お早うございます、二次元世界の調教師です。久しぶりに自作の詰将棋ブログを更新しました。
沢山捨てて清涼詰(13手)
【解答】3五桂・同香・3四銀・1四玉・2三銀打・同銀・2四角成・同銀・1二飛成・同香・3二角・1三玉・2三角成まで13手





☆3二飛が浮いてるので、4三にも利かせながら、拠点の銀を設置する。5手目からの連続捨駒が狙いだが、7手目の角成り捨てが、同玉なら3三飛成を見せた味の良い決め手。以下飛車も捨てて攻め方2枚の清涼詰となる。