第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第1章、大地~恥獄に堕ちる美少年剣士


1-4.悪夢の貞操帯と尻穴開発(2919/13828字)

 気付けばもうすっかり辺りは暗く、下校時刻を過ぎてると思われました。


「そろそろ帰らねえとな。先公にバレると、面倒だ」
「まあ慌てるな。後30分は、見回りも来ねえよ」


 恐らく経験があるんでしょう。余裕ある口ぶりの彼らは、恐ろしい行為を予告しました。


「明日はまず、大地君の童貞喪失だ」
「キョウコ様が食べてやるよ。ありがたく思え」


ーー明日もあるのか?


「テメエ、今、嫌な顔したな。ま、キョウコが初めてじゃあな、同情するぜ」
「ぶっ殺すぞ!」
「冗談はさておき、俺達は大地君の後ろの初めてにも興味があるんだ」
「アナルセックスだよ、負けたんだから文句はねえよな」


ーーそんな! 絶対嫌だ!


「引き攣ったような顔すんなって。大丈夫だ、イチジク浣腸で射精しちまう、ド変態なお前なら、ヒイヒイアヘって、すぐ病み付きになるからよ」
「ただ、ヤスオと俺はいいんだが...…おい、コウイチ、お前のデカチン、勃起させて見せてやれ」


 涎を垂らして、精神異常者みたいなコウイチが、ズボンから無造作に取り出したチンポを、嬉しそうにしごくと、見る見る膨張して、巨大な肉塊が出現しました。それは同じ高校生とは信じられない、ビール瓶みたいに太い特大ペニスだったのです。


「キョウコは歓迎みたいだけどな」
「ガバガバマンコだから」
「るっせえよ。お子様チンポは黙ってな!」


ーー嘘だろ!? 怖い…...


「心配すんな。俺達がじっくり慣らしてやっからよ。ホレ」


 ヤスオが無造作に尻穴に押し込んだのは、エッチなマンガでお馴染みの、ローターでした。女の子の愛撫に使う道具の筈ですが、男の尻穴にも効果があるんでしょうか。ところが思ったより強い振動が意外に心地良く、僕は困惑してしまいます。そして……


「コイツ、腐れチンポを又おっ勃ててやがる。どんだけ出したいんだよ、恥を知れ、恥を」
「愛しのキョウコ様が、オクチでやったゲル」


 認めたくはないけど、尻穴にイヤラシイ快感がズンズン忍び寄ると、チンポの欲情に直結するようでした。灼熱の鉄のように熱く固く屹立したチンポに、キョウコがむしゃぶりついて、ジュバジュバ下品な水音を立ててしゃぶられると、僕は簡単に降参。あんなに出した後なのに、なおも出て来る精液を、キョウコにゴクリと喉を鳴らして飲み下されて、僕はもう、邪悪な魔女にかしづく、哀れな男奴隷の気分でした。


「それじゃお帰りの前に、俺達からプレゼントだ」


 未だ全裸で拘束されてる僕に、不良達が股間に着けて来たのは、とんでもない代物でした。簡単に言えば、股間に密着するT字ベルトなんですが、チンポを収納するサックが付いています。


「コイツは、テメエのチンポを管理する、貞操帯ってスグレモノだ。セックスはもちろん、オナニーで射精も出来ねえ。アメリカ直輸入だから、頑丈でハンパねえぞ」


 勃起してるため、サックにギュッと締め付けられ、苦痛を覚えます。でも、本当に嫌な仕掛けは、股間に密着したベルトの後部にありました。何と、尻穴に突起物が挿入されてるようでした。
i-img568x568-1665447406tvzmqx90725

 「貞操帯」の着用が終わり、立たされた僕は、お尻をポンと叩かれ、ショックでつんのめりそうになりました。尻穴から発生した、おぞましくも鮮烈な快感に、ズンと背筋を貫かれたのです。僕は思わず股間の前後に手をやりましたが、無論対処しようがありません。何しろ問題の箇所に、指1本触れる事も、出来ないのですから。


