新・SM小説書庫2(New SM Novels Archives2)

 主に女子高生(JK)を羞恥や快楽で調教するソフトSM小説を掲載していますが、実写コンテンツも豊富です。現在のタイトル画像は「風雨来記」。

カテゴリ: 投稿小説

☆この小説は「愛と官能の美学」のShyrockさんより投稿して頂いたものです。著作権はShyrockさんが持っておられます。 shyrock作 もえもえ マーメイド・ママレード 【登場人物】 筑後もえもえ 当作品のヒロイン。高校3年生、18歳。 154cmと小柄でスリムだが ...

☆この小説は「羞恥の風」のとっきーさっきーさんより投稿して頂いたものです。著作権はとっきーさっきーさんが持っておられます。 とっきーさっきー作 陽だまりの座席から愛を込めて いつからだろう? 胸の奥がドキドキするようになったのは? わたしは窓辺の席に座った ...

メールフォーム投稿して頂ける方はこちらから連絡をお願いします。 ←クリックお願いします。→ 【とっきーさっきー(「羞恥の風」)さんの作品】 とっきーさっきー作 陽だまりの座席から愛を込めて とっきーさっきー作 エスカレーターの狭間で・・・ とっきーさっ ...

☆この小説は「愛と官能の美学」のShyrockさんより投稿して頂いたものです。著作権はShyrockさんが持っておられます。 shyrock作 ありさ ふきふき幽霊 ありさ ふきふき幽霊 第1話 ありさ ふきふき幽霊 第2話 ありさ ふきふき幽霊 第3話 ありさ ふきふき幽霊  ...

☆この小説は「羞恥の風」のとっきーさっきーさんより投稿して頂いたものです。著作権はとっきーさっきーさんが持っておられます。 とっきーさっきー作 陽だまりの座席から愛を込めて いつからだろう? 胸の奥がドキドキするようになったのは? わたしは窓辺の席に座った ...

☆この小説は「羞恥の風」のとっきーさっきーさんより投稿して頂いたものです。著作権はとっきーさっきーさんが持っておられます。 とっきーさっきー作 陽だまりの座席から愛を込めて いつからだろう? 胸の奥がドキドキするようになったのは? わたしは窓辺の席に座った ...

☆この小説は「愛と官能の美学」のShyrockさんより投稿して頂いたものです。著作権はShyrockさんが持っておられます。 shyrock作 悪夢のナースコール 悪夢のナースコール 第1話 “嫉妬” 悪夢のナースコール 第2話 “拘束” 悪夢のナースコール 第3話 “剃毛” ...

☆この小説は「羞恥の風」のとっきーさっきーさんより投稿して頂いたものです。著作権はとっきーさっきーさんが持っておられます。 とっきーさっきー作 陽だまりの座席から愛を込めて いつからだろう? 胸の奥がドキドキするようになったのは? わたしは窓辺の席に座った ...

☆この小説は「愛と官能の美学」のShyrockさんより投稿して頂いたものです。著作権はShyrockさんが持っておられます。 shyrock作 綾 長安人中伝 綾 長安人中伝 第1~2話 綾 長安人中伝 第3~4話 綾 長安人中伝 第5~6話 綾 長安人中伝 第7~8話 綾 長安 ...

☆この小説は「愛と官能の美学」のShyrockさんより投稿して頂いたものです。著作権はShyrockさんが持っておられます。 shyrock作 女武者受難 【登場人物】 真田ありさ(十八歳)  真田幸村の長女。幼少期は生まれ故郷の信濃上田で穏やかな日々を送るが、関ヶ原の戦い ...

☆この小説は「羞恥の風」のとっきーさっきーさんより投稿して頂いたものです。著作権はとっきーさっきーさんが持っておられます。 とっきーさっきー作 陽だまりの座席から愛を込めて いつからだろう? 胸の奥がドキドキするようになったのは? わたしは窓辺の席に座った ...

☆この小説は「愛と官能の美学」のShyrockさんより投稿して頂いたものです。著作権はShyrockさんが持っておられます。 shyrock作 ありさ ブルースネイク ありさ ブルースネイク 第1話 ありさ ブルースネイク 第2話 ありさ ブルースネイク 第3話 ありさ ブルース ...

☆この小説は「羞恥の風」のとっきーさっきーさんより投稿して頂いたものです。著作権はとっきーさっきーさんが持っておられます。 とっきーさっきー作 陽だまりの座席から愛を込めて いつからだろう? 胸の奥がドキドキするようになったのは? わたしは窓辺の席に座った ...

☆この小説は「愛と官能の美学」のShyrockさんより投稿して頂いたものです。著作権はShyrockさんが持っておられます。 shyrock作 ありさ姫 地獄槍 ありさ姫 地獄槍 第一話“裏切り” ありさ姫 地獄槍 第二話“見せ槍” ありさ姫 地獄槍 第三話“恥辱の磔台” ...

↑このページのトップヘ