蒼眸の悪魔 千草忠夫
dc09c1a5


義母と父の秘密の痴戯を盗み見た高校生の仁科哲哉は、いつしか性の密猟者へと変貌を遂げる。誰もが認める美貌と秀才の仮面の裏で、哲哉が仕掛ける凌辱の罠。姉、同級生、女教師…。囚われた美しい獲物たちは、魔性を秘めた少年の被虐の虜となってゆく。淫らに歪んだ少年の憧れと欲望の果てには美しい義母の存在が…。倒錯文学の巨匠が描く姦の美学、全一巻。


☆団鬼六と並ぶSM小説の巨匠千草忠夫の作品は長編でシリーズものが多いのですが、この「蒼眸の悪魔」はこの作品と続編で完結しています。実は続編は本屋で立ち読みしただけで買いませんでした。この作品が素晴らしい出来だったので、期待ほどでないと感じたのです。責めの対象が義母というのが私のツボではなかったのもあります。さてこの本編では、主人公の美少年医学生のキャラ設定が秀逸。クールで冷たい男なのに、周りの美女が吸い寄せられるように彼の餌食になり、ちょっと突き放したような責めでメロメロになって彼から離れられなくなっていきます。高校時代の同級生美少女、出戻りの実の姉、その友人で留学帰りの才媛、そして美しい義母と彼の生け贄になっていきますが、いずれ劣らぬ美女が冷たくあしらわれながらも彼の魅力から逃れられない。現実ではあり得ない設定で、男としてはうらやましい限りです。例えば物語りの冒頭では、勉強している彼に、出戻った際に関係を持ってしまってなし崩しに彼の虜になった美人の姉が「お情け」を頂こうと悩殺姿で迫っています。ところが彼は姉の綺麗な秘所を覗き込みながら平静さを失わず、勉強が終わるまでオナニーしているよう命じます。そしていざことに及ぼうとするや、お尻を突き出させアナルセックスを強要するのです。そしてそんな関係の姉に友人の才媛を呼び寄せさせて捕らえ、2人同時に性感責めする場面がまた素晴らしい。お約束ですが、痒み薬を才媛に塗って姉を犯すところを見せつけて籠絡し、その後は年上の美女2人に淫薬を使ってレズプレイを強要し、自分はゆうゆうと見物するーこういうシチュエーションがお好みでしたら、ぜひ読んでみてください。女子高生好みの方のためには、高校時代の同級生を責める場面も濃厚にあり、作者の作品群の中でも私の趣味にピッタリ合った傑作だと思います。
☆なお、あまりにレベルが違うので恥ずかしいのですが、この作品に感化されて書いた拙作が「トライアングル」。読み比べてもらうと、似ている事がよくわかるだろうと思います。


千草忠夫レビュー一覧