第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第2章、一花~弟と交接する歓びに狂乱する美少女剣士


2-4.果てしなき輪姦凌辱((4177/40648字)



 絶対にいけない事だとわかっているのに、実の弟大地に処女を捧げる決意を固めた私。ところが、事もあろうか、最も憎むべき父に犯されるなんて、運命の神の非情さを嘆くばかりでした。父は、道場のお金を競艇につぎ込み、バレると逆キレして、母に怒鳴って手を上げた最低の人間です。母は私と相談して、入り婿だった父を、わが家から追放したのです。


 でも、私達は父にお金の賠償は求めていません。父のやった事に対して、随分寛大な処置と思うのですが、父が自暴自棄になって、ヤクザに転落したという噂は聞いています。最低の男に処女を破られる羽目になり、私は涙を流し、激痛を覚悟していました。


 「『魔法のクスリ』を使ってるからな。痛いのは一瞬だ。遠慮なく楽しんでいいんだぞ」


ーー何バカな事言ってるの。痛くて気持ち悪いのを、我慢するだけよ


 でもやはり不良達より経験豊富な父は、侮れない相手でした。すぐには挿入せず、耳元やうなじに口唇を這わせて来たのです。するとなぜかゾクゾクして、目が潤みボウッとなってしまいました。


「気持ちいいだろう? 一花。穂乃花と同じだぜ」


 母の名前を出されて、ハッとした私。でも悔しいけど、父の愛撫になびき始めたカラダは、もうどうしようもなかったのです。


「穂乃花が好きだった、マン舐めを味わわせてやろう」


 そううそぶいた父は、挿入する前に、股間を口唇で愛撫。アソコの浅瀬に舌を入れ、ちょっと刺激したかと思えば、舌が指に変り、尻穴にニュルンと舌を挿入。魔法のクスリのせいで、ウズウズしてた尻穴も、メチャクチャに気持ち良く、気が付けば私の女性器は、すっかりチンポの挿入を待ち望んでしまっていました。


「男好きな乳も、穂乃花譲りだな」


 乳房も優しく揉まれ、乳頭を吸われて、スタンバイオッケー。それからおもむろに、父は勃起を挿入して来たのです。ゆっくり進んで来たチンポが、抵抗にあってストップ。


「マクを破るぜ」


 そう宣言した父は、メリメリとチンポで抵抗する粘膜を突き破ってしまいました。何かがぶちっと切れた感がありましたが、恐れていた苦痛はわずか。これが、私の処女喪失でした。


「大して血も出ちゃいねえな、よし、第2ラウンドだ」


 ここで目隠しも外され、父は私の処女を奪ったペニスを見せ付けて来ます。確かに多少血が付いてたんですが、父は気にせず、「ローターを持って来てくれ」と言うと、激しく振動するうずら卵みたいな道具を、尻穴に挿入。すぐにおぞましい快感が込み上げて、狼狽する私を、父は再び犯して来たのです。凄く嫌な予感がしましたが、私のカラダは裏切りを始めていました。


ーーイヤだ! こんな最低の父なのに、どうして……


 処女を失ったばかりだと言うのに、忌まわしい父のペニスが、快感をもたらし始めました。尻穴の刺激も相まって、出入りするペニスを拒絶しようと思っても無駄で、もう私のカラダは勝手に反応してしまうんです。


「一花。ホントに処女だったのか? 畜生! グイグイ締め付けて来やがる」
「そんなのアリ? 信じられなーい!」


 キョウコに揶揄されても、女性器がチンポを求めて、私の気持ちを裏切り、浅ましく快楽を貪ってしまうのが止められません。それが、心の底から軽蔑してる父を喜ばせてしまうのに。おかげで父は調子に乗り、ますます勢いを増す男性器を、リズミカルに出し入れし、私はその快楽を受け止めてしまうのです。


ーーうう、お尻が気持ちいい……もうやめて、我慢できない!


 そして、忘れてはならないのは、尻穴に埋まって休みなく振動を続ける道具がもたらす、イヤらしい快感でした。これが、アソコがチンポを貪る快感と相まって、私を追い詰めます。とうとう父が、最悪の爆発を起こしました。


「一花、出すぞ!」
「……!」


 父が射精した瞬間、背筋を弓なりに反らして、天を仰いだ私。明らかな絶頂で、直後に合わせて来た父の唇を、ウットリと受け入れてしまっては、言い訳も出来ません。私は憎むべき男に処女を奪われた挙句、中出しされて絶頂する、最低の女に成り下がってしまいました。


「おねえさん、次お願いしまーす」
「手を抜かず、きっちりイカせてやれよ」
「了解っす」


 父が終わった後も、辛いお尻の振動器具は、抜いてくれませんでした。軽いノリのヤスオが、無造作に勃起を挿入して来ると、すぐにおぞましい二穴の快楽に襲われた私は、目を閉じて抵抗を諦めていました、ヤスオは父に言われた通り、首筋と乳房の愛撫で私を欲情させ、滑らかなペニスの出し入れを堪能すると、中出し射精で私を絶頂に導きました。


「おねえさん、次よろしくお願い致します」


 次のヒロシも同じ。もう私は、チンポを挿入される快楽に抵抗出来ず、アクメに導かれてしまう絶頂人形と化していました。父が言います。


「一花。素直になれば、セックスって気持ちいいもんだろう?」
「おねえさん、メチャクチャ良かったです。ありがとうございました」
「余裕こいてられるのは、今のうちだよ。コウイチ、デカチンを見せてやりな」
「ぼ、ボクも、おねえさんと、ヤリたい」


ーー大き過ぎる! 絶対無理、アソコが割けちゃう


 恐怖で、不自由なカラダを、震えおののかせるばかりの私を、救ってくれたのは、なぜかキョウコでした。


「おねえさんじゃ無理無理! コイツのデカチンは、アタシじゃないと、入んないよ」
「キョウコ。顔も頭も勝てねえおねえさんに、マウント取れて良かったな」
「さすが、ガバガバマンコは違うねえ」
「うっせえわ! コウイチ、いい事教えてやろう。穴に入れるんじゃなくて、スマタでゴシゴシして、イカせるんだ。このおねえさん、オナニーのやり過ぎで、クリがハミ出しちまってるから、良く効くはずだよ」


――止めてえ!


