第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第1章、大地~恥獄に堕ちる美少年剣士


1-2.果し合いに敗れ、お仕置き開始(4825/9334字)


 翌朝目覚めた僕は、いつになく強烈な勃起を示すペニスに戸惑い、つい股間に手が伸びてしまいました。台所からは、姉上が朝食の支度をする音が、聞こえて来ます。


ーー姉上、申し訳ございません。こんなに朝勃ちしてては、とても我慢出来ないのです。


 姉上は、毎晩のようにこんな悪癖に耽ってる、けしからぬ弟に気付いていらっしゃるのでしょうか? 僕はもちろん、寝室が一緒で2階にある姉上や母上とは別に、1階に狭いながら部屋を与えられています。枕元に置いたティッシュの箱を確認すると、僕は朝っぱらから、猛然といきり勃つ肉塊をなだめようと、ゆっくり手でしごき始めました。包茎なので、包皮ごとにしごく動きは滑らかです。すぐに快感がせりあがり、僕は尻穴を緩めて、欲求に身を任せます。


ーー姉上っ! うおっ!


 妄想の中の姉上は、いつもなら清楚な純白の下着姿なのに、昨夜から下品な原色の桃色です。そう、ラブレターを寄こしたと思われる、あの「キョウコ」さんが、見せ付けて来た下着の色です。一瞬ですが、ウンコ座りしてパンツをだらしなく見せている「キョウコ」さんが浮かび、僕は慌てて姉上に置き換えます。その結果、絶対あり得ないポーズの姉上を妄想してしまい、せっかくの射精に水を刺される気分でした。それなのに、射精量は、朝とは思えぬくらい大量。僕は、早朝から食事の支度をやって下さる姉上に、心の中でわびながら、ティッシュペーパーの箱に手を伸ばしました。
4



「姉上」
「なあに」
「いえ、何でもありません」
「早いとこ食って、朝練行って来な」


 僕は一体どうしちゃったんでしょう? 姉上と向き合い朝食を取ってるだけで、ドキドキしてしまうんです。もう完全に姉上を好きな異性として意識していました。実はラブレターの件で、もう一度アドバイスを頂きたかったんですが、何も言えませんでした。ああ、この時もう一度「無視しなさい」とおっしゃっていれば、あんな事にならなかったのに。僕は、姉上の美しいお顔を見ただけで、常軌を逸したチンポが猛然と復活し、驚いて何も言えなかったのです。さっきあんなに沢山出したばかりなのに。姉上に対する恋心に気付いてしまった僕は、ケダモノ並みの欲情をしてしまうのでした。行こうか、行くまいか。僕は結局心の整理が付かぬまま、学校へ向かいました。


 さて煩悩を振り払うため、朝練に打ち込んだ後、僕は自分の教室に向かいます。すると、何と言う偶然か、教室に入る時、キョウコさんとばったり会ってしまったのです。彼女はいつものように、パンツが見えそうなミニスカに、胸元がユルユルのだらしない恰好でした。


「お早うございます」
「あ、ああ、オハヨ」


 僕は普通に挨拶したのですが、不機嫌そうな彼女も口を開きます。もしかすると、入学以来彼女の声を聞いたのは初めてだったかも知れません。すると、朝練で収まっていた股間が、又もやムクムクと膨張してしまいました。


ーー今日は何色のパンツをはいてるんだろう?


 挨拶を交わしただけで、そんな事が頭に浮かぶ僕は、全くどうかしていました。そして、その瞬間、ラブレターに無視を決め込むと言う選択肢は、消えてしまいました。それが、姉上のアドバイスだったにもかかわらず。真面目で清楚な、僕にとって理想の女性である姉上と正反対。だらしない服装で、下着を露出させ、授業もロクに受けず、素行の悪い不良少女ですが、キョウコさんは、僕の事を好きだと言ってくれたのです。やっぱり無視してしまうのは、人の道に外れてる、と僕の良心が訴えました。そして、いつになく強烈な勃起が治まらないのも、この重大な判断ミスの原因でした。


 窓際の一番前である僕の席に対して、キョウコさんの席は、廊下側の一番後ろ。つまり対角線で、最も距離が遠く、同じクラスなのに、これまで全く意識していなかったのも道理です。でもラブレターを貰ってしまい、僕はどうしても彼女が気になって仕方ありませんでした。それとなく視線を送ると、彼女はだらしなく脚を開いて座っており、見えてしまいそうでドキドキし、慌てて視線を逸らす始末。午前中何度か、トイレで出してしまおうか、と誘惑にかられる程でした。


 そして昼休み。彼女は不良仲間の男子達と連れ立って、教室を出て行き、もう授業には戻りませんでした。昼から登校して来た昨日と逆で、今日は昼からサボってるんでしょう。


ーー今日の放課後に、返事を待ってるんだよな?


