第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第2章、一花~弟と交接する歓びに狂乱する美少女剣士


2ー11.鬼畜な種付け輪姦(3461/ 66421字)


 念願の弟大地との交尾を果たし、感激の余り彼の精液を搾り尽くす勢いで、激しく彼のオチンチンをおまんこでしごき上げた結果、気を失った私。でも、幸せな惰眠を貪る幸福を、鬼畜な凌辱者達が、与えてくれる筈はありませんでした。バシッと頬を殴打され、嫌でも起きざるを得ませんでした。剣道で鍛えた体力が今は恨めしいばかりです。



「オラッ! 起きな! か弱い女のフリしてんじゃねえそ!」
「そーだよ、おねーさん。アンタ、弟のザーメン、搾り尽くす気だったの?」
「スッゲエ腰使いでした」
「僕らも搾り取って下さい。お姉さんなら本望です」


 心無い言葉を浴びせられて、状況を確認すると、私は大地とは離され、一人で横になっていました。そして、大地はと見れば、仰向けでしたが、オチンチンはシュンとなり、隠れて見えません。私は自分がやった事の罪深さに、愕然とする思いでした。


 弟と近親相姦の罪を犯した挙句、完璧にダウンさせてしまった私。おまけに目覚めてなお、埋まったままのアナルバイブの振動が続いており、私のおまんこは、燃えるように煮えたぎって、新たなオチンチンを渇望してるのでした。恥知らずで欲深い、女の本性を思い知らされる気分です。


「オイ一花! テメエまだ盛ってやがるな。クリや乳首がビンビンじゃねえか。どんだけチンポに飢えてたんだよ、恥を知れ! 恥を!」


ーーホントだわ。あん、お尻が凄く良くって、私オチンチンの事しか考えられないの


「さあ、おねーさん。シックスナインで、大地君を元気にしてあげてね」
「初心なフリするんじゃねーぞ。まずガンキして、テメエのくされマンコを舐めさせるんだ」
「アタシがおとーさんで、見本を見せせたげるよ」
「お、おう」


nijigen161045

 指名された父は、少しとまどいながら、大地の隣に、仰向けで横になりました。大地と違い、オチンチンは元気一杯で、天に向かってそそり勃っています。そして、キョウコ様が仕掛けた行為の浅ましさに、私は泣きたい気分になりました。彼女はまず、父の顔の上に腰を下ろすと、女性器を口に密着させて舐めさせました。そして反対側になってた父の股間に、顔を埋めてオチンチンを頬張ったのです。ジュバッ、ジュバッと下品な水音を響かせると、父はキョウコ様の口内に射精。勝ち誇るようにニカッと笑うキョウコ様の口から、白い精液が溢れ出ます。そして父のオチンチンは、一発抜かれてもますます勢いを増して、強烈な勃起を保っていたのです。


ーーまずオマンコを舐めて貰うのね。ううん! お尻の穴が良過ぎちゃう!


 シックスナインが、セックスの準備として、十分な威力を持っているのは、明らかでした。アナルバイブに触発された私の女性器は、刺激を求めて疼き上がり、大地の口で舐められると思うと、もう居ても立ってもいられませんでした。フラフラと腰を上げた私は、シックスナインを実演してくれたキョウコ様と父の隣に向かいます。


「姉上、いけません!」


 小心者の大地が怯えて言いますが、問答無用でした。私は堂々と脚を開いて、弟の顔にまたがり、腰を下ろして、疼いて止まないオマンコを密着させて、彼の口を塞ぎます。大地も諦めて口唇を使い始め、迸る快感に夢中になった私は、調子に乗ってグイグイと女性器を擦り付けて、背徳の快感を貪りました。


ーーそう、ソコお! アン、お姉ちゃん、もうイッチャウ!!


「イクウウ!!」


 ジョーッ! 決壊した私は、大地の顔に思い切り、オシッコを引っ掛けてしまいました。


「ちょっと、オネーサン。何勝手にイッテ、潮を吹いてるの! 弟がかわいそうじゃない!」


 キョウコ様の指摘は的を射ていましたが、父は冷静に観察していました。


「いや待て。コイツのチンポ反応してるぞ」


 見ると大地のシュンと萎れてたオチンチンは、ムクムクと勃起を始めています。顔にオシッコを引っ掛ける酷い姉なのに、こんな反応をしてくれるなんて。私は胸がキュンとなってしまいました。


「良かったね、オネーサン。弟がどMで」


 私は改めて大地の口をオマンコで塞いであげると、顔をかがめて回復途上のオチンチンを、ゆっくり頬張っていきました。すると、やはりまるで魔法にかかったように、大地は驚異的な回復を見せ、私の口の中を一杯に満たしていったのです。とうとう、立派に使用可能な状態に戻ったオチンチン。私は嬉しくて、その感触を確かめようと、チューッと思い切り吸引。


