第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第2章、一花~弟と交接する歓びに狂乱する美少女剣士


2ー5.露出調教絶頂ショッピング(4346/44994字)


 浴室で不良達にカラダを洗われ、股間の前後ホールを清められる快感で、又もや絶頂の恥を晒した私。父に処女を破られる苦痛を味わいながら、尻穴を始めとする性感帯を執拗に責められ、いきなりイッテしまった私は、官能に弱いアクメ人形と化してしまったのです。悪魔のような父や不良達を、どんなに忌み嫌っても、カラダが言う事を聞いてくれません。易々と興奮して燃え上がり、極めてしまうのを、もうどうしようもありませんでした。


「一花、もう間違いねえ。お前には、母親の血が流れてる。イジメられて歓ぶ、どMの血がよ」


ーー母さんが、どM? そんな!!


 父が私を寝かせ、再び脚を開いて拘束しながら、衝撃的な言葉を口にします。すると、全裸のキョウコが、同じく全裸の大地を連れてやって来ました。萎える事を忘れた、彼のペニスをムンズと摑んで。


「だから大地もどMなんだ。アタシのオテテでシコシコされんの、もうヤミツキでさ」
「おーい、カミソリとシェービングローション持って来い」


 集まって来た不良達の視線が、後ろ手錠で開脚拘束された、私の股間に集中し、屈辱と羞恥で、頭がクラクラします。キョウコに勃起ペニスを握られた大地も、もちろん見ているでしょう。


 ローションを垂らした父が、柔肌にカミソリを当てがい、恥毛を剃り始めます。その様子を不良達が覗き込んで、私の羞恥を煽って止みません。


「お姉さん。マン毛までチャーミングっすねえ」
「何言ってんだ。処理してねえから、ボウボウじゃんか」
「オイ、お前ら。このポッチリが邪魔だから、摘んでよけといてくれ」


ーー嫌ッ!


「ほら、大地。おねえさんのクリを摘んでやりな。痛くないよう、優しくだぞ」
「……姉上。申し訳ありません」


 その部分が女性を狂わせる急所だとわかってるんでしょう。謝罪を口にした大地が、ブルブル震える手を伸ばし、指でそっと摘んで来ます。私はウッと目を閉じましたが、それは苦痛でなく、絶大な歓喜を訴えるものでした。キョウコにはバレてしまったようです。


「お姉さん、痛いのですか?」
「バーカ! 弟にクリ弄らせてアヘってんだよ。イヤらしい女だね、全く!」


 その後陰毛の処理が終わると、全裸の不良達が全員ピースを作り、「パイパン記念だ」と父が記念撮影。その中心の私はキョウコの指で、無毛の女性器をビロンとくとろげられてる、と言う凄まじく卑猥な撮影で、私は又一つ正常な理性を喪失する気分でした。なおこの狂気じみた撮影に大地は加わっていません。キョウコが彼からクリ摘み係を引き継いだのです。


ed5d479c-s

ーーああ、こんなのって、恥ずかし過ぎる……


 撮影後、夕食の買い出しに出掛けた私は、冷たい夜気の中、余りの羞恥で頭がクラクラし、挫けそうになる脚を、何とかヨチヨチと進めていました。時刻はいつの間にか8時過ぎ。もう真っ暗でしたが、街灯ではっきり見えるし、時々行き交う人々は、何事かと好奇の目線を向けて来ます。


 外出用だと彼らに着せられた、私の夏服セーラーは、余りに破廉恥でした。勝手に丈を切り詰められ、ヘソ出しで過激なミニスカート。学校にも着ていけと父は言うのですが、正気の沙汰ではありません。ノーブラなので、パツンパツンの上着からは、乳房が突き上げてるのが丸わかり。そして、ノーパンは絶対嫌と言ったら、キョウコが恩着せがましく、自分のはいてる下着を私に着用させたのですが、それはショッキングピンクの極小パンツ。股間に食い込んで、はいてる方が嫌らしく見える、とんでもない下着でした。



