陵辱学習塾
51skFnXTOTL__SX298_BO1,204,203,200_


学習塾の女生徒を相手に自らの嗜虐欲を満たしている講師の藤木恭平。恭平に忍び寄る、進学塾業界の大物・岩倉典久の黒い罠。塾長・立花香枝とその妹・奈保子を巻き込んで、淫獣たちの欲望と姦計が渦巻く長編官能ロマン全四巻。不朽の名作「凌辱学習塾」が、装いも新たに今甦る。


☆団鬼六と並ぶSM小説の巨匠千草忠夫。やや時代がかった設定ですが、正当派の美女を嬲り尽くす筆致は全く古さを感じさせず、どの作品を選んでもハズレのない「ヌケル」SM小説を沢山書いておられます。
 シリーズものの長編が多いのも特徴で、「陵辱学習塾」もシリーズものの巨編です。調教される美女は、学習塾の塾長と、その妹で、三十路と二十代の設定ですが、チョイ役で女子高生の調教も出て来て飽きさせません。私が最も好きな場面は、美人姉妹が胸と股間に媚薬を塗られ、お互いの身体を擦りつけ合いながら絶頂に達してしまう所です。SMと言っても苦痛を与えるのではなく、あくまで快楽を与えて女性を調教するのが、私の嗜好にピッタリ合っていて、大きな影響を受けていると思います。 


千草忠夫レビュー一覧