第90夜 剣道一家 背徳の宴

剣道一家 背徳の宴



 江戸時代から続く、名門藤堂道場。師範の母親穂乃花、師範代の長女一花、弟の大地は、いずれも美形で腕の立つ、剣道一家である。ところが、父親がギャンブルで道場の金を使い込み、離縁されてヤクザに転落。逆恨みした父親は、学校の不良グループを使い、復讐を企む。それは酷く淫らで、一家を絶望の淵に突き落とすものだった。



【登場人物】

♀藤堂一花・・・17歳。私立女子高校3年。系列の女子大に剣道で推薦入学が内定している剣道少女。長身でスレンダーな美少女。藤堂道場では師範代を務め、勝気で男勝りな性格。

♂藤堂大地・・・15歳。県立高校1年。剣道の腕も立ち、爽やかなイケ面で、目立つ存在だが、大人しく物静かな性格。不良グループに因縁を付けられ、イジメの対象に。

♀藤堂穂乃花・・・40歳。一花と大地の母親。離婚したシングルマザー。藤堂道場の師範であり、道場を経営している。ポニーテールは娘と一緒だが、豊満なカラダで妖艶な美女。家庭では、優しいお母さんである。


♂吉岡剛二・・・38歳。藤堂家には入り婿で入り、道場の経理など事務を担当していた。普段は寡黙で大人しいが、酒乱で人が変る。おまけに、ギャンブルで道場の金を使い込んでいた事が発覚し、離縁された。以来定職にも就かず、酒浸りの荒んだ生活を送り、無謀な喧嘩を売って、暴力団にスカウトされた。大地の高校の不良グループに接近し、藤堂家への復讐を企んでいる。

♂ヤスオ・・・17歳。不良グループのリーダー格。小男で体力はないが、頭は切れる。女好き。

♂ヒロシ・・・16歳。不良グループの喧嘩屋。普通の背丈だが、格闘技の心得があり、筋肉質で力がある。

♂コウイチ・・・16歳。不良グループ1の巨漢。身長は低いが、体重は100キロを超える。愚鈍だが、ペニスは規格外の巨根。

♀キョウコ・・・16歳。不良グループの紅一点。金髪で超ミニスカのヤンキーギャル。下品で男好きな完璧ビッチ。


第3章、穂乃花~子供に受け継がれる真正どMの血


3-2.淫欲に負けオナニーに耽る美熟女剣士(2)(2217/71145字)


 さて、男性器を模した逞しいバイブで、二度三度とイッテしまったのに、困った事に私のカラダは、更なる刺激を欲してしまいます。根本に行くほど太くなる。黒い球がいくつも繋がり、軟質でグニャグニャ曲がるこのバイブは、アナル専用。私のカラダは、今や尻穴性感が前穴を凌駕し、コチラも弄らなければ、満足出来ないのです。
b33047_1



 もちろん私も、初めから尻穴が良く感じる変態だったわけじゃありません。ですが「あの男」は、私にはイジめられて歓ぶどMで変態の素質があると決め付け、反発すると、徹底的に尻穴を弄って来たんです。身動き出来ないよう、ガッチリ拘束し、他所には一切触れずに、「変態じゃなかったら、絶対感じるなよ」が口癖でした。でも、「あの男」は異常に執拗で、舌から始まり、指、ローター、アナルバイブ、と次第に刺激を強められ、私が絶頂するまで、何度も繰り返されました。これでは、たまりません、イキ過ぎて、「お願い、もう止めて」と泣きながら、懇願させられたんですから。


 結局尻穴が良く感じる変態だと、レッテルを貼られたんですが、あんなに執拗に責められては、どんなに嫌がる女性でも、絶対負けてしまいます。そして調子に乗った「あの男」は、浣腸、強制排便、そしてアナルセックスまで仕掛けて来て、そんなおぞましい行為にさえ、激しく絶頂し、私は本物の変態と化してしまいました。とにかくアナルは、私にとって禁断の性感です。猛烈に嫌悪し、絶対感じまいと、抵抗しても逆効果。背徳の快感と言うのでしょうか、却っておぞましい悦楽が強まるばかりなんですから、手の施しようがありませんでした。