「オイ一花! ちゃんと顔上げて堂々としてろ」
「そうだよお、おねえさん。ホラホラ」
「ったく。隠さず見せてやれば、皆そうゆうプレイしてるヘンタイだと思って、ジロジロ見やしねえって、教えてやっただろうが」


 一団になって歩いてる私達と、離れて見てる父が言い、先頭に立つキョウコが、首輪のリードをグイグイ引っ張っても、自分の恰好のあり得ない破廉恥さがわかってる私は、顔を伏せ、ジッと下を見ながら、歩かざるを得ません。パツンパツンのセーラーブラウスは、大きな乳房がグッと裏地を突き上げ、乳首のポッチリがはっきり見えてしまってるし、ヘソ出し超ミニスカはほとんど意味をなさず、申し訳程度に股間に貼り付いた、ピンクの極小パンツを覗かせているんです。まるで全裸だと錯覚しそうな気分でした。



「お、お姉さん、最高です」
「もう出しちまって、イイっすか?」
「全くおねえさんって、チンポが好き過ぎだよ。何でこんなお外でシコシコしちゃうのお?」
「…...ちがいます」


 そして、後ろ手錠の私を左右からガードするように、寄り添って歩くヤスオとヒロシは、股間のペニスを露出させ、私の手に握らせています。一体彼らは何回射精するんでしょう。今日私が抜いてあげただけでも、3回に達する気がするんですが、なおも私に対して欲情し、猛烈な勃起を保ってる彼らに、どうしても情が移ってしまい、知らず知らず手が優しく動いていたようです。いたぶられる事に猛烈な嫌悪を覚える父やキョウコと異なり、もう私は不良少年達を嫌うのが、困難になっていました。彼らに弟の大地を重ねて見てしまうのかもしれません。


 さてヤスオはアッサリ射精をすますと、愚鈍だけど巨根のコウイチにバトンタッチ。この子達は強がっていますが、私の手の感触で興奮してしまい、射精を我慢出来ないんです。巨大なコウイチのペニスを握ってあげながら、私は幼い少年をからかう「エッチなお姉さん」気分になり、後何発抜いてあげれば、いいのかしら、などと感じていました。


 だけど、目指すコンビニまで後5分、と言う時点で、私は恐れていた感覚を乳首に感じてしまいました。


ーーイヤだ、痒くなって来た。ヤバイ


「お父さん!」
「何だあ?」
「何を塗ったんですか?」
「そりゃあ、もちろん、オメエが『素直になれる薬』に決まってるだろうが。どした? 効いて来たのか、ドスケベ一花」
「ひどい。又あんな薬……」
「重ね塗りは効果が倍増するらしいぜ。早くカユイ所を言ってみな」
「……ち、ちくびよ! ああ、カユイイ!!」


 出掛ける前、父は私のカラダに快楽振動器具「ローター」を仕込んで来ました。そしてその時何かローションみたいな液体も付けてしまったんです。放っておいたら、どんどん痒みが酷くなるので、私は野外にも関わらず、大きな声で訴えました。


「チクビっすね。了解っす!」
「お任せ下さい、お姉さん」


 乳首係らしいヤスオとヒロシが、左右の乳首に貼られたローターを動かして、痒みで疼き上がる乳首が癒される快感に、私は脚を止め、ウットリ目を閉じて超絶快感を味わってしまいます。すると、サッサと歩けと、キョウコがグイグイ首輪を引っ張ります。


 そして目指すコンビニがもう目の前に見えて来た頃、私は最大の脅威を訴えねばなりませんでした。


「……く、クリちゃん」
「なーんですかあ? 聞こえませーん」
「クリトリスよ! クリトリスが痒いんですう!!」
「さっすが、おねえさんは、お上品だこと」
「ウヒイイッッ!! イキますう!!」
「だけど、お下品にイッチャイましたあ」


