第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第3章、穂乃花~子供に受け継がれる真正どMの血


3-1.淫欲に負けオナニーに耽る美熟女剣士(1)(2507/68928字)


「それでは、ごゆっくりとお過ごしください」
「ありがとうございます」


 スーツケースを運んで下さった、男性従業員を見送ると、私は部屋のドアを閉め、内側からロックが掛かった事を確認します。一人で泊まるには十分過ぎる広さの部屋の、中央にあるベッドもほとんどダブルのサイズでした。今、私は、剣道連盟の総会に出席するため上京し、昨年既に予約してあったと言う、一流ホテルの部屋に案内されたところなのです。


ーー贅沢過ぎるわ。全く「あの男」と来たら


 私は思った以上の散財ぶりに、離婚した夫に呆れ、スーツケースをベッドの横に置きました。「剣道連盟総会」と言いましたが、私は地方で道場を経営しています。高段者のみが許される「師範」である事に誇りを持っていますし、まだ40歳と言う若さで、しかも女性と言うのは、全国でも珍しく、連盟幹部の方々にも、目を掛けて貰ってるようです。実の所、今日の総会で、私は幹部の方に、ある男性を紹介して頂きました。私の再婚相手として。


 手早くルームウェアに着替えながら、私はショーツがぐっしょり汚れてしまってるのを、確認してしまいました。おまけに両の乳首も固く屹立し、乳房自体が重々しく張り詰めています。


ーー私、完全に欲情しちゃってる! 何てはしたない……


 再婚相手の男性を紹介されただけなのに、下着を濡らすほど、興奮し欲情を露わにしてしまう。こんな、はしたない母を知ったら、どう思うでしょう。東京に出張し、再婚相手を探すため数日は帰らないと言う、無茶な母親を快く送り出してくれた、自慢の子供達を思い浮かべました。


 長女の一花は、まるで昔の自分を見るような、男勝りな娘です、幼い頃から、剣道に打ち込み、高校生としては、最高の段位を取得。道場では、師範代として、お客様に稽古を付けており、師範も師範代も女性と言うのは、他に知りません。日本唯一なのではないでしょうか。私自身の母校である、私学の女子校に通い、系列の女子大に剣道で推薦入学が決まっている、正真正銘自慢の娘でした。


 それに比べて、長男の大地は、大人しくて、とても気の優しい子です。ですが、一花ほどじゃないにしても、幼い頃から剣道に励み、高校でも剣道部に入って、張り切っているようです。そして大地は、親のひいき目ではありますが、容姿が抜群に整っており、小学生の頃から、良くラブレターを貰っておりました。私も、しっかり者の一花より、大地には甘く、可愛がって来たと思います。大地もやっぱり可愛い自慢の子です。



 さて、爽やかなイケ面である大地を思い浮かべて、今日紹介された田畑さんを想います。田畑さんは、やはり剣道をなさっており。長身で立派な体格の方でした。失礼ながら、お顔はお笑いタレントみたいと思いましたが、とても実直そうですし、何より剣道に対する情熱をお持ちで、お話してとても好感を持ちました。


 明日もお会いする予定ですが、今日お話しした第一印象で、私はもう承諾するつもりでした。田畑さんが気に入って下さると良いのですが、今日既に、田畑さんも大いに乗り気だとおっしゃっていたのです。これは結婚を前提としたお見合いです。少しお付き合いして決めるのですが、明日お会いした後、彼を誘ってみるつもりでした。夜もお会い出来ませんか、と。


 もう自分がはしたなく欲情してるのがわかってる私は、すぐ入浴する事にしました。さっそくシャワーを使って、汗を流すと言う名目で、乳房に当てると、エロティックな快感を覚えます。乳首がピインと勃っており、ソコに水流が当たる快感にウットリして、乳房の膨らみも揉んでしまいます。「アア」と嫌らしい声が出くらい、素晴らしい感覚に包まれ。もうすっかりオナニーの態勢に入ります。



 その後はもう、高校生の頃から知っていた、シャワーオナニーです。アソコをくつろげて、シャワーを当てるのですが、昔は知らなかった技があります。それは、クリトリスの包皮をしっかり剥いてしまう事。加減しないと苦痛を覚えますが、上手に調節すれば、天国がすぐに見えて来るウラ技でした。実際、同時に指2本でクチュクチュ掻き混ぜ、絶頂を極める事が出来ました。そして究極のウラ技。それはお尻の穴にも、シャワーを当てる事、一寸難しいのですが、指でくつろげて、前だけでなく後ろの穴にも同時にシャワー当て。この上級テクで無事極め、シャワーオナニーは終了です。


 風呂から上がり、続いてスーツケースから取り出した性具を用いて、玩具オナニー。まずオチンチンの形をした、電動のバイブレーター、私愛用の「マイバイブ」です。
001



本物に似せた形のソレをまず口に含むと、男性も興奮するようですが、私も子宮がキュンとなってしまう程興奮してしまいます。凸凹したデザインの刺激突起や、十分な長さの胴体の先っちょである「カリ首」が、私の膣内粘膜を気持ち良く擦ってくれ、子宮口を突き上げてくれるのか、想像が膨らんで、愛しくてたまりません。


 既に潤い切った女性器に、「カリ首」を当てがうと、スムーズに飲み込み、どんどん挿入を深めると、満たされる歓びが迸り、グイと突くと、子宮が快楽にざわめきました。底のスイッチを入れると、小刻みな振動が始まり、メチャクチャに気持ち良い、本体内蔵のパール玉がグルグル回転するのですから、私はもう気もそぞろ。ゆっくり抜き差しを始めると、次第に高速に変わり、私は2度3度と絶頂を迎えました。


 ところが、私のカラダは貪欲で、まだ全然物足らないのです。高校生の頃は、一度絶頂すればヘロヘロで、十分満足していたのに。もうコレは結婚し、2人の子供を設けた「あの男」、前の夫に調教されてしまったせいでした。「あの男」は、道場のお金を勝手にギャンブルに使い込み、それを責めると逆切れして、私に暴力をふるった。最低の男です。入り婿だったので、離婚して、わが家から追放したのです。「あの男」は、夜の生活ではSMプレイを好み、私を拘束しては、様々な玩具で責めて来ました。二度と思い出したくない、嫌な男なのに、はしたなく変えられたカラダは、もう自分の意思では制御不能。何と忌々しい事でしょう。


戻る→剣道一家 背徳の宴 2ー11.鬼畜な種付け輪姦


続く→3-2.淫欲に負けオナニーに耽る美熟女剣士(2)



剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期