第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第2章、一花~弟と交接する歓びに狂乱する美少女剣士


2ー6.念願の姉弟姦(3462/48456字)


「よお大地! 待たせたな」
「いい子にしてたあ? だーいちくーん」


 家に帰ると、一人で待っていた大地の所へ、私は首輪で引かれて行かされました。見ると、大地は全裸で後ろ手に手錠を掛けられ、座っています。更に目隠しされている無残な姿でした。しかし、恐れていた股間部は、落ち着いて隠れています。


「アレえ? チンチン元気がないぞお。いい物見せたげる」


 そう言ったキョウコが、目隠しを外し、大地の目は見開かれました。はしたない私の露出制服姿に、彼の方が恥ずかしそうでした。


E588B6E69C8D99E381AEE4BA8CE6ACA1E382A8E383ADE794BBE5838F08

ーーイヤだ、見ないでよ大地。こんな格好、無理矢理やらされてるんだから


 ところがキョウコは、私の気持ちを逆なでに、とんでもないウソをつきました。


「大地のおねーさん、マジで露出狂の変態なんだよ。皆に見られてコーフンして、たくさん、イッチャッタんだから。そうだよねー? おねーさん」
「ちがいます」
「弟の前だからって、恥ずかしがらなくてもいいんだよお」


 父や少年達も囃し立てます。


「おい一花。減るもんじゃねえんだから、大地にも見せてやれよ。姉ちゃんがイク所見りゃ、フニャチンも元気になるだろうさ」
「俺も又見たいっす。おねえさんのイク所」
「おねえさん、お願いします。俺、死ぬ気でせんずるんで」
「僕も見たいです」


 3人の少年達だけでなく、父までペニスを露出させ、私をオカズにオナニーする構えを見せています。私は一瞬見せてあげようかと、気が迷いそうになりました。それは、男を喜ばせようと思ったからではありません。心でなく、カラダが屈してしまいそうなんです。


 ショッピング中に何度もイカされた元凶は、急所に貼られたローターの快楽振動。私を嫌と言う程悩ませたあのバイブ、実はまだ切ってくれず、イカないよう我慢させられてるんです。店を出る時、全部ごく微弱な振動に落とされて、そのままでした。気にもならない弱振動ですが、これが曲者だったんです。敏感な性感の急所なので、どんなに弱くても疲れを知らない振動が続けば、そのうち感じてしまいます。


 ノー下着なので、恥ずかしい事にスケて見えてしまってる、両乳首と、クリちゃんだけではありません。実はクリに劣らず効いてしまってるのは、お尻の穴に埋まったローターでした。意識を反らそうとしても無駄で、尻穴のイヤらしい快感が募ると、乳首やクリもググッと膨らんで来る錯覚を覚えました。


「おい大地。いつまでもフニャチンじゃ情けねえぞ。キョウコちゃん、コイツに薬を塗って、ケツ穴に入れてやってくれ」
「うわ、コレ見るからにヤバそう。素直になれるおクスリ塗って……」


 キョウコが受け取ったのは、黒くてグニャグニャ曲がる、筒状の物体でした。尻穴に入れたらかなり奥まで侵入しそうで、私はつい尻穴で蠢くローターの振動を食い締めて、おぞましい快感を覚えてしまいます。キョウコが、痒み薬を塗ったそれを、大地の尻穴にねじ込んでいくと、彼の肉棒はムクリと、目を覚まします。それを見たキョウコは、キャアキャア笑って喜んでいました。


「一花! 他人事じゃねえぞ。弟と全く同じやつを、てめえもケツ穴にくわえるんだ」
「あ、俺に任せて下さい。お姉さんのケツ穴に、食べさせてあげるっす」


 ヤスオが尻穴のローターを引き抜き、薬を塗った黒い物体を、ゆっくり入れて来ます。そのおぞましい感触は、圧倒的でした。


ーーイヤだ、これどんどん入って来ちゃう! ウソお! そんな奥までなんて……


 グニャグニャの黒い物体は、アナル内壁にピトリと密着し、そんな部分まで開発されてしまった
私は、悔しいけど快感を否定できません。そして、アナルに特化したソレは、曲がりくねった内壁に対応して、ドンドン奥へと進み、新しい部分の快楽まで目覚めて恐ろしくなってしまいます。ズン!と最奥部を突かれた時、イッテしまったかも知れません。アソコから、ビュッと出ちゃったので。


「お姉さん、気が早いっす。イキまくりを、大地に見せてやらなくては」
「やっぱ弟とお揃いは、良く効くみてえだな。ケツ穴のブルブルをしっかり食い締めて、早くイキまくって見せろよ」
「じゃあ僕が、お手伝いさせて頂きます」