 セックスは回避できましたが、自分の性器の恥ずかしい特徴を暴露された私は、うろたえてしまいます。確かに私は、包皮からチョコンと顔をのぞかせてしまう、クリトリスの感じ易さが、悩みのタネ。愚鈍なコウイチが喜び、巨体で覆いかぶさって来ると、大きなペニスのスマタは、狙いが外れず効果覿面。気をやってしまうのは、あっと言う間でした。4連続アクメで、私はもうフラフラです。


「スマタが効くんだ。じゃ、アタシも」


 コウイチと入れ替わるように、今度はキョウコが、太腿を私の両脚の間に差し入れ、恥ずかしい性器同士を密着させて来ます。


「これ、貝合わせって言うんだ。アタシもキレイなおねえさんと、エッチ出来て嬉しいよ」


 キョウコは、私と唇を合わせ、同性らしく首筋や乳房の愛撫にも余念がありません、そして「貝合わせ」で、敏感な肉塊が触れ合った瞬間に、やって来たのは5回目のアクメでした。キョウコも同時に果てたらしく、再びウットリと唇を合わせると、嬉しそうに言いました。


「おねえさん、メッチャ良かったよ。アリガトね。お礼に、大地のちんぽ、後で貸してアゲル。弟とヤリたいんでしょ? おねえさん」


 処女だったのがウソのように、5回も立て続けのアクメは余りにも強烈。グッタリと疲労困憊した私は、キョウコの戯言も、遠い世界からのようで、ただ茫然と聞き流すのみでした。そんな中、席を外していた父が帰って来ます。


「おう、ヤッテルな、お前ら。一花をキッチリイカせてやったんだろうな?」
「バッチリっす!」
「ならいい。女ってのは、イカせて貰った男を邪慳には出来ねえ。弟と一緒に、喜んでドレイになるだろうよ」
「アタシもイカせてあげたんだけど」
「キョウコちゃんが、一花の女王様になればよい」
「ヤッター!」
「そんな事より休憩だ、今から皆で風呂に入るぞ。一花はカラダを清めねえとな。精液でベトベトだろう」


ーーどうゆう事? 大浴場なんかないよ


 父は、勝手に風呂を沸かして来たらしいのですが、皆で、と言う言葉が引っ掛かります。うちはただの家族風呂で、湯舟に入れるのは2人が限度。皆で交代に入浴するのでしょうか? でも正直、くたびれ切ったカラダで、お風呂に入れるのは、魅力的な提案ではありました。


 ところが、この入浴は、私に輪姦の疲れを癒してくれるためではなかったのです。それどころか、私は更なる恥辱を味わう羽目になるのでした。


「野郎どもはハダカになれ!」
「アタシも脱ぐよ。大地は?」
「放っとけ。お姉ちゃんが先だ」


 自分の全裸になった父は、ニヤニヤ笑いながら、大の字に拘束された私の方に来ました。そして手足の拘束具を外しながら言います。


「一花。風呂に入れるんだ。ありがたく思え」


 父は私を正座させ、両手を背中に回して組ませます。その手首にガチャリと手錠がはめられ、困った私は上目使いで、父に訴えました。


「これじゃ、カラダが洗えないよ」
「なあに、アイツらが、喜んで、隅々まで綺麗に洗ってくれるさ。なあ?」
「はいはい! 俺マンコ洗ってあげるっす」
「じゃアタシは、ケツ穴だよ」


 男達がやって来て、力自慢のヒロシが、軽々と私をお姫様だっこ。
55854ddb3241b5ff5525626625d7cee6

「おねえさん。ボクが風呂場まで運ばせて頂きます」


 ストイックでバカ手寧な口調のヒロシですが、年齢相応に興奮し、ペニスをそそり勃ててるのを目にすると、胸がキュンと甘く疼きました。


ーーこの子、私のハダカで、こんなに興奮しちゃったんだ。


 そんな年上女性らしい感想を持った私は、又一つ不良少年達を憎み切れない気持ちになってしまいました。そして、ヒロシに湯舟まで運ばれた私は、狭い浴室にひしめく凌辱者達の手で、カラダ洗いを味合わされる事に。後ろ手錠の私は、何も出来ない完全な「お人形さん」。椅子に腰かけた私は、ボディーシャンプーを掛けられ、沢山の手が、イヤらしく這い回ります。その感触は決して不快でなく、脇の下や乳房を洗われると、ハッキリ性的快感を覚えてしまいました。


 問題は、腰かけた股間部です。ヤスオが女性器に指を2本突っ込むと、ギュウギュウ締め付ける反応を見せてしまい、キョウコが尻穴に入れた指をクイクイ動かすと、込み上げて来る快感は強烈でした。


「ココのマメは、皮を剥いてキレイにしないと」
「お姉さんのケツ穴は、優秀だねえ。指の第二関節まで、入りマース」


 クリ弄りとアナル指入れが相まって、追い詰められた私は、女性器の指を切なく締め上げながら、何度もイッテしまいました。そして風呂から上がった私を、更なる恥辱が待っていたのです。


戻る→剣道一家 背徳の宴 2-3.屈辱の処女喪失おねだり


続く→剣道一家 背徳の宴 2ー5.露出調教絶頂ショッピング


剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期