 クリの痒みは絶対我慢出来ない強烈さで、少年達のペニスを離した私は、地面に腰を下ろしてしゃがみ込んでいました。そこでキョウコの動かすローターは、余りにも心地良くて、もう私は恥も忘れ。大股開きで横になりました。そして、何とストリッパーみたいに腰を突き上げ、ガクガク跳ね上げながら、絶頂を叫んでいたのです。まるで淫魔に取りつかれたような、浅まし過ぎる痴態でした。


「お姉さん、そんなにクリが痒かったんすか」
「もう店はすぐそこです。僕らがサポートしますから、頑張って歩きましょう」
「……オシリ。オシリノアナが痒いのおっっ!!」
「おい、コウイチ。お前の担当だろ?」
「あそっか。忘れてた。ハイ」
「ウヒイイっっ!! いぐっ!! またいぐうう!!」


 いつの間にか、最凶の性感帯と化していた、オシリノアナを襲った快楽に、後一歩まで来ていた私は。うつ伏せにしゃがみ込んで、お尻を高く上げながら、アクメを絶叫していました。店から出て来るお客さんがいるにも関わらず。


「店の中じゃ、迷惑だからな。お前ら、ローターを全部動かしてやりな。一花は黙ってイクんだぞ」


 こうして、破廉恥な露出セーラー服で、入店した私。不良達はイキそうなレベルで。ジジジとローターを動かすので、私はさっきのような痴態を晒さぬよう、歯を食い縛って悶々と堪えます。


「いらっしゃいませ」


 顔見知りのオジサン店員が目を丸くしています。優等生でお嬢様女子高に通う私が、過激なへそ出しミニスカで、両手を背中で拘束され、下品なヤンキー娘キョウコに、首輪で引かれてるのですから。もう一人いた学生アルバイト風の男性も、遠慮がちにちらちら視線を送って来ています。


 ハダカより劣情を煽る、露出制服の恥ずかしさに、困った事に私はハッキリ興奮して、全身をゾクゾクと、ローターの快感が響き渡って来ました。とりわけクリトリスの快感は、矢のように突き抜けて、買い物の途中で、うっと腰を落とし、目もくらむような鮮烈な絶頂を迎えました。


 ようやく何とか腰を上げると、学生アルバイト風の店員が、驚いて声を掛けて来ます。


「あの、お客様。どこか具合でも悪いのでしょうか?」


 私はもう穴があったら入りたい気分で、親切に声を掛けて来た彼に、何も言えません。すると、父が大声でバラしてしまいました。


「あんちゃん、心配させて悪かったな。コイツ、酷い露出狂の変態娘でよ、感じる所にリモコンローター貼って、調教中なんだ。今、クリが効き過ぎて、イッチまっただけだから、心配いらねえよ」
「ね、おねーさん。この人アタシらより年上なんだけどお、こうやって、調教してあげてるんだ。そうだ、ついでにおにいさんに、ローター付けてるとこ、見せたげよ」


 こうして私はその場で脱がされ、不良達はローターを貼っている箇所を、暴露。しかもそれが、動いてるのまで確かめられるんですから、たまったもんではありませんでした。


「ね、このお姉さん、お嬢様学校に通ってる、本物のお嬢様なのに、スッゲエど変態なんすよ」
「おまけに見えてないけど、お尻の穴までローターが……おい、コウイチ動いてないぞ」
「あ、忘れてた」
「オアッ! い、いぐうう!」


 こうしてコンビニの店員に見られながら、又も絶頂してしまった私。我ながら見下げたど変態ぶりで、プライドが音を立てて崩壊してしまいます。なのに、心臓が爆発しそうな興奮は凄まじく、もう二度とまともには戻れそうにありません。


ーーこのコンビニには二度と行けないわ……でも、このお兄さんなら、又見せてあげるのも、いいかもね


 私が本物の露出狂に堕ちてしまった瞬間でした。




戻る→剣道一家 背徳の宴 2ー4.果てしなき輪姦凌辱


続く→剣道一家 背徳の宴 2ー6.念願の姉弟姦


剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期