第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第1章、大地~恥獄に堕ちる美少年剣士


1-3.屈辱の浣腸剃毛と勃起記念撮影(2475/11809字)


 キョウコの恐ろしくクサイマンコに顔面騎乗されて、苦しむ僕は、あろう事か、凄まじい興奮にチンポを猛烈に勃起させてしまってました。キョウコの伸ばした柔らかい手が、ソッと触れて来ると、僕はその感触の思わぬ甘美さに、震えおののいてしまいました。男達が囃し立てます。


「反吐を吐きそうな、キョウコのマンコに興奮するとは、大した変態だぜ」
「包茎剥かれたら、いきなり射精すんじゃねえの? コイツ」


 顔面騎乗で、僕が興奮してしまった事にキョウコはご満悦。女性器をグリグリ押し付けながら、ガサツな不良少女らしからぬ、優しい手さばきで、亀頭に被さった包皮を、ゆっくり剥いて来ます。その途端ビュッと透明な液体が噴出しましたが、これはまだ精液ではありません。包茎ペニスの扱いを心得ているキョウコは、包皮を戻してそのままシュッシュッと扱き、僕はたちまち追い詰められました。ところが、射精しようと、チンポをビクビクおののかせると、キョウコは意地悪く止めてしまいます。二度三度と、こんな事が繰り返されると、情けない僕の頭は、「出したい」と言う願望で、占められていきました。


「簡単に出せると思ったら、大間違いだよ!」


 キョウコは、激臭マンコをますます強く擦り付けながら、怒ったように言います。


「キョウコ様が顔に乗ってやってるんだよ。舌や唇でご奉仕するんだ。アタシをイカせたら、出させてやるよ」


 ああ。こんな惨めな行為を強要されるなんて。何を隠そう、僕は女の人とセックスするのは、生まれて初めてでした。もちろん、大いに興味はあるし、エッチな本やビデオで興奮し、毎日欠かさず自慰に耽ってしまう程。性欲も人一倍強いんです。男性がセックスのため、前もって女性を愛撫する、などと言う知識もありました。


 でも、顔に乗られた女性のアソコに、愛撫を強要され、見返りに射精させてくれる、だなんて、童貞の僕には。想像した事もない、おぞましい行為でした。おまけに、不良男子3人に見られてるのです。なのに僕は恐ろしく興奮してしまい、憎いキョウコの手で射精させてもらうために、死に物狂いで彼女を慰めねばならないのです。もう僕には、プライドなどカケラも残っていませんでした。ただ「射精」と言うご褒美を求める、一匹のオスになり、一心不乱に舌と唇を駆使して、キョウコにご奉仕したのです。


「お、なかなか上手だよ。そうそう、そこが、クリちゃん。ほら、吸ってえ。あーっ! い。いくうっ!」


 羞恥心のカケラも持ち合わせていなさそうなキョウコは、自分の感じる箇所を、積極的に僕の口唇に擦り付けて来ました。おかげで僕も、苦もなく彼女をイカせる事に成功。キョウコは、感極まった瞬間、ブシャッ! とオシッコ? を噴出し、僕の顔をベトベトに汚します。


 だけど僕は気にもなりませんでした。なぜならキョウコは約束通り、自分がイクのに合わせて、僕のチンポをしごいてくれたので、僕も彼女と同時に汚い精液を噴出していたのですから。ほとんど初めてセックスしたような感覚でした。


「ヒューヒュー、仲良く一緒に潮吹きかよ」
「イケ面が台無しだな」


 満足したのか、ようやくキョウコは顔から降りてくれ、僕はホッと一息。ところが、すぐに僕はさらなる辱めを受ける運命だったのです。ヤスオがカミソリとローション、そして何やら奇妙な物体を2つ持って来ると、奇妙な道具をコウイチに手渡しました。


「よし、毛剃りを始めるぞ。コウイチはイチジク浣腸な」
「2本も?」
「キレイにしてやるんだよ。後でたんまりかわいがっちまうからな。ヒロシは撮影係、頼むぞ」
「アタシは?」
「テメエはもちろん、チンポの世話だ。記念撮影に備えて勃起させてやれ」


 こうして世にも恥ずかしく、おぞましい剃毛浣腸が始まりました。小屋の板敷きの床に、仰向けで寝かされてる僕は、腰の下に座布団3枚を敷かれ、強制的にお尻を浮かす恰好にされました。


「汚ねえ糞穴がバッチリじゃねえか」
「ボ、ボク、ここにイチジク浣腸すればいいんだね」
「よお~し、邪魔な毛をキレイにするぞ。キョウコ、フニャチンをどけてくれ」
「さ、いい子、いい子したげるからね、おちんちん」


 ローションが塗られ、カミソリが当てがわれると、僕は一気に緊張しました。


「血だらけになるのが嫌なら、ジッとしてろよ」
「カ、カンチョウ、入れるよ」


ーー止、やめてくれえ!


 カミソリが股間の柔らかい肌に当たる恐怖に怯える僕は、無造作にチュルッ、チュルッと侵入して来る浣腸液のおぞましさに、心中悲鳴を上げていました。ところが僕は、その時はっきりとイヤラシイ快感を覚えていたのです。


「アレえ? チンチン固くなってきたぞお」
「ケツノアナで感じやがって!! 恥ずかしくねえのかよ。コイツやっぱ、ど変態のM男だな」
「キャハハ! もうむーりー。出すのだけは、ガマンしましょうねえ」


 浣腸に感じてしまう僕は、キョウコの言う通りで、ムクムクと膨らんでしまうチンポを抑えるのは、最早無理でした。それどころか、もう1本追加されて、射精を堪えるだけで精一杯です。それにしても、キョウコの柔らかい手は、反則です。こんな薄汚い不良少女に感じるなんて、とどんなに意地を張っても無駄でした。チンポをゆっくりしごかれるだけで、凄まじい射精欲求が、込み上げて来るのです。そして剃毛が完了する頃、僕の下腹部からグルルルと言う不快な音が。次の瞬間ボト、ボトと、排便が落下し、同時に僕はブシャッとザーメンをぶちまけると言う、大恥を晒していたのです。


「コイツは傑作だ。クソをひり出しながら、射精しやがった。どんだけ変態なんだ、コイツ」
「ヒロシ、今の動画撮ったあ? まだまだ元気だから、記念撮影お願いね」


 まだ勃起が治まらないバカチンポを中心に、ツルツルの無毛の股間を接写する「記念撮影」。そして、彼らはとんでもない事を言いました。


「おい、今日あった事誰にも言うんじゃねえぞ」
「姉ちゃんにチクりやがったら、動画と写真、送り付けるからな」


 この時僕は目の前が暗くなりましたが、本当に恐ろしい地獄が、この先に待っていようとは。


戻る→剣道一家 背徳の宴 1-2.果し合いに敗れ、お仕置き開始


続く→剣道一家 背徳の宴 1-4.悪夢の貞操帯と尻穴開発


剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期