第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第1章、大地~恥獄に堕ちる美少年剣士


1-6.肛門性交に溺れオス奴隷を誓う(4405/21729字) 


「おああ~っ! いぐっ! 又いぐうううっっっ!!!」
「お楽しみのところ、悪いけど」


 童貞チンポで力の限り突き上げて、キョウコ様をアヘリ狂わせて差し上げてると、ニヤニヤ笑いながらやって来たヤスオが、再び僕の尻穴に、ニュルンと指を差し入れました。


「うああっっ!!」
「スッゲエ締め付け。やるじゃん。俺の指へし折られそうだぜ」


 さっき塗られた媚薬が誘発する恐ろしい痒みが、スーッと解消される心地良さと、キョウコ様に食べられるチンポの快感が相まって、僕は思わず吠えていました。しつこくクニクニ蠢くヤスオの指を、僕は無意識に食い締めていたようです。


ーー前と後ろを同時にされるのが、こんなに気持ちいいなんて! ヤバイよ、ヤバイ......


 それは正に異次元の快楽でした。前のチンポはキョウコ様にしごかれて、何度も精を搾り取られています。加えて後ろの穴を弄られるのは、もう反則でした。このままでは、遠からず前後同時に極めてしまいそうです。そう怯えながら、キョウコ様を突き上げるストロークも、止める事が出来ません。


「いぐううっっ!!」
「!!!」


「お、コイツ、ケツ穴で、マジにイキやがった。隠そうたって、わかるんだからな。キョウコにちゃんと出してやったのか?」
「もう出ねえよ。打ち止めか、このヘタレがっ!」


 そう毒づいたキョウコ様が、ようやく上から降りてくれましたが、僕への責めが終わったわけじゃありません。執拗にクニクニと尻穴を弄り回してるヤスオが、皆を呼び集めます。



「よし、コウイチも撮影代わってやるから、全員集合!」

 
 そう言ったヤスオが、悪魔のように気持ち良い指を抜いてくれたたのも、束の間の安堵。僕のカラダはうつ伏せにひっくり返され、お尻を高く上げるよう、座布団が下腹部に敷かれました。


「ど変態な大地君の、ケツ穴アクメ祭りだぜ。一人ずつ指を入れて、イクまで弄り回してやれよ」


 そう言ったヤスオは、コウイチが撮影していたスマホを受け取ると、僕の顔の前に回って言います。尻穴には、レディーファーストでキョウコ様が、ネイルでバリバリに尖った指を挿入して来たようです。



「おい大地。イッタら、大きな声で知らせろよ。そうしなきゃ、いつまで経っても、終わんねえからな」



 さらにヤスオは、勃起したチンポを取り出すと、僕の顔をピシャピシャ叩いて、とんでもない行為を強要しました。


「オラッ! しゃぶれ!!」
「アンタ、そんな怖い事、よく出来るねえ」
「あのオッサンが言ってた通り、コイツ、根っからのチキンで、ケンカで竹刀持たされてるのに、人を叩いたり出来ねえんだぜ。チンポを噛み切るなんて、出来っこねえっての」
「アラ、おケツのアナで又いっちゃった。どMだから、男のくせにイラマにも興奮すんだね」


 もちろん男のチンポをしゃぶるのには、猛烈な抵抗を覚えました。でも連続する尻穴アクメが余りにも強烈で、意識が朦朧とした僕は従順に、肉塊を深くまでくわえ、喉奥を突かれてえづきました。その瞬間ブシャッと精液がぶちまけられ、吐き出そうとしても、ヤスオが両手で頭を抱えて、許してくれません。仕方なく死ぬほどマズい精液を飲まされたのに、僕は全身が震えおののく程の凄まじい興奮を覚えていたのです。僕が真正のマゾである事に目覚めた瞬間でした。


