第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第2章、一花~弟と交接する歓びに狂乱する美少女剣士


2ー8.貞操帯で性欲を管理され、懊悩する姉(3463/54650字)


as026

 断腸の思いで、性奴隷を誓ったのに、無慈悲な父に、限度を超える連続絶頂を味合わされた私は。完全に自失してしまいました。


「若いくせにもうギブアップか? 女はチンポに絶対勝てねえって、思い知ったか? 一花!」


 熱くて固い物で、ピシャピシャと頬を叩かれて目覚めた私は、それが父や不良少年達のチンポであるのを見て、弱弱しく目を伏せるばかり。もうとても、チンポに逆らう気など起こりません。


「もっと欲しいのか?」


 思わずコクリと頷いてしまった私を、キョウコが罵倒します。


「おねーさん。アンタどんだけ欲求不満だったんだよ。アタシより、よっぽどチンポ狂いの、腐れビッチじゃんか」
「ハハハ。キョウコちゃんに言われちゃ、しょーがねえな。悪いが、男には限度がある。性奴隷になったお前には、貞操帯を着けてもらうぜ」
「大地とお揃いだよ。アイツも着けてるだろ?」


 見ると、全裸の大地は、股間に黒革の股当てのような物体で、大事な部分が隠されていました。父の手で、私も同じような「ていそうたい」を装着させられます。腰に巻かれたベルトに繋がり、見るからに頑丈そうでした。


「明日から、下着を着けるのは禁止だ。貞操帯だけで、学校に行って来い」
「お姉さん、電車っすよね? ミニスカで誘えば、痴漢が楽しませてくれるんじゃないすか?」
「俺が宣伝しといてやるよ。〇〇女子校の痴漢OK娘が乗るから、触ってやってくださいってな」
「オシッコは出来るから、安心して下さい。大きい方は、俺達毎日遊びに来ますから、その時に」
「よし、そろそろ帰るか」


 彼らが帰ったのは、10時過ぎでした。共に貞操帯だけの全裸で残された私達は、先ず入浴する事にしました。忌まわしい貞操帯について、調べるのが目的です。


「姉上、お先にどうぞ。でもこの貞操帯は、海外直輸入だそうです。凄く頑丈で、外そうとしても無駄でした」


 既に貞操帯をはめられて、何日も過ごしてる大地は、悲観的でしたが、やはりまず確認せねばなりません。男女で違うかも知れませんし。でも、風呂に入って調べた結果は、大地の言葉を裏付けるだけでした。股間にピッチリ食い込むように装着された貞操帯は、外すどころか、サイドにワイヤーが入っており、指1本入れる事すら出来ないのです。そして、黒革製ですが、肝心の股当て部と、その後ろのお尻部分は金属でガッチリガードされて、切断は不可能。ごく小さな穴が沢山開いて、オシッコ用と思われますが、局部に触れるのは無理でしょう。


 諦めて湯舟から出、カラダを清めようと、シャワーを浴びました。ところが、信じられない事に、水流が当たる刺激で、両の乳首が反応してムクムク膨らみ、ピンと嫌らしく屹立してしまいました。


ーーイカされ続けるのが辛くて、泣きながら性奴隷を誓って、解放された筈なのに。私のカラダ、どうなっちゃったの?


 不良達の輪姦は、処女だった私にとって、カルチャーショックでした。苦痛なら覚悟してましたし、耐えられたかも知れません。ところが、彼らの企みは、私を痛め付けるのでなく、優しい性の手解きにより快楽を教え込み、私をセックス中毒に堕とすことだったんです。処女を破った憎い父は、悔しいけど、マゾだったという母と同じ素質を、私に見出し、私のカラダの弱点を見破ってしまいました。その結果私は、処女喪失直後に、絶頂してしまいます。不良達も父に習って、優しいセックスで私を追い込み、とうとう私は、恥ずかしい絶頂人形と化してしまいました。


 どんなに彼らを忌み嫌い、感じまいと我慢しても、カラダが言う事を聞いてくれず。どうしようもありません。そして、一人3回ずつイカされる、とどめの輪姦は余りにも強烈でした。コウイチのバケモノみたいなデカチンや、キョウコが腰に装着した、強烈な凸凹付きのペニスバンドさえも、受け入れてしまった私は、二桁を超える絶頂に、カラダが壊される本能的な恐怖を覚え、性奴隷になる条件で、父に輪姦の中止を懇願したのです。


 直後に父に裏切られ、更なる連続強制アクメの末、精魂尽きて倒れた私。なのにどうして、乳首が勃っちゃうんでしょう。信じられません。え?


ーークリも勃って来たか知れない。まさか、そんな!!


