第89夜 なごり雪

なごり雪


 幼い頃母と離別し、父と2人暮らしの浩平。ところが、ツーリングが趣味の父は、バイクで事故死。孤独になった浩平は、高校を中退。母の妹にあたるおばを頼り、上京して自動車工の見習いとして働くことに。対照的に美里は、地元九州の大病院の1人娘で、何不自由なく暮らすお嬢様。小学校の頃、いじめにあっている所を、1級下の浩平に救われてから、仲良く付き合って来たが、浩平が上京する時に告白し、彼女になる。東京の大学に進学した美里は、浩平を訪れて同棲を始めるが。



【登場人物】

♂佐々木浩平・・・22歳。幼い頃母親と離別し父子家庭だったが、父親もバイクで事故死。東京にいるおばを頼り、自動車工見習いとして、住み込みで働いている。

♀桑原美里・・・23歳。九州にある大病院の1人娘。小学校時代、学年は下の浩平に助けてもらい、親しい友達になる。浩平が東京に引っ越す時、告白して彼女になり、東京の大学に進学した。

♀田中真理・・・42歳。浩平の母の妹で、父のツーリング仲間だった正志と結婚した。正志とはSMプレイに興じる、好色な女性。

♂田中正志・・・47歳。浩平の父とは、ツーリングとSMと言う共通の趣味を持ち、親しく付き合っていた。自動車整備工場を自営している。





29.奴隷妻、涙の告白(2520字)


 1年の初めにやるセックスを、姫初めと言うらしい。 俺の今年の姫初めは、1月7日。九州に里帰りしていた最愛の奴隷妻、美里が帰って来た日である。俺に絶対服従を誓った美里は、カラダの相性が抜群で、精神的にも、互いに浮気など絶対考えられない、強い心の絆があるのである。俺はだから、年が明けてから1週間、浮気どころか、勃起すらしなかった。インポになったかと疑うくらい、驚異的な禁欲ぶりだが、俺は慌てなかった。最高の女が待ってるのに、勃起するわけがないのだ。そして、俺は正しかった。

 
「ごめんなさい。少し遅くなりました」


 待ち焦がれていた、美里の声が聞こえただけで、現金な事に、俺のチンポはムクムクと本来の姿に戻り始めていた。美里はいつになく落ち着いており、持参した晴れ着に着替えるため、「両親」に縄掛けされるのにも、無言で唯々諾々と従った。柔肌にキリキリ食い込み、性感をかき乱す亀甲縛りと股縄緊縛が出来上がるのを見ながら、俺は股間を猛烈に猛らせていた。
 


BA8CE6AC

 遅い初詣を終え、即座に抱いてやった。無言だが、いつになく情熱的な美里は、俺の初精子を、口で搾り取ると、後ろ手拘束をものともせず、俺を押し倒して騎乗位でガンガン腰を上下に動かす。「何かあったのか?」と俺が問い掛けると、本当の事を言うしかない、絶対服従な立場の美里は、涙をボロボロこぼしながら、衝撃の告白を始めた。



「……1年で学校をやめて、帰って来なさいって……」


 短大に通ってる美里は、少なくとも来年までは、東京で一緒に暮らしてくれると信じていた。もう次の正月を迎える事は出来ないと言うのか。俺は、東京に進学する事を許しながら、退学させて帰郷を要求する、彼女の親の理不尽さに、怒りを覚えていた。それでも相性抜群で、俺のチンポに軟体動物のように絡み付いてくるマンコを、激しく動かされ、一発抜いたのが信じられない大量の精液を、搾り取られてしまう。



「何でお前の親は、急にそんな無茶を言い出したんだ?」


 ひょっとしたら、過酷な現実を思い知らされるだけかも知れない。そんな怯えを覚えながら、俺は問い質さずにはいられなかった。


「……父が年末に健康を害し、正月は入院して迎えたんです……父は、わしの目が黒いうちに……」


 言いたくない事を語る時、美里は、下の口の方が雄弁になる。俺が無理矢理聞き出した事情を、辛そうに語る美里は、女性器が俺のチンポに訴えるかのように、必死で締め付けて来た。それは美里のマンコが発したSOS。「嫌よ、これ以上言わせないで」。だが、優秀で、貪欲に俺の精液を搾取するマンコも、俺の決意を挫く事は出来なかった。真実を知りたい。それが偽らざる俺の本心であった。涙にむせび、これ以上語れなくなった美里を、俺は冷酷に追及した。それが破滅に向かう予感を、十分に抱きながら。


