露出調教デート(3)



戻る→なごり雪 16.プチ野外露出調教デート(1)


なごり雪 目次


プチSM千夜一夜ものがたり第5期