 乳首の明らかな欲情を、情けなく観察してると、股間のはしたないクリ豆まで、ムクムク膨らんで来たのを自覚してしまいます。もう間違いありません。死ぬ思いの過酷なアクメ地獄から解放されたばかりなのに、私のカラダは、欲情が蘇って、新たな刺激を求めてしまってるのでした。それがわかった私は、危険なシャワーを中止し、素知らぬ顔で、風呂を出ます。ゆったりしたホームウェアを着る前に、ちゃんとブラジャーも着けて、居間に向かいました。すると大地は、家の固定電話で、誰かと話していました。


「あ、ちょうど戻って来たので、代わります。姉上! 母上からです」


 聞かれないよう、小声で「アンタ何かしゃべったの?」と確かめると「いえ、別に」だったので、私も何もなかった風を装い、母からの電話に出ました。


「もしもし。変った事はなかったよ」


 昔の父や、不良達に襲撃されて、私も大地も性奴隷に堕とされる、と言う大事件が起きてるのですg、母に相談出来る事じゃありませんでした。母は人生の転機を迎え、幸福を摑もうとしているのです。


「聞いてくれる? とてもいい人にお会いしたの!」


 母の声は弾んでいました。実の所、母はただ剣道連盟の総会に出席するために、東京へ出張したわけじゃありませんでした。連盟の親しい方に相談し、再婚相手を紹介してもらうのが、大きな目的だったのです。母はまだ若く美貌を保っていますが、再婚で入り婿ですから、そう容易な話ではないでしょう。東京滞在期間を長く取り、良い男性にお会いできるまで、粘ってみる、と言う事になっていました。条件に適合する素敵な男性にお会いし、しばらく付き合ってみると語る母に、私も「良かったね」としか話せませんでした、ハッキリ言って、それどころじゃありませんから。


 そして早々に大地とも別れ、2階の寝室でベッドに横になった私。眠る時いつもですが、ブラジャーを外した私は、やっぱりオナニーを始めてしまいます。コチコチの乳首に触れただけで、「ヒ」と声が出そうになり、柔らかくモミモミと乳房を揉み上げると、もうトロけるような素晴らしい快感が迸って、気付けば夢中で両の乳房を揉みしだいていた私。


 それだけでイッテしまいそうな、強烈な乳揉みの快楽でしたが、どうしても物足りず、無駄と知りつつ股間に手を伸ばす私。指1本入る隙間もなく密着してる、貞操帯のガードは、やはり完璧でした。軽金属の股間ガードは、押しても叩いても、女性器には一切刺激が伝わりません。うつ伏せで固い枕を両脚で挟み、思い切り擦り付けても無駄。ベッドを降りて、机の脚に股間を擦り付ける、浅ましい行為まで試みましたが、不思議なくらい全く何も感じないのです。諦めて横になり、乳房オナニーの絶大な快感で満足しようと試みましたが、手を出せない秘部が、欲しい欲しいと、猛然と疼き上がって、とても熟睡は出来ません。


 結局朝になり、寝不足ですが、学校に行かねばなりません。冷たいミルクとトーストと言う、何の変哲もない、大地と私の朝食を作り、先に出ねばならない私は、登校の支度をします。


ーーああ、今日はノー下着なのよね。


 別に強制力はないのですが、彼らに逆らう気持ちがちっとも起こらない私は、セーラー服のスカートをギリギリまでガッと上げると、自分が凄まじいエッチなフェロモンを振りまいている事に、慄然とします。ブラを着けてないので、オッパイがブラウスを突き上げ、先端の乳首がピョコンと勃ってるのまで、丸わかり。そして、ギリギリまでスカートを上げたので、ムチムチの太腿が極限まで露出してしまい、下に着けてるのは、黒革の貞操帯なんですから、どう見てもイヤらしい変態女子でした。


 完全に変態気分が盛り上がった私は、母のルージュを拝借。結構派手なピンクだったので、ドキドキしてしまいました。


「行って来るわね」
「あ、姉上……」
「アラ、私どっか変かしら」
「……いえ、とても素敵です」
「じゃ、お出掛けのチュウしよっか」
「!!!」


 私のエッチな変貌に、目を丸くして驚いてる大地に近寄ると、ブッチュウと唇を奪いました。そのまま押し倒してしまいたい欲望を抑え、玄関のドアから一歩踏み出した私は、不埒な決意を固めていました。


ーー大地はイチコロだったわ。私の誘惑に勝てるかしら? 痴漢さん


戻る→剣道一家 背徳の宴 2ー7.姉弟奴隷の誓い


続く→剣道一家 背徳の宴 2ー9.痴漢電車で欲情し、セックスを渇望する淫乱姉


剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期