こんにぎは、二次元世界の調教師です、詰将棋ブログをメンテナンス更新。「不思議な金」と題した15手詰です。興味のある方はご覧下さい。

不思議な金
【解答】3一銀生・同玉・4一金・2一玉・3一飛・2二玉・3二飛成・同玉・3三銀・2一玉・3一金・同玉・4二角成・2一玉・3二馬まで15手



☆初手は角道を通す必然手の捨駒だが、3手目の4一金が不思議な感覚で狙いの一手。普通の感覚なら4一飛だが、2二玉で1枚足らない。4手目の2一玉も不思議な逃げ方で、2二玉だと3二飛で作意より2手早くなる。8手目1三玉は2二銀・1四玉・3四飛成・同銀・1五金まで早詰。10手目同金は4二角成・2二玉・3一馬まで早詰。なお5二歩は3手目から3二金~5二飛の余詰防止。3手目からの手順があまり見ない順で気に入っている。





スマホ詰パラ発表時のコメントをいくつか紹介。

・金も不思議だがその後も不思議 

・意外な金打ち、すぐ消える飛車、直後の銀捨てと見所満載。

・金と飛車の不利感が素晴らしい。その2枚とも消して詰め上げるのはお見事。

・感覚を破壊された

・最終手43馬が気になる。なお伊藤果に51角から始める作があります。