「アナルプラグが気持ちいいんだろ? ど変態の大地君。隠しても無駄だぜ。目が泳いで、涎まで垂らしてるじゃねえか」
「浣腸で射精して、病み付きになったんじゃね? 恥ずかしい奴だな、全く」
「プラグは毎日太くしてやるから、俺達に犯される準備をしてくれ」
「毎日……」


 僕がショックでボソリと呟いたのを、不良達は聞き逃してはくれませんでした。


「明日から毎日、部活をサボって、ここに来るんだ」
「愛しのキョウコ様も、待ってるよ」
「この貞操帯、ションベンは出来るんだが、クソは処理出来ねえからな」
「絶対射精したくなるから、来るんだよ、だ~いちくん。お返事は?」
「…...はい、わかりました」


 アナルプラグの快感が毒になって、チンポが爆ぜそうな僕は、明日どころか、出来れば今すぐ出したいのです。不良達の理不尽な要求に、従順に返事してしまった僕は、おぞましくも甘美な、マゾの領域に足を踏み入れた気分に浸っていました。


 帰宅して夕食時、いつになく遅くなり、様子のおかしい僕に、姉上は心配そうでした。貞操帯で射精を禁じられてる僕にとって、そんな姉上のお優しさ自体が毒なのですが。


「大地、アンタ学校で何かあったの? そう言や、不良の子にラブレターもらったんだっけ」
「……悪いとは思いましたが、姉上のおっしゃる通り、無視しました」
「そ。風呂に入って、早く寝たら」


 その忠告を無視して、あんな酷い目にあったのです。おまけに羞恥映像を撮影され、しゃべったら家に送り付けるぞ、と脅迫され、姉上に相談する手段は、完全に封じられていました。仕方なく風呂に入りましたが、指1本触れる事も出来ない、貞操帯の頑丈さを再確認するばかり。寝床に入っても、僕は貞操帯の辛さに懊悩するだけでした。



ーーうう、お尻がヤバイ、このままじゃイッチまうかも。おかげでチンポが張り切って爆発しそうだ。なのに、出せないなんて。誰か、助けてくれえ!

 
 翌日、貞操帯を隠すべく、ボクサーパンツをはいた僕は、何食わぬ顔で、登校しました。とてもそんな気になれず、朝練をサボって教室にいた所、授業が始まる前にキョウコが現れました。そして、ツカツカ僕の席までやって来ると、胸元ユルユル、超ミニスカで下着を見せ付けるように、僕の前でかがみました、その時ポケットからリモコン装置を出し、ニヤリと邪悪な笑みを浮かべて、スイッチを入れました。



 僕は机に手を付き、ダン、と立ち上がります。何とアナルプラグが、ウィーンと小刻みに振動を始めたのです。たちまちヤバい程の快感に襲われ、僕はその授業中、二度、三度と、恥ずかしい尻穴アクメに襲われます。気紛れで自由気ままなキョウコは、途中で勝手に教室を出て行き、するとアナルの振動も収まりました。ですが僕のチンポはもう、暴風雨警報が出っ放し状態。


 キョウコは、その後も自由に教室を出入りしては、リモコンで僕の尻穴を弄び、恥ずかし過ぎるアナルアクメは二桁に到達したでしょうか。放課後体調不良を部活仲間に告げた僕は、ワナワナと震えが止まらぬ脚取りで、あの恐ろしい体育倉庫に向かっていました。小屋の中には、既に不良達が、勢揃い。


「いらっしゃーい。今日は真っ赤なパンツ、カープ女子のキョウコ様だよ。アタシのラブコール、気に入ってくれたあ? ねえ、何回イッチャッタのお?」
「……わかりません」
「わかんなくなるまで一杯、アナルでイッチャッタんだってえ。このど変態!」
「キョウコにはお似合いだな」
「チンチン出したいんでしょお? ホラ、横になって。赤パンツでガンキしたげるから、お願いしてみ?」
「…...お願いします」 


 こうして僕は、不良達の思惑通り、2日目もいたぶられる運命でした。


戻る→剣道一家 背徳の宴 1-3.屈辱の浣腸剃毛と勃起記念撮影


続く→剣道一家 背徳の宴 1-5.地獄の痒み薬に敗れセックスおねだり


剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期