第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第2章、一花~弟と交接する歓びに狂乱する美少女剣士


2ー7.姉弟奴隷の誓い(2731/51187字)


000

 夢のように甘い口づけを交わしてる間、私の体奥からは、狂おしいまでに、弟を求める強烈な衝動が込み上げて来ました。後ろ手縛りの窮屈な体勢のキスは、互いに座っていたのですが、私は狂暴な衝動のままに、大地を押し倒して、カラダを重ね合わせます。両の乳首・クリトリス・そしてアナルを冒す快楽振動が、私を次の行動に誘って止みません。


ーーああっ、大地。愛してるわ


 押し倒した大地の精悍な胸板に、無様なブヨブヨの肉球を押し付けながら、飢えた淫獣と化した私は、天に向かって屹立した肉棒を、女性器でくわえました。途端に途方もない肉の歓びに包まれた私は、欲情のままに、愛しい肉棒を力の限りギュッと締め付けます。大地のオチンチンは、嬉しそうにビクビクとした痙攣を、粘膜に伝え、彼も喜んでくれてると確信した私は、大胆な行動に出ました。

  
 半身を起こして、大地の上になると、結合部が外れぬよう、しっかり締め上げながら、腰を上下させつつ、グラインド。素晴らしい快感が弾け、もっともっとと、はしたなくオチンチンを堪能する動きが止まりません。


「おねえさん、チョー積極的っすね」
「大地にも手伝わせましょう」


 少年達は、私達の手を拘束する、後ろ手錠を外します。大地の手はすぐ、私の乳房に誘導され、ぎこちない愛撫が始まります。私の両手は大地の背中に回り、絶対離さないわと、がっちりホールド。姉弟のセックスに興奮し、オナニーを始めていたキョウコが、アドバイスを送ります。


「ほら大地。ローターを外して、乳首を優しく弄ったり、口でチュウチュウ吸ってあげるんだよ。おねーさん、先っちょがチョービンカンなんだから」


 さっそくキョウコの的確なアドバイスを、実行してしまう大地。快楽に弱い先端の蕾をクリクリ転がされ、強く吸引された私は、大声で歓びを叫んでいました。


「気持ちいいわあ! 大地、もっとして、もっとお!!」
「姉上、もう保ちません」
「いいのよ、大地。一杯出してちょうだい。あーっっ!!」


 弟の冷たい飛沫を、熱い子宮口に掛けられて、その快感が私を狂わせました。


「イキマスう! アン、イク! 又イクのお!」
「おいおい、こりゃあ、妊娠確定だな」                     


 妊娠と言う、現実的な脅威も、快楽を求めて狂った私には響きません。それどころか、愛する弟の子種を宿す事で、本能的に子宮が喜んでしまうみたいでした。たとえそれが、人の道を外れる禁忌(タブー)であったとしても。


 男の子らしい逞しさを発揮する大地も、ガッチリ抱き着いて、はしたない粘膜で力の限り締め上げる淫らな姉に応え、さらに二度も子宮に精液を掛けてくれ、その度にカラダをグンと弓なりに反らした私は、大声でアクメを告げました。


「ちょっと、おねーさん」
「イヤっ! もっと」
「アタシでも、そんなかわいそうな事、要求しないよ。抜かず三連発で、まだ欲しがるって、大地が壊れるっつうの!」


 キョウコに強引に引き離されて、私はさすがにㇵッと気付き、自分の痴態を恥じらい,悔いました。見ると、酷使されて、大地はペニスを萎れさせています。なのに、私はまだ身内を熱くたぎらせ、「おちんちん」を狂おしく求めているんです。クリローターと、アナルバイブが振動を続けているのもありますが、女の欲深さを思い知らされる気分でした。


「ねえ大地。アンタ、どういう身分だっけ? おねーさんに教えてあげなよ」
「僕は、皆様のせいどれい、です」
「おねーさんも、性奴隷になってくれない?」
「バカな……」
「一花! まだ素直になれねえのか?」
「じゃあ、俺達がお姉さんに分からせてあげるっす。性奴隷に相応しい女性だって事を」
「ダメです! 待って」
「問答無用っすよ」


 自分のカラダが、男を、「おちんちん」を求めてしまっている私は、うろたえましたが、ヤスオは構わず唇を合わせて来ました。父が言います。


「1人3回イカすのがノルマだぞ。生意気な女が素直になるよう、チンポでわからせてやれ」
「了解っす。さ、お姉さん、しゃぶってくれますか?」


 お調子者ですが、憎からず思っていたヤスオです。アッサリ唇を与えてしまい、相変わらず元気一杯に反り返ってるオチンチンを突き出されると、もう理性のたがが、外れてしまいました。口にズッポリと含んでいくと、すえたような臭いと、ガッシリ根の生えたような逞しさに、陶然とした私は、本能のまま、ジュバジュバ卑猥な水音を立てながら口を使ってしまいます。


 そのままカラダを合わせ挿入して来たヤスオは、唇を吸ってから、手順を踏み、私を蕩かせていきました。耳元や肩口に口唇を這わせ、両手は乳房を摑み、指股で挟んだ乳首を刺激しつつ、柔らかく揉み上げて来るのです。はしたない女性器が、快楽を求めてオチンチンにギュッと絡み付き、自分から腰を動かしてしまうのも、時間の問題でした。


「お姉さん、腰が動いてますよ」
「イヤッ!」
「さあ、たっぷり楽しみましょう。ソレ! ソレ!」


 ただのチャラ男に見えて、ヤスオのえっちテクは本物でした。私は易々と燃え上がり、乳首やクリ、そしてアナルへと加えられる、無慈悲な快楽振動も援護射撃となって、止みません。気が付けば私はヤスオの背中に両手を回して、しっかりしがみ付き、腰を使って、粘膜同士が擦れ合うエッチな快楽を貪っていたんです。ヤスオのチンポが、怒涛のように射精すると、生殖本能が満たされた私は、背筋をグンと弓なりに反らせて、絶頂を叫びました。


「イ、イキますうっっ!!」
「もう2回っすね。へへへ」
「や、休ませてえ!」
「まだ次が待ってるんすから、駄目です。さあ、頑張って」
「お姉さん。僕もしゃぶって頂けますか?」


ーーんああ! もう駄目えっ!


 ヤスオに突かれながら。ヒロシの灼熱の肉棒をしゃぶらされると、理性が吹き飛びました。狂った私は、本能のままに、上下のチンポにむしゃぶり付いて、次々にアクメを極めていきます。ヤスオとヒロシに3回ずつイカされ、次の相手は、愚鈍なコウイチの、規格外なデカチン。でも急成長した私の女性器は、彼も受け入れて絶大な喜びを覚えてしまい、ほとんど意識朦朧としながら、3回の絶頂。続くキョウコは、腰に男性器を模したペニスバンドを装着しており、生身にはあり得ないイボイボや凸凹の突起が付いたソレを巧みに操って、気息奄々な私から、絶頂を搾り取ってしまいました。


「まだ気は確かか? 俺が3回と言わず、何度でもイカせてやるから、奴隷になると誓うんだぜ」
「成ります! 奴隷に成るから、もう止めてえっっ!! ホントに死んじゃいますう!!」


 二桁を超える連続絶頂は、本当に限界でした。なのに、父は非情でした。


「遠慮するな。もう3回イカせてやろう」


 遂に限界を超えた私は、意識を失い、もう後はどうなったか、わかりません。


戻る→剣道一家 背徳の宴 2ー6.念願の姉弟姦


続く→剣道一家 背徳の宴 2ー8.貞操帯で性欲を管理され、懊悩する姉


剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期