ーー僕って酷い事をされて興奮してしまうマゾだったんだ


「次はヒロシだ、もう親指を入れてやれよ。コイツ覚えが早いから、明日には本番出来るかも知れんぞ」
「キョウコ様のアソコをお舐め! アレ? チンポが復活してるじゃん」
「コイツ、弱っちいくせに、チンポだけはモンスターかよ! どれどれ、親指の付け根まで入れてやるからな、ウへへ…...」
「しょがねーな。又搾り取ってやるよ」


 キョウコ様に呆れられましたが、ぐうの音も出ないくらい、完璧に出し切った筈のチンポは、自分でも信じられない驚異的な回復力を見せ、見事に復活していました。うつ伏せの腹の皮を突き上げるくらいの急角度で。僕の顔に腐った生ゴミ級のマンコを押し付けたキョウコ様が、手を伸ばしてモンスターペニスを握り締めると、尻穴に埋まったヒロシの親指がジワジワと挿入を深め、僕の興奮は究極を目指して高まりました。


ーーだ、駄目だ。前も後ろも、もう限界……


「うおおっっ!!」


 とうとう前後で同時に爆ぜてしまった僕は、傷付いた獣のような雄叫びを彷徨します。付け根まで埋まったヒロシの親指を、きつく食い締める尻は、ピクピクと痙攣し、キョウコ様に握り締められたバカチンポは、ビチャッと精液をまき散らしてキョウコ様の手を汚しました。


「オイ、指が抜けねえよ、このど変態!」
「まだ出せるな、立派なもんだぜ。キョウコ様が、とことん付き合ってやるよ」
「よし、次はコウイチだ。オメエはチンポもデカいが、親指もスゲエな。アナルセックスのいい練習になるぜ」


 既に気息奄々な僕は、この後は悪夢のようで、うまく思い出せないのです。バケモノみたいなコウイチの巨大ペニスの恐怖と、貞操帯のアナルプラグがいきなり太くされた記憶だけを残し、夢遊病者のような僕は、帰路についていました。何も知らない姉上は、ゲッソリ憔悴した僕を見て、食事をすませたら、すぐに寝なさいと、おっしゃいます。更に明日病院行きな、学校は休むんだよ、とも。


ーー姉上、申し訳ありません。それは出来ないのです。馬鹿な弟をどうかお許し下さい。


 悪魔に魅入られた僕は、明日自らの意思で悪魔達の元に出向き、破滅への道をたどるのです。太くなったアナルプラグから込み上げる、おぞましくも強烈な快感が麻薬のように作用して、僕は完全に狂っていました。否、それはどMに覚醒した僕の本性のなす業だったかも知れません。


翌日僕は、姉上のおっしゃられた通り、通学カバンも持たず、朝一番で掛かり付けの病院に向かいました。酷く疲労が溜まっているから、自宅で数日安静にしているよう言われましたが、それは出来ない相談でした。キョウコ様を始め、不良達に会いに行って、貞操帯を外してもらうー太くなったアナルプラグを一晩中食い締め、射精出来ないペニスを強烈に勃起させて、悶々と苦悩する僕の願いは、ただそれだけだったのです。それによって、昨日キョウコ様に献上した童貞に続いて、お尻の初めてまで不良達に奪われる事はわかっているのに。


 それにしても、尻穴快感の何と蠱惑的な事でしょう。寝床の中で僕は、恥ずかしい事に3回イッテしまいました。病院の診察中でさえ、尻穴が切なくプラグを食い締めてしまい、アナルアクメを迎えぬよう、必死の有様でした。そんな状態なのに、診察を終えた僕は、手ぶらで学校に向かってしまいます。昼前の時間でしたが、体育倉庫には、不良達が全員揃って、タバコを吸っていました。


「お、今日は又、お早いお越しだね」
「そんなに、アタシに会いたかったの?」
「違うわい。俺達にお釜を掘られるのが楽しみで、ワクワクしてんだろ? このど変態!」
「とりあえず、貞操帯を外してやるから、クソを出しときな」


20200625114938423

 背中に回した両手に手錠が掛けられ、小屋の外へ連れて行かれた僕は、貞操帯が外され、アナルプラグが抜かれると、すぐに草地に腰を下ろして大便を出してしまいます。そして、彼らは、僕のチンポと尻穴に、例の恐ろしく痒くなる媚薬を塗ってしまったのです。それから貞操帯が再び嵌められ、それ以外全裸に剥かれてしまいました。更に首輪が小屋に繋がれます。