 手持ち無沙汰だったヒロシが、私のミニスカをバッとめくり上げ、ノーパンの私は、クリにローターを貼られただけの、大事な女性器をモロに露出してしまいます。更にヒロシが押すと、驚愕で凍り付いた表情の大地に、見せ付けるように、腰をグラインドさせながら、強烈な絶頂を叫んだ私。


「い、イキマスううう!!!」


 最愛の弟の眼前で、恥ずかしい絶頂を見せ付けた、最低の私に、拍手喝采が沸き起こりました。


「お姉さん、最高っす!」
「よくやった! 一花。大地もビンビンになったぜ」


 頭の中が真っ白になるほどの、猛烈なアクメで、しばらく呆然としていた私ですが、人心地を回復しながら、最初に気付いてしまったのは、大地がペニスを見事に回復させていた事です。キョウコとのセックスで、徹底的に精液を搾り取られ、萎えていた大地が、実の姉である私の、恥ずかしいアクメに興奮し、臨戦態勢となったのです。私は感激で、人の道を踏み外しそうになっていました。


「ねえだーいちくん。キョウコ様が許してあげるから、正直に言ってごらん。言わなきゃ、又アタシとエッチするんだよ」
「……僕は、姉上と、エッチがしたいです」
「じゃあ、お姉さんも、正直に言うんすよ」
「……私も、弟と、エッチしたいです」


 とうとう、人として許されない願望を口にしてしまった私。でもそれは、正真正銘な本心の吐露に他なりません。実の父に犯されて処女を喪失した私は、彼の手管で性の歓びを刻まれてしまいました。おかげで、不良少年達とのセックスや、ヤンキー少女キョウコとのレズ行為で、易々とイカされる「アクメ人形」と化しています。


 おかげで露出過多な衣装で買い出しに連れられた時も、店員に見られながら何度も絶頂を演じてしまう有様でした。でもその時アクメしたのは、ローターで責められた箇所によるもの。具体的には、両乳首、クリトリス、そして尻穴です。つまり肝心な女性器自体は放置されてたのです。


 そんなアクメを何度繰り返しても、放置された女性器の、チンポを求める渇望は増すばかり。私とエッチしたいと、正直に告白した弟のギンギンに勃起したチンポを、私が欲しがってしまうのも、自明の理だったでしょう。


「よし、ようやく素直になったな。腹ごしらえしてから、コイツらの変態セックスを見守ってやろうぜ。2人は、お互いのマンコとチンポを見合いながら食事だ。お前ら、食べさせてやれ」


 こうして、大地と私は、開脚して体育座り。向き合って、互いの股間を見せ付け合う恰好です。大地の勃起は誰よりも立派で、恥ずかしくなった私は、目を反らしたくなりますが、少年達は許してくれません。ジクジクと甘蜜を垂れ流す私の女性器を、見せられてる大地も同じでしょう。それにしても、アナルに特化した調教具の刺激は強烈でした。恐らく直腸をズンと突き上げた、グニャグニャバイブが、曲がりくねった肛門内壁にピタリとフィットし、快楽振動を起こすのですから。クリと乳首のローターも相まって、欲情も露わな私の頭は、「入れて欲しい」と言う、不道徳な願いで占められてしまいます。


「お姉さん、しっかり食べないと、駄目っスよ」


 近親姦の覚悟を決め、ソワソワしてる私を嘲笑うように、少年達は自分も弁当を食べながら、私の口に食べ物を運んで来ます。見ると、大地もキョウコに食べさせられており、後ろ手錠を掛けられた私達は、奴隷気分を味合わされました。


 弁当も片付き、いよいよその時がやって来てしまいました。見守っている父や不良達は、不気味なくらい皆無言です。そんな中で口を開いたのは大地でした。


「姉上。どうかよろしくお願い致します」


 深々と頭を下げられて、私も黙ってはいられません。


「こちらこそ。よろしくお願いします」


 姉弟の不道徳なセックスの挨拶を受け、拍手喝采が起こりました。そして、ヤスオとヒロシは、私を立たせ、大地の方へ向かわせます。


「まずキスしましょう」


 こんな状況で不自然なくらいドキドキしながら、私は大地と唇を合わせ、想いがピークに達します。


――ああ、大地。愛してる、愛してるわ!


 こんな時でも、休みなく動き続ける、乳首とクリのローター、そしてアナルバイブの快楽が、私を淫らな獣に変え、満を持して、私は大地に襲い掛かっていました。




戻る→剣道一家 背徳の宴 2ー5.露出調教絶頂ショッピング


続く→剣道一家 背徳の宴 2ー7.姉弟奴隷の誓い


剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期