第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第1章、大地~恥獄に堕ちる美少年剣士


1-5.地獄の痒み薬に敗れセックスおねだり(3559/17387字)


「オラッ! アタシの赤パンツに興奮して、腐れチンポをおっ勃てやがって。パンツをずらしてやるから、さっさとご奉仕するんだよ」
「いやあ、大地君は変態の鑑だねえ。キョウコにガンキされて、よくチンポが勃つもんだ」
「あったり前だろ! ジョシコーセーのマンコだぞ」
「いや、お前のマンコ、生ゴミみたいにクサイから」
「んだとお! 大地はな、クサイのに興奮すんだよ!」


 漫才みたいなやり取りでしたが、僕は何も言えません。目がショボショボする程キツイ、キョウコの女性器の悪臭で、クラクラしながら、僕はより一層勃起を強めていたのですから。


ーー反吐を吐きそうなのに、僕すっごく興奮しちゃってる......やっぱ、これが変態の証なのか


 そして僕は、ヘドロの塊みたいにクサイ、強烈なキョウコのマンコを、死に物狂いで、舐めしゃぶりました。彼女をイカせなくては、射精のご褒美はお預けなんですから。それにキョウコは、グイグイと押し付け、気持ち良い箇所を教えてくれる協力ぶり。クリトリスを唇に含むと、「そう、ソコを! 吸ってえ!」と可愛らしく要求するので、チューっと吸引してあげ、ついでに皺だらけの尻穴にも舌を入れると、「いぐうううっっっ!!!」と絶叫し、キョウコをアクメさせる事に無事成功。同時にジョーッとオシッコ? を顔に引っ掛けられましたが、気にもなりませんでした。


 満足したキョウコが、僕の顔から降りて、ギンギンのチンポを手に触れた瞬間でした。敏感な亀頭には触れられてないにも関わらず、ドッピュンと大暴発、いきなり大量のザーメンがキョウコの手を汚す有様でした。そして、余りにも大量に射精したため、チンポが急速に萎えてしまいました。


「何ヘタレてるんだよ! バッカじゃねえの、テメエ!!」


 キョウコは激怒して、オシッコでベトベトになってる僕の顔を平手打ちしました。僕は彼女の剣幕に押され、つい謝ってしまいます。


「ご、ごめんなさい」
「ゴメンですみゃ、警察はいらねえんだよ!」
「おいキョウコ。そうゆうヘタレ野郎には、コイツを着けるといいらしいぜ」


 ヤスオが持って来たのは、丸いリングが2つ繋がっているものでした。


「コックリングと言って、フニャチンを勃起させるスグレモノだ、大地に着けてやろうぜ」


 ヤスオがチンポの根元、睾丸もくぐらせて大きなリングを付けると、キュッと肉塊に食い込み、柔らかい尿道が潰されます。キョウコも、それに習い、小さめのリングをチンポの竿の真ん中辺りに、食い込ませながら、嵌めて来ました。すると僕の萎えたチンポは、無理矢理強烈に勃起させられたのです。



「こりゃ、セーシだって一滴も出せねえじゃん」
「だから、射精する時は、リングを外すんだ。下手に刺激しない方が、身のためだな」
「あの人がくれたヤバい薬も使うんだよな」
「ヒロシ、持って来てくれ」


 ヒロシが持って来たのは、歯磨き粉みたいなチューブ。満タンでかなり分量がありそうです。


「俺達をただの不良だと思ったら、大間違いだぜ。貞操帯だって、頑丈でどうにもならなかっただろ?」


 ヤスオは、恐ろしい事を口にします。でもガッチリ拘束された僕には、最早どうしようもないのでした。



「本物のやくざのオッサンに声を掛けられたんだ。どうせ俺たちゃ中退だろうから、Y組の世話になる。そしたら、大地、オメエに因縁付けて、かわいがってやれ、って言うじゃないか」
「どうして僕を?」
「そのオッサン、お前の家に恨みがあるらしいぞ」
「そんな…...」


 僕の脳裏には、ある男が浮かんでいました。わが家に恨みがあるとすれば、その人しか考えられません。完全に逆恨みだし、僕が標的にされたのも理解できませんが。、


「女を折檻するのに使うらしいが、男でも使えるだろうと、その人がいろいろくれたんだよ。手錠に首輪、それに貞操帯も、外国から直輸入の本格的な品物だ、コックリングと今から使うヤバイ薬も、ハンパねえから、覚悟しな」
「そう脅かしてやるな。ただセックスしたくてたまらなくなる、って媚薬だから」


 ヒロシはチューブから、その媚薬を絞り出して、チンポの根元付近から薄く伸ばして塗り始めます。するとキョウコが「貸しな」とチューブを奪い、余り伸ばさずタップリと塗り込めるのです。