ーー私のカラダをこんな変態にしてくれて、恨めしい


 そう「あの男」への恨み言を募らせても、虚しいばかり。完全に発情し、更なる刺激を求めるカラダの暴走は、もう止まりません。私はおぞましい形状のアナルバイブをじっと見つめると、スムーズに受け入れるため、唾液を付けようと、口に含みました。すると、口中の粘膜が快楽にざわめき、私が真正のど変態である事を思い知らされます。白状すれば、私口の中まで、本当に感じちゃうんです。来る日も来る日も、絶頂と同時に男性器をしゃぶらされたせいだと思うのですが、これはもう変態以外の何者でもないでしょう。


ーーああ、このコブコブがお尻の穴の粘膜を擦るのね。そしてこのコブがクリちゃんに......


 それは一種の裏技でした。アナルバイブの根元に突き出てるコブ。男性の場合は尿道を刺激するようですが、私はそれをクリトリスに当てる使い方をするんです。位置関係が丁度良く、クリちゃんが女性を狂わせる最大の急所であるのは、言うまでもありません。私は本当に狂ってしまおうと、アナルバイブを口から引き抜き、尻穴に当てがいます。それだけで、ゾクゾクとアブない感触が背筋に込み上げて来ました。そしてゆっくり挿入していくと、コブが一つ、又一つと通過する度に、どんどん悪魔の悦楽が深まって、私はヒタと目を閉じ、強烈な快感を噛み締めました。最後のコブをしっかりクリにセットすると、ジジジと淫靡な振動が始まります。



ーーああ、お乳首とクリちゃんが蕩けちゃう……オシリノアナも、ヤバイくらい感じちゃうの! き、気持ちいい……



 両の乳首に貼ったままのローターとクリちゃんを責める快楽振動が、淫らな協奏曲を奏で、それにアナルバイブまで振動するのですから、その心地良さは圧倒的でした。最早お尻の穴が感じてしまう嫌悪感など、雲散霧消しています。ところが、真性変態マゾと化した私のカラダは、更なる刺激を欲してしまうのでした。



ーーアソコにもオチンチンが欲しい



 一旦引き抜いていたペニス型バイブを、再び女性器に当てがい、ゆっくり打ち沈めて行きます。薄い粘膜を隔てて、2本の筒具が擦れ合う感触は凄まじく、私は淫らな声が洩れぬよう、枕を噛み締めて堪えねばなりませんでした。もちろんそんな経験はありませんが、逞しい2人の男性に前後の淫穴を犯されているような気分です。バイブ2本刺しで喜んでしまうなんて、とてつもなくはしたない願望を秘めた変態ビッチだと、「あの男」にからかわれたのを否定出来ません。



 それにしても、何て気持ち良いんでしょう。乳首とクリトリスで振動するローター、前後の秘穴で粘膜越しに触れ合いながら振動する2本の筒具。私は乳房を摑んで揉みしだき、前後バイブに粘絡を絡み付かせて、ギュウギュウ猛烈に締め上げながら、悦楽の頂上へと飛翔しました、



「イクッ! ま、又イクッッ!! イクウウウっっっ!!!」


 三連続の猛烈な絶頂に、ハアハアと息を荒げ、放心していると、何と田畑さんからスマホで連絡がありました。明日昼食をご一緒にするのは決めていたのですが、その後どうするかと言うご相談でした。全てお任せします、と気のない返事をして切ってしまったのですが、正直な話猛烈なアクメの余韻で頭が朦朧としており、話すどころではなかったのです。



ーーこんなイヤラシイ女だと知れたら、嫌われるんじゃないかしら?



 なのに私と来たら、更にもう一度オナニーで絶頂しないと、寝付けませんでした。ところが私は幸運でした。田畑さんは、私に劣らず好色な方だったのです。それも、女性より上位を好むSM趣味で、私との相性は、どんぴしゃり。まさかこれが仕組まれた陰謀だったとは、この時点で私にわかる筈もありませんでした。


戻る→3-1.淫欲に負けオナニーに耽る美熟女剣士(1)


続く→3-3.再婚相手と不道徳な婚前交渉



剣道一家 背徳の宴 目次






プチSM千夜一夜ものがたり第5期