「うつ伏せでケツを突き出せ。俺達は昼飯食ってくるから、そこで待ってな」
「こんな格好で、ですか?」
「気になるなら、目隠しもしといてやるよ」
「はい、スイッチオン!」


 キョウコ様がアナルプラグをリモコンで動かすと、彼らは行ってしまいました。



 彼らの気配が消えると、僕は尻穴快感にむせび泣きながら、この絶望的状況から逃れる術はないか、あがきます。しかし後ろ手錠で目隠しされていては、全くなす術はなく、せめて小屋に入れないかと思っても、首輪でほとんど身動きも取れないのです。そのうちに、とうとうアナルアクメが訪れて、僕は無様に突き出したお尻を揺さぶってしまいました。こんな事をしたら、ますますきつくプラグを食い締めてしまい、逆効果でしかないのですが。尻穴アクメの直後には、猛烈な虚脱感が訪れるのですが、恐ろしい事にプラグはジジジと振動が続いており、これでは休む間もありません。


――た、助けてくれえ! これじゃ身が持たない。


 遠くから、体育の授業が聞こえて来ます。滅多に人の来ない場所であるのは、わかっているものの、気が気ではなく、僕は彼らが言った体勢で、じっと低く地面にうつ伏せになってるしかありませんでした。そして、じきに余計な事を考える余裕すら奪われる事になります。


ーーお尻で又イキそうだ……うう、チンポが痒い、何とかしてくれ…...い、いぐう!


 媚薬の効果により、アナル絶頂はより一層に甘美で、僕は打ちのめされます。ところが、刺激の与えられないチンポは、火を噴くように猛烈な痒みに襲われたのです。快楽と掻痒感の板挟みで、僕は次第に正気を失っていきました。


 視覚を奪われ、永遠とも思われる長い時間の後、不良達が戻って来ました。さっそく目隠しが取られ、貞操帯が外されると、キョウコ様が言いました。


「ねえ大地。出したい?」
「はいっ! お願いします」
「じゃ、アタシの奴隷になる、って誓うんだよ。教えてあげるから、言ってごらん」
「藤堂、大地は、キョウコ様の命令に、何でも従う、オス奴隷です」
「よしよし、イイ子だねえ。早速出させてやるよ...…気が早いっつうの!」


 純白なイメージの姉上の代わりに、カラフルなパンツのキョウコ様を思い浮かべて、オナニーに耽ってしまった時から、こうなる運命だったんでしょう。僕はごく自然に、キョウコ様のオス奴隷になると、誓っていました。さっそくネイルバリバリの手が、チンポを出そうと触れた瞬間、大爆発が起こり、キョウコ様の手に掛かりました、まるで気にしないキョウコ様は、地面に仰向けで横になると、脚を開き、自分の指で女性器をビロンとくつろげると、僕のチンポをナビゲートしました。中出し上等なキョウコ様の中に、僕が思う存分出して差し上げたのは、言うまでもありません。


「俺達の番だな」


 一息入れた頃、ヤスオが尻穴をくつろげて、勃起チンポを押し当てて来ると、僕は愕然としました。プラグの振動で何度もイカされ、消えていた筈の痒みがぶり返し、発狂レベルで疼き上がっていたからです。


「俺のチンポを入れて欲しいか?」
「…...はい、お願いします......」
「俺達は、キョウコみたいに甘くねえぞ。おい、ヒロシ、契約書を読んでやれよ」
「私、藤堂、大地は…...」


 それは、悪意の塊のような酷い内容でした。そして僕は、その時初めて、大人の男性がいる事に気付いたのです。


戻る→剣道一家 背徳の宴 1-5.地獄の痒み薬に敗れセックスおねだり


続く→剣道一家 背徳の宴 1-7.奴隷宣言と黒幕父の身の上話


剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期