「おい、キョウコ、半分くらい\\残しとけよ」


 キョウコは、「チ!」と舌打ちしましたが、包茎を剥いて亀頭や竿部とのミゾ、さらに包皮の裏まで執拗に塗って来るので、僕は生きた心地もしません。おまけに下品でガサツでも、女性の手に塗られる感触で、チンポが無理矢理でなく、本気で興奮し勃起し始めたのも、どうしようもありませんでした。


「オラ! 立ちな」


 媚薬の塗布が終わると、僕は立たされました。天井から釣られてる白熱電球のシェードに、首輪のリードを繋がれ、背中に回した両手には手錠。しゃがむ事は許されず、異常に勃起したチンポが腹の皮に付くような急角度でそそり勃ってる、情けなくもエロティックな恰好でした。


「アタシ、立ちバックが一番コーフンすんだよねえ。キョウコ様がサービスしてやっからな。セックスしたくなったら、言えよ」 


 キョウコは何と、巨大な尻を突き出すと、女性器を自分の手指でビロンとくつろげて見せ付けるのでした。実に卑猥で鼻血ものの恰好です。僕は思わず目をつむってしまいました。


「おい大地、目えつむんなよ」
「何い!」
「キョウコが怒ったら、お前マジでぶっ殺されるぞ。アイツの金蹴り、マジでヤベエから」
「味わってみるか?」


 え? え? 理解の追い付かない僕の股間を、キョウコが蹴り上げて来ました。一瞬頭の中で火花が飛ぶような激痛に襲われた僕は、次の瞬間更に強烈な苦痛に呻いていました。そして生命の危機すら覚えた僕は、半ば無意識にキョウコに懇願していたのです。


「……お願いします、キョウコ様。リングを外してもらえませんか? これでは死んでしまいます」
「俺達がやってやるぜ」


 ヤスオとヒロシが男同士のよしみで、リングを2つ外してくれたのですが、途端にブシャッと射精し、彼らの手を汚してしまいます、いつの間に溜まってたのか、自分でも不思議な精子の量でした。


「うわ、コイツ引っ掛けやがった」
「金蹴りで射精するとか、どんだけどMなんだよ」
「次は手加減せずに蹴るからな。あーあ、又セーシを無駄に出しやがった」


 さんざん馬鹿にされましたが、もう僕は尻を突き出し、自分の指でクパアと開いている、ヤンキー少女の女性器から目を背ける事は、許されませんでした。そして遂に媚薬が効き始めてしまったのです。



ーー何だこれは? か、痒い……


 初め亀頭に少し感じただけの痒みは、あっという間に燃え広がり、凄まじい勢いでズキンズキンと、チンポが疼き始めました。目の前が真っ赤に染まるような壮絶な痒みは、とても我慢出来るようなものでなく、正に地獄の痒みでした、


「痒いい! お願いです、何とかして……」
「じゃあまず、キョウコ様が必殺尻コキしてやろう」
E5B0BBE382B3E382AD2

 贅肉のタップリ付いたキョウコのデカ尻にチンポをしごかれ、猛烈な痒みが癒されるのは、余りにも心地良く、僕はうっとり目を閉じていました。ところが、やっぱり射精をせき止められて、生命の危機すら覚える激痛に見舞われてしまいます。



「駄目です! ああ、リングを外して下さい。お願いします!!」
「じゃあ、ちゃんとおねだりするんだよ。キョウコ様とセックスさせて下さい、って」
「キョウコ様と、セックスさせて下さい」
「しょうがねえ。手伝ってやろう」


 ヤスオとヒロシにリングを外された瞬間、ドバッと出てしまいましたが、もう勃起は収まりませんでした。キョウコがチンポを摑み、バックから自分の女性器に導き入れます。


「ドーテーでも容赦はしねえぞ。オラッ! ちゃんと腰を使って突くんだよ!……アン! そうそう、ヤレば出来るじゃねえか、お上手だよ、ヨシヨシ……」


 いつの間にかすっかりキョウコ様のペースで、セックスを褒められたのも嬉しく、夢中で踏ん張りながら、腰を使い彼女をズンズン突き上げていた僕。ヤスオがニヤニヤしながら、後ろに迫っていたのにも気付いていませんでした。彼の手が僕の尻穴をくつろげ、恐ろしい媚薬を盛った指をかなり奥まで侵入させて、薬を塗り付けて来ると、僕は愕然としました。なぜなら、僕の尻穴はおぞましい筈の彼の指を受け入れ、ハッキリ快感を覚えていたからです。


「お? おケツを弄られて、ますますヤル気になったのか。さすがど変態、アタシの目にゃ狂いはなかったね」


ーー僕のカラダは、一体どうなってしまうんだろう?


 一瞬芽生えたそんな疑念は、僕の童貞を散らしたキョウコ様が、僕のチンポで、不良少女らしからぬ愛らしさでアヘリ狂ってるのを見てると、雲散霧消してしまうのでした。


戻る→剣道一家 背徳の宴 1-4.悪夢の貞操帯と尻穴開発


続く→剣道一家 背徳の宴 1-6.肛門性交に溺れオス奴隷を誓う


剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期