こんにちは、二次元世界の調教師です。読書感想を書いたので、ご覧下さい。
51D1GgG8x5L._SY445_SX342_
☆三世代をつないで、受け継がれる「本好き」の想い、と言うテーマはしっかり伝わったし、「鎌倉文庫」をめぐり、三世代で取り上げられる夏目漱石本と言うのも、とても興味深かった。又、結末も心温まるエピソードだったと思う。



 なのに、詳細を知ってなお、智恵子さんの印象は好転しなかった。失礼を承知で言わせてもらうと、彼女のキャラ設定は失敗してるのではないだろうか。いくら結婚時に警告してるとは言え、自分のまだ幼い子供を残して、突然外国に失踪する女性、に共感を覚えるのは難しい。彼女が脇役ならともかく、クローズアップされてしまうと、高評価は望めないと思う。



 やっぱり失敗してると思うなあ。