「結婚しなさい、と」

「何だって!」


 思わず声を荒げてしまう。途端に美里のマンコは締め付けを強め、俺のチンポに切なく訴えかけて来る。俺はこれ以上精子を奪われぬよう、尻の穴に力を入れてこらえながら、努めて冷静に考えを巡らせた。なぜ父親が急に結婚を迫るのか? まさか今から見合いして、相手を探すわけではあるまい。俺は何とも辛い結論をくだし、ゆっくりと口を開いた。


「相手はもう決ってるんだな? 本当の事を言うんだ、美里!」
「ごめんなさい……ごめん……」


 大粒の涙をボロボロこぼし、謝罪の言葉を口にする美里が、それすら言葉に出来なくなり、むせび泣き始めた。もう彼女のマンコは鬼気迫る勢いで、必死に俺のチンポにしがみ付いて来る。泣き崩れる美里をなだめるため、俺は尻穴の力を緩め、本能のまま射精した。こんなに出してしまったら、流石に健康を害する危惧を覚えたが、彼女を楽にしてやれるなら、本望だ。美里のすすり泣きが一段落した頃、俺はゆっくり口を開いた。


「さあ、もう言えるかい? 本当の事を言ってごらん」
「……小さい頃、親が勝手に決めた許嫁がいるんです。でも、まさかそれが本当になるなんて、思ってなかった……」


「ごめんなさい」を何度も繰り返し、なかなか本題に入らない美里。俺は辛抱強くセックスを続けながら、とうとう、まさかの真実を聞き出してしまった。それが、次のような内容である。


 その男の名前は、桑原良男。美里のいとこにあたり、すでに桑原病院で勤務して、若先生と呼ばれているらしい。すなわち、既に後継者と目されているわけだ。後は、一回り歳の離れた美里と入籍するばかりなのだ、と言う。


 美里は、この男を「お兄ちゃん」と呼び、幼い頃から慣れ親しんでいた。遊んでもらったり、勉強を教えてもらったり。母親から、大きくなったら、「お兄ちゃん」のおヨメさんになるのよ、と言い聞かされ、小学校時代の美里は何ら疑う事もなく、そのつもりだった、と言う。


 俺が美里に出会ったのは、小学校高学年。美里は、超エリートである許嫁の「お兄ちゃん」と、正反対な境遇の俺に、なぜか惹かれてしまった、と言う。「自由に生きてる」俺が、羨ましかったそうだ。


「その、良男だっけ? 『お兄ちゃん』ってどんな奴なんだ? 正直に言って見ろ」
「とても頭が良くて、優しい人よ。悪い人じゃない」
「俺と正反対じゃねえか! お前、ホントに結婚しちまうのかよ」
「小さい時は、そう思ってた。でも今は……浩平と一緒にいたい」


 美里のマンコが、俺の出がらしみたいなチンポを、必死で締め付ける。精を搾り尽くされた俺のチンポが、辛うじて勃起を維持してるのは、献身的な美里のマンコのおかげだ。とっくに萎れててもおかしくないチンポを、死に物狂いで奮い立たせてる俺は、優しくマンコで包み込んで来る美里と、努めて冷静に話してるつもりだった。


「当たり前だろ。お前は、俺に絶対服従の奴隷なんだからな」
「はい、そうです。ご主人様」
「俺の前から、勝手に消えるんじゃねえぞ!」
「はい! 嬉しい…...」


 もう泣き崩れて言葉にならない美里と繋がったまま、優しくポニーテールを撫で付けてやる。学年が終わる3月までは、まだ間がある。たとえ終わるとわかっていても、今は全身全霊で美里を愛してやろう。そう決意を固めた俺は、まだ考えが甘かった。



続く→なごり雪 30.許嫁との対決


戻る→なごり雪 28.晴れ着で調教される奴隷妻の憂鬱


なごり雪 目次


プチSM千夜一夜ものがたり第5期