狙われた美姉妹
狙われた美姉妹
 海外に駐留するエリート商社マンの両親と離れて、大学生の姉と暮らす女子高生恵利香。ある日薬物を盛られてトイレで自慰に耽ってしまった所をクラスメイトに盗撮され、脅迫されていかがわしいブルセラショップに連れ込まれてしまう。そこに待っていたのは、かつて母親の恋敵だったと言う鬼婆のような正代と級友陽子の醜い母娘と、化け物のようなゲイボーイ調教師3人組。こうして美しい姉妹を奈落の底に突き落とす、情け容赦ない性奴隷調教が始まった。悪夢のような性感責めにすすり泣く美姉妹が、地獄の果てに見たものは?(約86万字完結)

Ⅶー7.白黒バイブストローク訓練(2)(3553字)

double-fuck210414041-500x281
 オホホホ~と、吐き気を催すオカマ笑いを吐きかけながら、陽子に替わって白バイブのストロークを始めたカイの手管の前に、恵利香はあっと言う間に追い詰められていた。

「……ごーお……ろーく」
「あ、あ、イキそおっ! もう、やめてえっっ!!」
「うふふ、ダーメ、もっと頑張らなきゃ恵利香ちゃーん。はい、ろーく」
「あ~っっっ!!!」

 1人20回のストロークをこらえ、合計100回をクリアしなくてはやり直しだと脅されている恵利香は、歯を食い縛り全身全霊を込めてアクメを我慢する。恵利香が窮状を訴えるとすぐに手を休めてくれた陽子と違い、カイは容赦なくストロークを続けたが、実はちゃんと加減して恵利香が達してしまわないよう、絶妙の手捌きでゆるゆると花唇を抉っていたのである。

「……じゅーう。ほうら、やれば出来るじゃないの」
「も、もう本当にダメです……ああ、堪忍して、おかしくなりそおっっっ!!!」
「あらあら、まだ本物のおバカさんになるのは早過ぎるわね。仕方ない、休憩したげる」

 もう恵利香はこの100回ストロークがいかに無理な難題であるのかわかってしまった。陵辱者達に手加減してもらわねば、1人20回のストロークを堪える事すら不可能なのだ。しかも体の方はどんどん淫ら色に染め上げられて、ますますはしたなく快感を貪ってしまう。

「はい、再開よ。じゅうい~ち……」
「ほおおお~っっっ!!!」

 恵利香の吠えるようなよがり声は凄惨なまでに生々しく、カイがグイッと進めて来た白バイブに信じられないくらいおびただしい淫汁をドッと吐き掛けていた。 

「おほほほ~ そんな無理してイカないなんてヤセ我慢しなくてもいいのよ~ はい、じゅうに~ じゅうさ~ん……」

 カイの言葉は冷酷だったが、実はストロークに手心を加えていた。性調教のプロである彼にとって、初心な女子高生を絶頂の寸前まで押し上げてはスッと緩め、又徐々に高みに押し上げて、と言う翻弄など赤子の手をひねるようなものだった。

ーーああ、何て上手なの……も、もう、どうにもならない……

 そして自分がそうやってネチネチと絶頂を回避しながらのカイの手管に翻弄されている事は恵利香も勘付いていた。しかしツボを心得た調教師のストロークの前に、恵利香の体は淫らに操られるばかりだった。

「はい、じゅは~ち、それそれ、じゅ~く……」
「ダメっ! もうダメえ~っっ!! 許してえっ!」

 20回ゴールインを目前にしたカイがにわかにピッチを早めて来た。たちまち狼狽した恵利香は必死で許しを請うたが、カイはもう容赦なく白バイブで花唇を蹂躙する。遂に淫情に破れた恵利香は、ほとんど白目を剥いて悶絶し、全身をピクピクと痙攣させていた。

「……に~じゅう。あらま残念、やり直しねえ~」
「……違います……」
「おほほほ~、隠そうったって無駄よ、恵利香ちゃん。おまんこがギュウッて万力みたいに締まって来たじゃない。気をやった事はお見通しよ~」
「このアマッ!」

 正代がピシャリと恵利香の頬をはたく。

「イッタのを隠そうなんて、小賢しいマネをしやがって! イク時は、大声でそう言うのが性奴隷の決まりだろうがっ!」
「まあまあ。次からはちゃんと言えるわよね~ さ、やり直し、陽子様お願いします」
「そ、そんな……話が違う……」

 陽子の20回ストロークはクリアしたと思ったのに、そこからやり直しだと言うのだ。恵利香はこの百回ストロークの恐ろしさに気付き愕然とする。陽子が再びカイに替わって白バイブを握って来ると、恵利香は完全に取り乱した様子で捨て鉢な言葉を吐いていた。

「ご、ご主人様……も、もう、どうにでもしてえっっ!!」
「ダメよ、そんなヤケになっちゃ。時間はいくらでもあるのよ、タップリ楽しみましょ。あれえ、バイブがおっきくなってる……」
「そりゃあんだけドバドバえっち汁出しちゃねえ~」
「ずいきちゃんが膨らんで、どんどん良くなるわよお」
「良かったね、恵利香ちゃ~ん」

 少年達のからかいは本当で、陽子がズブズブと白バイブを打ち込んで来ると、淫らな果汁で膨らんでしまったずいき繊維の刺激は凄まじく、恵利香は(もう駄目)と完全に白旗を挙げていた。