「姉上。出てしまいます」


ーーやっぱり、私のオクチがたまんないんだ、この子


 そう思うと、胸が甘く疼き、誰よりも立派で傘の開き切ったオチンチンが、愛しくてたまりません。そしてイタズラ心を起こした私は、よせばいいのに、過酷な試練を課してしまったんです。


ーーもっとイジめてあげる。あなたも、オシリが弱いんでしょ


 お尻の穴から伝わって来る、目くるめく激烈な快美感が私を狂わせ、激情をぶつけるように、私は大地のシリアナに唇を付けると、尖らせた舌を入れます。


「あ、姉上、いけません!!」


ーーそんなに慌てちゃって、カワイイわ。でもダーメ。そのオクチもチャック。


 私は改めて、疼いて止まないオマンコを擦り付けて、弱音を吐いた大地の口を塞ぎ、彼のシリアナを、チューッと強く吸引。すると、思った通りで、大地は傘の開き切った立派なオチンチンを、見事に復活させて、力強く天に向かって屹立させていたのです。


ーーよしよしイイ子ね。お姉ちゃんが、何度でも元気にしてアゲル


「キョウコちゃん、手伝ってくれ。このチンポを一花にくわえさせる」
「おねーさん、嬉しそうだね。何かもったいないなあ」
「一花! 勘違いすんなよ。ケツノアナに入れるんだからな」
「そんな……」


 確かにそれなら手伝いが必要でした。未だ後ろ手錠で拘束されてる私は、父とキョウコ様に腰を抱えられ、大地のオチンチン目掛けて降下。でも少し動かすと、お尻の穴は易々と固い棒を飲み込んでしまい、「ア! ア! アア…...」と迸るおぉましい快楽に、エッチな声が出のを、抑えられません。


「オイ一花。テメエまさか、弟の子を産むつもりじゃねえよな」
「……」
「オネーサン、メッチャたくさん、中に出させてたんだけど」
「ココだよ、ココ!」


 父は手を伸ばし、女性器をビロンとくつろげて言います。物凄く恥ずかしいんですが、私はソコが今なお疼き上がり、オチンチンを欲していました。なので、父に狼藉を働かれても、快感を覚えてしまい、文句も言えません。


「弟に孕まされちゃ、人として終わってるよな。かわいそうだから。助けてやるよ」
「ハーイ大地君。オネーサンのオッパイモミモミするんだよお」


ーー止めてえ! ヤリたくなっちゃうじゃない


 私の尻穴を犯した大地は、優しく乳房に手をかぶせると、ゆっくり揉み上げながら、指股で乳首をクリクリ弄って来ます。恐らくキョウコ様に仕込まれたのでしょう。弟のえっちテクに狼狽した私は、嫌でも前穴でのセックスを欲してしまいました。



「誰の子かわからないように、皆で種付けしてやろう」
「そら、イイっすね」
「お姉さんのために、気合入れて、出します!」


ーーえ、ウソ! そんなのひど過ぎる!!


 大地の素敵なオチンチンがアナルを犯し、性奴隷として仕込まれたえっちテクで乳房を責めらて、私の前穴は最早スタンバイオッケー。もうどんなに忌まわしい凌辱者達のペニスを拒絶しようとしても、不可能でした。早速父に襲われ、挿入されても、嫌がるどころか、思い切り気付く食い締めて、男を喜ばせる反応を見せてしまう有様です。しかも父が射精し、ドロドロの粘液を噴出した瞬間に、何とアクメを覚えてしまいました。


「イッタら、ちゃんと報告しろや! お前、奴隷なんだぞ!!」
「…...イキました」


 涙声でそう告げると、ヤスオが父と交代します。後は繰り返しでした。鬼畜な種付けなのに、私のカラダは勝手に反応し、中出しされてはアクメを告げる。これじゃ種付けされて喜んでると言われても、一切返す言葉がありません。


 こうして私は、弟の大地以外に、父、ヤスオ、ヒロシ、コウイチと4人の男性に種付けされて、妊娠しても誰の子か不明にされてしまいました。弟と性行為を働いて、性奴隷に堕とされた、ふしだらな姉に相応しい末路です。全てが終わり貞操帯を装着されていると、ふと全身が震えおののくような、鮮烈極まりない興奮に襲われました。


ーー私、二度と戻れない、本物の性奴隷になったのね。でも、大地と一緒だから......


 最愛の弟大地と一緒なら、汚辱に満ちた、辛い奴隷生活にも耐えて見せる、と決意に新たにする私でした。




戻る→剣道一家 背徳の宴 2ー10.二穴乱交で深める姉弟奴隷の絆


続く→3-1.淫欲に負けオナニーに耽る美熟女剣士(1)


剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期