こんにちは、二次元世界の調教師です。詰将棋ブログをメンテナンス更新。「打歩打開の工夫」と題した15手詰で、最近の自信作です。興味のある方はご覧下さい。
23eca9d7

【解答】5二金・3二玉・3三歩・同玉・3四歩・3二玉・4二金・同銀・2四桂・同歩・2二飛・3一玉・1二飛成・1三桂・2三桂まで15手





☆初手は5二飛が普通の感覚だが、3三玉・3四歩・同玉・3五金・3三玉で打歩詰。筋が悪いと怒られそうな5二金が打歩回避の一手。4手目同桂は5二金・同銀・2二飛~1二飛成で早詰。6手目同玉は3五飛まで。上部を塞いでから7手目5二金と打った金を捌き捨てるのが好手で、対して同玉なら6二飛まで。同銀には2二飛で簡単そうだが、以下開き王手した時1三桂と角を抜かれて困るので、2四桂と跳ねるのが絶妙手。同桂なら1二飛が生じるので同歩だが、以下角を抜かれても2三桂打で詰ますことが出来る。最後まで緊張感のある手順で、私としては上出来。



「スマホ詰パラ」2016年5月発表。