 僕の決意は又もやぐらつきそうでしたが、やはり異常な股間の昂ぶりが、判断力を鈍らせたんでしょう。僕はとうとう、彼女が指定した体育倉庫に向かってしまいます。この学校の体育館には、新しく立派な用具倉庫があり、普段屋外の体育倉庫を使う事はありません。古くなって使い物にならない用具が納められ、ほとんど廃品倉庫なんだ、と剣道部の先輩から聞きました。場所的にも、少し離れた草地にあり、校内で最も人目に付かない建物でした。不良のたまり場で、タバコを吸ってるらしい、と言う噂もありました。冷静に考えれば、そんな場所に行くなんて、絶対に無謀な、ヤバい話だったのですが。


ーー本当に草ボウボウで、学校を探検してるみたいだ。キョウコさん、こんな場所で待ってるのか?


 何を隠そう、実際に見るのは初めてだった体育倉庫は、叢に隠れてるような、ボロボロの小屋でした。そしてたどり着いた小屋の外には、キョウコさんがいました。見事なウンコ座りで、ばっちりパンツを覗かせながら。


ーー今日はブルーか。この方がカワイイかもな


 キョウコさんは、僕に気付くと、ニコリと笑顔を見せます。「ニヤリ」と見えた気もしますが、気のせいでしょう。僕の方から声を掛けます。


「あ、あのう、キョウコさん?」


 再び「ニコリ」の筈なのに「ニヤリ」と見える笑顔を見せるキョウコさん。僕は一気に用意していた断りの言葉を吐き出しました。


「手紙くれてありがとう。だけど、ごめんなさい、僕には好きな人がいるんです」
「手紙?」
「いや、あの、ラブレター」


 キョウコさんが不審な顔をした時点で、逃げるべきでした。不用意に「ラブレター」などと口にした瞬間、小屋の中でタバコを吸っていた男子達が、一斉に姿を現したのです。皆、髪の毛に部分的に色が入っており、ブレザーの制服をだらしなく気崩した不良達でした。気が付くと僕は、彼らに取り囲まれ、逃げようとすると、相撲取りみたいな巨漢に羽交い絞めにされていました。


「止めて下さい」
「おい、コウイチ。逃がすんじゃねえぞ。諦めな、大地君。こいつ、頭のねじは緩いけど、馬鹿力だからな」
「どうして僕の名前を……」
「さあな。とにかくお前はキョウコのラブレターを真に受けて、こんな場所に、ノコノコやって来たわけだ」
「キョウコ、さん?」
「この子、マジで剣道強いみたい。いい男だしねえ、モテて仕方ないんじゃないの」
「キョウコ! てめえ、浮気するんじゃねえぞ」
「ヤスオ。アタシ別にアンタの女じゃないんだけど」
「おお、ワリイ。キョウコは俺達みんなとヤリまくってる、ヤリマンビッチだもんなあ」
「この子だって、チンポの具合が良かったら、仲間に入れてアゲルわよ」
「良かったな。不良仲間に入れてくれるってよ」
「…...遠慮します」


 僕は馬鹿力のコウイチに動きを封じられ、恐怖を覚えながら、不良達を観察していました。リーダーらしい「ヤスオ」は、小柄で強そうには見えません。僕を羽交い絞めしてる「コウイチ」は、背は低いのに、相撲取りみたいな肥満体。涎を垂らして、精神異常者っぽく見えました。キョウコさんは言わずもがなですが、もう一人ここまで無言の男がいました。彼は不良にしては筋骨逞しく、肉体労働者のイメージで、これだけいたら、僕はとても歯向かう気になれません。


「大地君よお。黙って帰すわけにゃ、いかねえな。タバコ吸ってた事を、先公にチクるかも知れねえし」
「……絶対人には言いません。約束します」
「んなもん、信用出来ねえな。キョウコに色目使いやがった罰だ。俺達と勝負しろ。果し合いだ」
「ごめんなさい。僕喧嘩なんか出来ません」