「はい、い~ち……」

 こうして白バイブのストローク訓練は続行され、今度は陽子もカイも何とか通過させてくれたのだが、次のテルが許してくれなかった。三度目のやり直しではノブが関所となる。1人が1回イカせてしまったわけだ。
 
 そしてやり直しの度に我慢すべきストロークの数は加速するし、恵利香の体もますます燃え上がってしまうわけだから、全身を汗と愛液で滴らせた美少女は凄まじく淫らなによがり狂って、陵辱者達を楽しませてしまう。イクと絶叫する声などは耳を塞ぎたくなるようなあられもない大声になっていた。

 最後に白バイブを手にした正代は、全く容赦なくグイグイと力強いストロークを送り込んで来たため、恵利香は数回で呆気なく猛烈なアクメ声を張り上げた。

「こりゃ時間が掛かってしょうがないね。よしもうやり直しはやめだ。好きなだけイッチまいな、大城家のお嬢さん……」

 正代の20回ストロークの間に恵利香が極めたアクメは5回を下らず、終わった時にだらしなく涎をこぼして夢の中のような忘我の表情を浮かべた美少女は、半ば狂気に片足を踏み入れていた。が、契約期間最後に彼女を発狂させても構わないとばかりに、陵辱者達のさらなる責めが続く。

「さあ、今度は大好きな黒ちゃんよ、恵利香ちゃん」

 大量に吐き出した淫汁で湯気が立っているような白バイブはスポンと抜かれたが、続いて陽子に黒くて細身の柔らかいバイブで頬を叩かれた恵利香は、チラリと目を開けそれを確認すると緩んでいた表情を恐怖で引き攣らせた。

「……ご主人様、た、助けて下さい……本当に死んでしまいます……」

 がそんな哀訴も少年達のからかいの対象になるのだ。

「まあ、死んじゃうんですって」
「そんなにお尻が感じちゃうのねえ~」
「どんだけ、えっちなのかしら、このお嬢ちゃん……」

 正代が怒鳴る。

「さっさとケツに入れなっ! ぼやぼやしてたら陽が暮れちまうよ! まだまだたんまりやり残した事があるんだからね……」

 一体これ以上何をされると言うのか。想像もつかない恐怖に身も凍る気分の恵利香だったが、陽子が黒バイブを尻穴に当てがって来ると全身の淫らな血が一気にざわめき始めてしまう。

「力を抜いてね~ あら、こんな太いのが簡単に入っちゃった」

 完全に淫情に破れた恵利香の体からは抵抗力が喪失して、細身ながらずいき巻きでかなりの直径になっている黒バイブを、ふっくらと膨らんだ尻穴はパクパクと嬉しそうに迎え入れてしまう。

 そして、ズッズッとスムーズにずいき巻きの淫棒が侵入しても本来感じるはずの苦痛はなく、魂を鷲づかみにするような強烈な興奮を伴った快感を恵利香は感じて、腹の底から重々しい悦楽の呻きを搾り出していた。

「はい、い~ち~……に~い~……」
「おおっ!……ふおおお~っっ!!」

 ストロークが始まって恵利香が上げる悲鳴も、まるで傷付いた獣が呻くような重々しいものだったが、それはあり得ないような異次元の強烈な感覚に怯えつつ、全身全霊が痺れ切るような危険な悦楽を訴えるものだ。

 恐ろしい呻き声を唸るだけで意味のある言葉を口にしなくなった恵利香を、陽子を初めとするストローク部隊はしっかり観察して、簡単にはイカせずおぞましい快楽でのたうち回らせては、20回カウント寸前にとどめを刺す残忍な手管を発揮した。

 途中から、ぐおお~、などとほとんど人間ではない獣のような声で唸り続ける恵利香を見たら、知らない人間は陰惨なリンチで耐え難い激痛に苦悶しているように思っただろう。が、それは生身の少女には耐え難い「快楽」だったのだ。

 もう恵利香の頭は麻のように千々に乱れ、脳から水が滴るような危険な状態だった。おぞましくも魂を痺れさせる強烈なアナルの快感だけが恵利香の全身全霊を支配して、何一つまともに考える能力は失われていた。

 一体自分は今どこでどうされているのかわからない。そんな不思議な世界にトリップしていた恵利香の頭に、他世界からのような冷酷な声が聞こえた。

「えらく長く掛かったもんだね。それじゃ本番、白黒同時で行くよ」

 誰が手にしているのやらわからないが、黒バイブに深々と尻穴を抉られたまま、白バイブがズブズブと打ち込まれて来た。わけもわからず恵利香は本能的に絶叫していたようだ。

「あらら、いきなりイッチャった」
「白を入れたら黒を引いて、黒を入れたら白を引くのよ」

 だらだらと愛液を垂れ流し、ギュウギュウととりもちのようにバイブにまつわり付く前後の淫穴を交互にストロークされた恵利香は、一突きごとに絶頂に達してしまうと、いつしか完全に失神していた。


続く→狙われた美姉妹 Ⅶー8.悪魔のクリトレーナー

戻る→狙われた美姉妹 Ⅶー6.白黒バイブストローク訓練(1)


狙われた美姉妹 目次