 情けないのですが、僕は青くなって、ガタガタ震えが止まりませんでした。4人を相手に喧嘩なんて、絶対半殺しにされるに違いありません。そもそも気の弱い僕は、殴り合いの喧嘩自体、経験した事がありませんでした。


「何ビビってんだ。ションベン洩らすんじゃねえぞ」
「安心しろよ。大人数でボコったら、一発で退学だからな。1対1で、俺が相手してやるよ」


 これまで無言の男が初めて口を開き、ボクシングみたいな構えを取っています。いかにも喧嘩慣れして強そうでした。やっぱり僕は、生きた心地がしません。土下座して謝ろうかと、本気で思いましたが、羽交い絞めされてて、それすら叶えられないのでした。人生で初めて、絶体絶命のピンチです。でもヤスオは意外な事を言いました。


「おい、コウイチ。離してやりな。それで、倉庫から竹刀を探して、持って来い」
「ごめんなさい! 謝りますから、許して下さい!」


 コウイチから解放された瞬間、僕は必死で土下座しました。それくらい喧嘩なんかしたくなかったのです。すると、そんな情けない僕に駆け寄り、土下座を止めるよう、抱き起こしてくれたのは、何とキョウコさんでした。


「駄目だよ、男の子がそんな情けない事しちゃ。竹刀持たせてくれるんだから、戦おうよ」


ーーこの子、本当に僕の事好きなんじゃ?


 抱き起こされた時当たった、胸の柔らかい感触と、又もや見えてしまった青いパンツで、そんな世迷い事を考えた自分を、全力で否定したい気分。キョウコは、男を惑わす、恐ろしい悪魔のような女だったのです。


「ヒロシは、格闘技やってるんだ。1対1の喧嘩なら、まず無敵さ。だからテメエに竹刀を持たせてやろう。キョウコもセコンドに付けてやる。ヒロシのセコンドはコウイチで、俺はジャッジだ。果し合い、これでいいな? 男なら、正々堂々戦うんだ」
「頑張ってー!」


 コウイチの持って来た竹刀は、年期が入っていましたが、十分使えそうです。そして、やけに黄色い声を上げたキョウコは、自分でミニスカをめくり、青いパンツを見せています。もうやるしかないでしょう。僕は、竹刀で牽制しながら、ゆっくりとヒロシに近付いて行きました。


 勝負は一瞬でした。ジワリと間合いを詰めて来るヒロシを、僕は竹刀で打つ事が出来なかったのです。次の瞬間,ヒロシの強烈なボディーブローが、電光石火でみぞおちに入り、激痛に襲われた僕は、アッサリ意識が飛んでしまいました。






femdom-hentai-cunnilingus-2-3

 次に目覚めた時から、僕の恥ずかしい地獄が始まりました。先ず視界が青い物質で塞がれ、口も塞がれた僕は、息苦しさに呻きます。次の瞬間、不良達の声も聞こえて来ました。


「むぐう!」
「お、大地君のお目覚めか」
「キョウコ様のガンキだよ。有難く味わいな。オラ、オラっ!」


 「ガンキ」と言われても、その時は何の事やらサッパリでした。後から「顔面騎乗」と言うおぞましい行為の略と知ったのですが、女性が男性の顔の上に腰を下ろし、性器を擦り付けて圧迫する行為です。キョウコは、青いパンツを擦り付けていたのですが、青色が消えました。どうやらパンツも脱いで、直接女性器を押し付けてるみたいでしたが、猛烈な刺激臭で、ボロボロ涙が出ます。 


「キョウコのやつ、パンツまで脱ぎやがった」
「ヤベエよ。アイツのマンコ、反吐が出そうなくらい、クセエからな」
「負けた大地君には、ちょうど良いお仕置きだぜ」


 何と言う事でしょう。キョウコに顔面騎乗されてる僕は、全裸で小屋の中に寝かされていました。手足には拘束具が嵌められて、身動きが取れません。キョウコの恐ろしくクサイ女性器に顔面騎乗されても、抵抗しようがないのです。でも、こんなものは、まだ序の口でした。キョウコが手を伸ばし、僕の包茎チンポをソッと摑みます。こうして、世にも恥ずかしい、地獄のお仕置きが始まったのでした。


戻る→剣道一家 背徳の宴 1-1.ラブレターと、美姉への想いに煩悶


続く→剣道一家 背徳の宴 1-3.屈辱の浣腸剃毛と勃起記念撮影


剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期